☆4月のお休み 無休

2007年09月30日

嬉しい日

お客様が今日(明けて昨日)ご結婚された。

男性は旧てれすこの頃から、女性は今のてれすこになってから、よく来店いただいていた方同士。

カウンターで出会い、お付き合いが始まり、今日めでたく結婚に至る。

今夜、お二人の顔を見たとき、心底、嬉しいと思った。
出会う者同士いつかはどこかで出会うものだろうが、それのほんのちょっとしたお手伝いが出来た、こんな時は本当にお店をやっててよかったと心から思う。

Mくん、Yちゃん。おめでとうございます。
今日の幸せをいつまでも持ち続けて下さい。


posted by ふるちゃん at 02:03| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

単純な思考

いつの間にか夜がずいぶん過しやすくなったもんだ。

昨夜は、歩いての帰宅。暑くもなく寒くもなく気持ちがいい。

新しい携帯はFMが聴けるのが嬉しい。
スイッチを入れるとレイ・チャールズのGeorgia On My Mindが流れてる。
今夜の気分にぴったりだ。
I've Gog A Woman〜Hit The Road Jackと曲は続く。
ソウルミュージックのテンポに合わせ足取りも軽い。

上乃裏〜藤崎宮〜子飼と歩き続けるうちにさすがに体も温まってきた。
コンビニでビールを買うついでに、つい、アイスクリームを買った。
レイ・チャールズに敬意を表して、ブラックモンブラン。
九州の名品だ。なぜこれが全国名品展に出ないのか不思議だ。

ラジオからは相変わらずレイ・チャールズの歌声が響いている。
有名なカバー曲、いとしのエリー・・・。
日本語の歌詞を合わせて口ずさむ。

エリ〜マイラ〜ブ〜ソォ〜スィ〜♪・・・・・・

・・・・・アイスクリ〜ム ゆうスクリ〜ム♪・・・

気がつくといつの間にか榊原郁恵を歌ってた・・・(-_-)

レイ・チャールズ、榊原郁恵。ま、どっちも良いね。
posted by ふるちゃん at 13:36| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

浮気

あ〜、も〜浮気しちゃおうかなぁ。まったく!

結婚して13年。と、これは置いといて。

Do子との付き合いも13年。
新しい娘に目移りもせずきたわけだけど、ここにきてちょっと考える。

・服を新調するのにお金がかかりすぎる。
・月々のお手当ても安くはない。
・つい先日、お財布から勝手にお金をとられていた。
・それについてのお詫びもない。

等々の理由で<離婚→再婚>を考えているわけだが。
シルバーのスーツのSoft子ちゃんはウチのお店には入って来てくれないから、対象はやはり・・・
オレンジの服のよく似合う「au美ちゃん」ww

サイトなどをひやかしながら、どのau美ちゃんにしようか悩み中。

体の使い勝手は大切だし(やらしぃ(〃▽〃) 筐体ね。)
性格もより大事だし(ソフトね。)

au美ちゃんとお付き合いしてる方に色々聞いてみたい。

いかがです?いい娘ですか?
posted by ふるちゃん at 12:58| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

旅人よ

昨夜は一人旅をしている青年が飲みにきてくれた。

連休に有給を合わせ6日間かけ車で香川県から、大分に入り宮崎、鹿児島、熊本と九州を回って明日(今日)は福岡に行くそうだ。
観光らしい観光もせず、各地の居酒屋やBarで土地の物を食べ飲みするのが楽しみだそうで、休みを貯めてはそんな一人旅をしているとのこと。

若いのに(26歳)良い旅の仕方をやってるなぁ。

座って最初に「予算は○○なので、これで飲めるだけ下さい」と、その言い方もいさぎよい。
そんなこと言われちゃうと、おじさんはもぉあれこれと出しちゃいましたよ。
多少オーバーしようとその分は全部おまけしちゃいますさ。

旅の方と話をするのは楽しい。
知らない土地の色んな話が聞ける。
私にも旅の良い思い出悪い思い出がある。良い思い出はその土地の人と接し、良くしてもらった思い出だ。そんな旅先の思いはいつまでも忘れない。
だから私も熊本に来た旅人には良い思いをして帰ってもらいたい。
おそらく二度と会うことはない人、だからこそだ。

3時間ちょい、カウンターで色んな話をした。
私にも良い思い出ができました。香川のうどん食べたいです。
帰りしな、足元がふらついてらっしゃったが、少し飲ませすぎただろうか(笑)

それにしても、何組目だろう?ウチの店に来る四国からの旅行者はとても多いな。
そしてその誰もが良い人ばかりだ。土地柄だろうか。

連休最終日でヒマな夜ではあったが、とても良い一夜だった。

posted by ふるちゃん at 13:27| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

二本木遊郭展

現代美術館で開催中の『古場田 博・二本木遊郭展』
8月からやってたにもかかわらず知ったのが、昨夜。
で、今日までと聞きあわてて見に行きました。

昨年、KABの1階ホールでやってた時も見てますが、これは何度見ても素晴らしいも。
当時の二本木遊郭の様子が事細かに描かれております。
なによりよかったのは、昨年展示の際には全部が見れなかった「巻き絵」が今回は全て広げてあり、端から端までじっくりと堪能できました♪
どれもこれも貴重で素晴らしい資料です。
できれば、本にまとめて頂きたいもんです。

涼しくなったらまた二本木あたりをブラリと散歩にいってみよう。
posted by ふるちゃん at 16:23| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

ライム

lime510.jpg

毎年、このライムを楽しみにしてるお客様方、お待たせしました!
今年の秋もたっぷりと楽しんでください。「長島農園のライム」です。

天草・本渡でライム作りを営んでいる同級生の長島くんが、露地栽培で極力農薬も使わず丹精こめて作ってくれてます。今年も良い出来です。

果皮が薄くジュースをたっぷり含んだこのライムで作るジントニックは最高に旨いです。
2分の1ヶ贅沢に使ったジンライムもたまらんです。
お酒の飲めない方にはこれでノンアルコールカクテルをお作りしましょう。

まだまだ暑さの残るこの時期、キリッと味わって下さいませ♪


posted by ふるちゃん at 12:33| 熊本 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

メンコ

服部半蔵、ねずみ小僧、市川団十郎、源義経、双葉山、石川五右衛門、大石内蔵助、平忠盛、夕霧、雷電・・・さて、この中で一番強いの、だ〜あれ?


上通りを歩いてたら「駄菓子屋開店」の看板があった。
ほうほう。こりゃ見過ごせんです。行っちゃいましたw

ら、あるある(^o^)懐かしい駄菓子がいっぱい♪
いまどき10円・20円で買えるお菓子がこんなにあるなんて!
昔にくらべりゃ、そりゃ少しは値上がりしてるかも知れんけどね。
子供の頃の10円は今の100円以上の価値があったんじゃないかな。

さすがに1円・5円の商品は見当たらないがそれでもこれ全部で235円!
満月ポンが1ヶ20円、ココアシガレットが30円、で『メンコ』10枚100円。

dagasiya.jpg

わはは!物欲満足させるにはこんなトコが一番やね。

しかし、この「メンコ」懐かしいなぁ〜w

menko.jpg

子供ならだれでも知ってる<有名人>を絵柄にしてあるんだけど、いまの若い子たちって教科書で名前は知ってても「憧れてる」って子はおらんのじゃないかな。
ボクらの子供の頃って「ヒーロー」みたいに憧れてたもんね。
ボクらは「パンパン」って言いよったとよ、これ。
道端のあちこちでパンパンいわせて遊びよった。
あと、丸くてちっちゃいのもあって、そっちを「メンコ」て言いよったね。

どれ、ちょっと遊んでみよかね。しきるどか? パンパン!

posted by ふるちゃん at 15:42| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

昭和の香り

『マー坊く〜ん!』

突然、幼少の頃の名で呼ばれて目眩がした。

実家の隣の家族が飲みに来てくれたのだが・・・
『ほらほら、ばあちゃん。マー坊くんよ、マー坊くん。』
『まぁ〜、マー坊くん。りっぱになってねぇ〜。大きゅうなってぇ。』

スミマセン・・・全然、りっぱじゃなかとですが・・・。
スミマセン・・・むさいヒゲなんてはやしてますが・・・。

いや、どうも照れくさいもんです(笑)
親戚の集まりとかならまだしも、お店でいきなり幼名で呼ばれると恥ずかしかですね。
カウンターでは常連の人達がにやにやしてるし・・・妙にヘコヘコへつらってしまうし、威厳もなにもあったもんじゃない(元からそんなもなぁないが)

変な暴露話までいかずにお帰り下さったのは助かった(笑)

「まさよし」だから「マー坊」・・・安直だな。
幼名なんてそんなもんだが、「坊」ってとこに昭和の香りがぷんぷんする。

「坊」というのは元々『小部屋』を意味する言葉らしい。
「房」や「局」と同じに使われ、「坊主」とは宿坊の主人であり、僧侶の居所から転じて僧侶のことを坊主と呼ぶようになったとか。
それから、「〜な人」「〜する人」を表し、語尾に付けることによって親しみを込める文字になったらしい。

と、いくら小難しく紐解いてみても、この年になってマー坊くんと呼ばれるのは恥ずかしく、勘弁願いたいもんだ・・・(笑)

けれど、何十年経とうと親しみを込めて呼んでくれるのは、嬉しかったな。
子供の頃の、ほこりっぽい匂いを思い出した。

いったいいくつまでこの名で呼んでくれるんだろう?・・・・(苦笑)
posted by ふるちゃん at 13:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

カレーオフ会

老若男女総勢16名の勇姿が集まり、まずはビールで乾杯。
とたんに、いやその前から四方山話しに大輪の花が咲いてます。
九月だと言うのに五月蝿。カレー好きは話しも大好きです。

昨夜はカレーの穴主催による「カレーオフ会」に参加してきました。
場所は三年坂にある『スター・オブ・インディア』
わりと広めのお店ですので貸切ではなく、お店の一角に集まっての会合でしたが、傍からはどんな集団に見えてたことでしょう。
相変わらず「個性的」な人たちで、だからこそ私も楽しくお付き合いさせて頂いてます。

料理はサラダ・平べったい揚げた粉物ときて、ピラフが出てきましたが、誰かが「これはカレーをかけたが旨いだろう」と言いだし(この辺いかにもカレー者です 笑)しばしお預け。カレーはその後3種類(エビとひき肉、ホウレンソウ、・・・忘れた)「ナン」と一緒に出てきました。ナンもプレーン、チーズ、ガーリック風味と三種が超大盛りでドカンと置かれます。もぉ食べる食べる。ナンを片手にカレーをつけながらワイワイ話してグビグビ飲んで、何が良いってこの食べっぷり話しっぷりが気持ちいいです。

私はお店があったので一足先においとましましたが、程なく皆さんが2次会でなだれ込み、会話とお酒で深夜まで賑わいました。ありがとうございました。
とても個性的で、とても素敵な方達との一夜でした。

カレーの写真は(話に夢中になり)撮れなかったのですが、お店の横のホテルの駐車場にネズミの楽園のバスが止まってました。

nezumi.jpg

可愛いバスですwなんかあってたんでしょうかね〜。
道行く人たちが皆さん写真に撮ってました(^o^)

posted by ふるちゃん at 13:08| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

スーパープラネタリウム

会社では変人扱いを受けながらも、プラネタリウム開発に心血を注いでいた大平貴之氏が作り上げたギネス認定の世界一のスーパープラネタリウム『メガスターU』を見るため、荒尾にあるグリーンランドに行ってきました。

mega.jpg

これまでもプラネタリウムは好きで、昔はよく足を運んでましたがそれらとは全く別物で、通常のプラネタリウムの100倍以上・500万個の星を映し出せる投影能力に、全天周映像のCGアニメが加わり「あいた口がふさがらない状態」の20分間でした。

この感動はとても口で伝えられるものではございません。
とにかく一度見てほしいですよ。
宇宙船のドームから外を見たらきっとこんな感じなんでしょう、SF好きにはたまらないはずです。

「みらい九州こども博」として11月まで開催されてるらしいので、私ももう一度は見に行きたいところです。
他にも、宇宙物の展示やロボット、恐竜の模型などが展示されてて、そちらも面白く見れました。

rex.jpg

せっかくグリーンランドまで来たのですからアトラクションにも何か乗ろうと思い、コースターは何となく怖かったので「観覧車」に乗りました。
怖がる女房を笑いながらも、実はこれが中々怖い(笑)
小さな床板以外はイスも壁も全て「透明」なポッドでしたので、上がるにつれお尻がイスの前のほうにいき手すりに掴まる手に力がはいります(笑)

takaitakai.jpg

感動して、ちょっとした恐怖を味わい楽しめた休日の一日でした。


「メガスターU」のHPでも色々楽しめますよ。
「グリーンランド」HPで開催期間・詳細を。


◎尚、都合により今夜の営業は21:00開店とさせて頂きます。



posted by ふるちゃん at 13:04| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

本日はお休みです


本日の営業はお休みさせて頂きます。

県北へぶらりと行ってまいります(^ー^)ノ
posted by ふるちゃん at 11:35| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

南インド料理を食べる会

お昼は『南インド料理を食べる会』に参加してきました。
南インドに2年間滞在しすっかり南インド料理に魅了された方が普及のため"ボランティア"で日本各地に出張し食事会を催されている。

南インドでの"定食"にあたる「ミールス」というもので、インド料理=カリーを想像して行った私の脳天はハンマーで見事に打ち砕かれた。

豆や様々な野菜を使った"カリー状のもの"やペースト、ライス、ドーナツみたいなやつそれらを「手」を使い混ぜ混ぜして、恐る恐る口に運ぶと・・・・・旨い!!! 

いや、即座に旨いという感覚がでるものではなく、手ですくった触覚、鼻で嗅ぐ嗅覚、舌で味わう味覚、それらにプラスして混ぜ合わせる際の音と十数種類の食材の色や形状の面白さ、即ち"五感"全てが刺激され、始めて出逢うものにパニックからかろうじて立ち直った脳が出した回答が・・・『旨い』のである。

昨日は佐賀で、今日は熊本で昼の部と夜の部二回こなし、来月には沖縄に作りにいくらしい。本業はサラリーマンだとか・・。
料理ももちろんだがご本人の人柄がとても素晴らしい。


0916ba.jpg

バナナの葉の上に様々な料理が並びます。これを好きに混ぜながら手ですくって食べます。

0916mi.jpg

初めて「手」で食べてみたが、なるほどこれはスプーンを使っては味わえないものだな。触覚もだが、なにより物の『味』そのものが違ってくる。この後スプーンを使って食べてもみたが、まるで"スプーンを食べてる"ようなものだった。この事は以前から聞いてはいたが、いやはや、やってみるもんだ。

熊本では食材の関係もあり今のところまず食べれるものではなく、貴重な体験をさせていただきました、次回開催時にも必ず参加したいもんです。
posted by ふるちゃん at 18:01| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

空の写真 募集開始です

soraten2007.jpg

第3回 撮って参加する写真展!

空の写真展〜そこにある風景〜
2007 Autamn&Winter

<空の写真大募集中>


いつでも、どこでも、誰でも、見上げればそこにある空
決して同じ表情はなく、時間によって、天気によって、季節によって、
様々な顔をもつ『空』

ケイタイやデジカメで「あっ、キレイ」と撮ったことがある人も多いのでは?
そんな空の写真を集めての展示会も早や3回目となりました。
どなたでも参加は自由です。
ぜひ皆さんの写真を一緒に展示しましょう。


◇受付期間:2007年11月1日(木)当日必着

◇開催日時:熊本会場11/16(金)〜11/25(日)
        京都会場12/1(土)〜12/19(水)


◎熊本会場: カフェ・オレンジ(新市街)
       伊太利屋台(新町)
       てれすこ(上通り)

◎京都会場: 茶処 流々亭(舞鶴市松尾)



◎作品送付先および詳細は「空の写真展HP」をご覧下さい。
 各展示会場にもDMが置いてあります。
posted by ふるちゃん at 12:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

居酒屋『まぅいどっ』

先週オープンしたばかりの新しい居酒屋

上乃裏とおり『まぅいどっ』 (まいどっ!と読むらしい)

高平にある中華名菜「China-PANDA」の2店舗目のお店です。
こちらは「居酒屋」として和・洋・中、色んな料理を出しており、オーナーは、私が家鴨長屋で働いていた頃の同僚でもありますので、お祝いがてら食事に行ってきました。

スタッフみんなで手作りしたという店内は温かみのある感じで、ほどよく落ち着いた仕上がりになってます。
カウンター、テーブル席、小上がりとスペースが分かれ多様な形態に対応できる席割りになってるから使い勝手はよさそうですね。

奥の小上がりはこんな感じ。

mauido.jpg

掘りごたつ式になってるので足も楽ちんw

まずは、原価で出しているという刺身を3点盛りで頂きました。

sasimori.jpg
カンパチ、さんま、しめ鯖。さんまは皮の部分だけ炙ってあり香りがとてもよかった。

こちらは「湯葉の海鮮巻き」なんさまでかい!口にほおばるとしばらく話しができん(笑)

yuba.jpg

他には「大根と塩昆布のサラダ」「明太子スパゲッティ」「馬肉のあっさり煮」etcそんなとこを美味しくいただきました♪
日本酒がなかったのが残念でしたが、近々いれるとのことで許してやりました(何様だ!笑)

まだ開店したばかりなのでメニューなども流動的になるということですが、どれも十分に美味しかったので変化がある分また期待も高まります。

上通りでまた一つ飲みにいけるお店が出来たのは嬉しい限り。
がんばって欲しいもんですばい。


◎上乃裏とおり 『まぅいどっ』
南坪井2−16 サクセス2 地下1階
096-322-6720
営業時間:18:00〜翌1:00 収/35名
店休日:なし

posted by ふるちゃん at 12:22| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

『遠見のそば屋』

日曜日、津奈木の手前で先方さんからメールが入り、
「まずは昼食にいきましょうか?」 ホイホイ賛成です。腹減りましたしね。

・・・といって案内してもらった所は「おそば屋さん」
ここがまぁ、たまらん素敵なところでした。

toomi.jpg

『遠見のそば屋』

店の外にはすぐに海が広がるロケーションに古いお家の素敵なたたずまい。
入口から通路を奥に出ると土間と裏庭にテーブル席、目の前には海!
その横手にお座敷がありますが、そこからも広い窓から海を眺められます。

tuna 019.jpg tuna 018.jpg

注文を受けて蕎麦を打ち始めるので多少お時間はかかりますが、その間に「そば屋の玉子焼き」なんぞをつまみながら待ちます。

tamagoyaki.jpg

トロトロ絶品!一人では食べきれない大きさ。
あ〜も〜これで『酒』があったらなぁ〜・・・・・w

soba.jpg

丼に入った冷たいおろし蕎麦に出汁をかけて頂きます。 旨い!。
目の前に広がる海を見ながらの蕎麦はまた格別でした。

裏庭のテーブルからの眺めは最高です。

tuna 014.jpg tuna 013.jpg

磯の香りが鼻腔をくすぐり、蕎麦の薬味にも一味くわわりますね。

街道から入り込んだ所で、ちょっと場所が分かりにくい(笑)ですが、足を伸ばして食べに行く価値は十分あります。
蕎麦の味も眺めも申し分なく、きっとまた近々行くと思います。
だって、新そばの季節ですもの、もうじき・・・♪♪
posted by ふるちゃん at 13:03| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

つなぎ美術館

昨日はウチのお客様が学芸員をされている『つなぎ美術館』へ遊びに行ってきました。

tunagiM.jpg

「津奈木町」は水俣へ行く際に通過したことしかなく、改めて町を見てみるとこれまで何てもったいないことしてたんだ、と思うほど良いところでした。

普通の観光地として見ると、施設や見どころといったものには多少インパクトに欠ける感じがするなと言うのが行く前の感想でしたが、行って周ってみるとなるほど、この町は何かひとつのものを見に行くとかいうのでなく、滞在型テーマパークのようにそこで過し、歩き、触れて、体験して、楽しめる場所ではないだろうか。

「町全体が美術館になっている」そんな感じを受けました。

美術館をスタートに(世界的に有名な彫刻が玄関に展示してある)街中いたるところに点在する数々の彫刻を散策するルートを巡り・・・

今もまだ数多く生きている石橋・眼鏡橋を渡り、愛でながらも素敵です。

himawari.jpg meganehasi.jpg

川沿いの道は海風も気持ちよく、汗ばんだかなと思ったらモノレールで登る展望露天風呂もあります。

美術館からは後にそびえる「舞鶴城公園」へのモノレールがでており、勾配30度、241mを5分かけて登っていくと街中を一望できる大パノラマが広がります。

maidurukouen.jpg

昔は山城であった津奈木城跡をぐるっとめぐれます。

時間があまりなかったので散策は出来ませんでしたが次回はゆっくりと街を楽しみに行きたいもんです。

昼食をこれまた素敵な所で頂きましたw
そちらの報告はまた後日・・・。
posted by ふるちゃん at 16:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

津奈木へ

☆本日の営業はお休みです☆



今日は津奈木町の美術館を見学ツアーでございます。

では、行ってきま〜す♪
posted by ふるちゃん at 10:36| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

ビジネスホテルでドライマティーニ

昨夜、お客様と「むかし働いていた所の話し」をしていた時に思い出した。

熊本市内某所にあったビジネスホテル一階にあるお洒落なレストランバーで働いていた頃のこと。
「ニュー○○○←(人の名前)」というネーミングでも分かるとおり一昔前のBHで部屋は狭く、キタナく、ただ寝るだけを目的の安いだけが自慢のところだった。
今考えると、ホテルとレストランのアンバランスはもの凄いものだったか。

ある夜のこと。
フロントから「○○号室のお客様がお部屋でマティーニを飲みたいとおっしゃってますが・・・?」

は?へ?ほ?・・・わが耳を疑った。
「お客様が?このホテルの部屋で?マティーニを??」

基本的にルームサービスは受けてなかったが、ビールとかはこれまでも持って行ってたことはあった・・・・・が。

しかしまぁ、お客様が飲みたいとおっしゃるし。
それにちょっと面白いな、と興味本位でトレンチにマティーニ2杯分のセットをのせ、部屋まで上がっていったのだが途中ですでに「何て似つかわしくない風景なんだ」と自分できたことを後悔していた。

「コンコン!ルームサービスです」
「おぅ、入れ!」
(因みにオートロックなんて洒落たもんはついてない)

部屋に入ると狭いシングルベッドの上にバスタオルを腰に巻いた中年男性が座っていた。
ユニットバスからはシャワーの音がしているから他に誰か、多分女性がいるのだろう。

(この時点でもう、背中を嫌ぁ〜な汗がつたっている。)

見渡すが「テーブル」なんて洒落た(?)ものはない。
壁に添えつけのレターキャビネットの上にセットをうつしミキシンググラスに氷を入れベルモットを手にして「ドライにしますか?」(なに言ってんだオレは・・・)と声をかける。

「おぅ。そぎゃんしてくれ」

ジンを入れ、カラカラカラとバースプーンを回す。

(似合わん。なんて似合わん風景なんだこれは・・・・・。背中はもう汗でグッショリ濡れている。まてよ、シャワーの音が止まってるし。。頼むからいま出てこないでくれよぉ・・・。格好つければつけるほど浮きまくりなコレから誰か救い出してくれ!)

2つのグラスにドライマティーニを注ぎ・・・「どうぞ。」

「グラスは明日さげますからここに置いといて下さい」(出前だな、これじゃ・・・)と、部屋をあとにした。

後にも先にも、これっきりの事だったがいまも鮮明に覚えている。

今考えるとどうだろう。小汚く狭いホテルの一室でマティーニを飲む。
アメリカ映画のようで格好よくはないか?
いやいや、いくら思い出を美化しても無理だ。やはり似合わん。

しかし、あんなオヤジ・・・なんとなく好きだなぁ。

・・・真似しよとは思わんけど。

posted by ふるちゃん at 14:01| 熊本 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

おかし恥ずかし写真集

最近、気になる写真家がいる。

技術的にどう?とかはボクには分からないが少なくとも「芸術的にすばらしい」とか「美しいな」といった感じではなく、日常そこにある一瞬の時間を逃さず「見ている」ことに関しては天才的だなと感じずにはいられない。

写真集「うめめ」や「男子」を発表している、写真家『梅佳代』

書店で手にした彼女の写真集を見て、そのあまりの面白さに顔がにやけ思わずふきだしそうになった。

「男子は ばかで 無敵で かっこいいです。」と言う彼女の撮った「男子小学生達」の写真はどれもこれも「ばか丸だし」なのだ。

小さい頃、男子をやってた者だったら皆「ホントばかだなぁ〜こいつらは」と笑いながらも、きっと耳たぶを赤くしてるに違いない。
女子から見たらどうなんだろう? その答えを梅佳代は写真であらわしている。

ボクら男子がこんな顔を見せるのは相手を自分と同類と見ているからだ。

そんな一瞬を撮れる梅佳代というのはどんな人なんだろうと思っていたら、先日の「ブックレビュー」の特集に本人が出ていた。
写真の専門学校をでて5年。まだ26歳という若さだがその才能は多くの人に認められ海外での展覧会も成功させている。
テレビで淡々と語る彼女を見ていると、なるほどインタビュアーの視線にもたじろがず、何にでも興味津々という目でみすえている。この瞬間にもシャッターを切ってるんだろうな。そんな目力がある。

そんな「目」があんな写真を撮らせてるんだろうな。
子供のように、何でも見てやろう文句があるならかかってこい!あたしは無敵だ。
と感じられるそんな彼女こそ、かっこいいなとファンになった。
posted by ふるちゃん at 13:58| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ガラカメ

お客さんの「ぽこさん」の日記に『ガラスの仮面舞台化』との記事があり、これは見過ごせん!

なるほど、今回は蜷川演出による舞台化でこれは中々期待できそうじゃないですか。

「ガラスの仮面」はこれまでも舞台化・アニメ化された美内すずえさんの人気漫画で、私も昔から大好きな作品だ。
演劇を通しての主人公・北島マヤの成長物語。
冒頭、横浜港での汽笛のシーンからぐいぐい引き込まれる内容に、続きが出るのが楽しみでしょがなかった。

「花とゆめ」に連載が始まったのが私が中学生の時で、それから○十年・・・
41巻までは何度読んだことだろう。最近になってやっと42巻が出た次第。
でもまだまだ終る気配がない・・・・・(-_-)
終いをつけるのが苦手な作家のようだが、いいかげん終らせて欲しい(笑)

舞台もので他に好きだったのが、同じ頃「少女コミック」に連載されてた『つらいぜ!ボクちゃん』(舞台モノってほどじゃないが・・・)
こちらは何しろ作家「高橋亮子」が好きで好きで大好きで読んでましたね。
「坂道のぼれ!」「水平線をめざせ!」他多数w
『道子』にいたってはもぉたまらんです!昔、手放したのをすごく後悔してます。
今になっては廃刊で手に入らないんですよね。なんであの小さな文庫シリーズで出ないんでしょうか?
どなたかお持ちの方がいらしたら是非譲ってください!高価買取いたします!

なんか変な日記になってしまった・・・・・(笑)

ま、ともあれガラスの仮面の舞台は見てみたいな。
今回は上演が埼玉でしかないので無理だが、全国を回ってくれんかな。
で、人気が最熱したら美内すずえさんも再開させる気力が湧くだろうし。

posted by ふるちゃん at 13:40| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

眼鏡のこと

昨日の朝、ちょっとしたことから「メガネ」を壊してしまった。

裸眼で0.0クラスなので眼鏡がないと何も見えない。困ったもんだ。
お店には予備を置いてるが、そこまでの道のりを眼鏡無しでいくのが怖い怖い。
恐る恐る自転車をこぐ。車通勤じゃなくてよかった。

お店に着いて予備の眼鏡をつけてひとごこち。
しかし、この予備の眼鏡。普段つけてたのとレンズの度は同じなのだが会社員の頃に作ったモノだから当然「地味」な形状なんですよね。
鏡に写るのはまぎれもない「おっさん顔」(笑)

度も多少合わなくなってきてたから新しいのを作りたいなぁと思い、ネットで最近の流行はどんなのかな?と探してた時に改めて知った事実。

「国内の眼鏡の96%は福井県鯖江市で作られている」らしい。
それも世界で2割のシェアを誇る、イタリア、中国に次ぐ世界3大眼鏡産地とのこと。
なんか地味な印象の福井県なのにこんな凄いところだったとは!

鯖江市には公式HPとして「鯖江メガネファクトリー」というのもある。
その中には熟練職人さんたちのパーツ毎のこだわりが紹介されており、これは眼鏡人にとっては必読のものだ。自分の眼の代わりになる「眼鏡」に対する愛着が増します。
鯖江市のイベントとしても「メガネマラソン」や「メガネっ娘&メガネ男子コンテスト」なども開催されてるようで、合言葉は「コンタクトに浮気はしません」と・・・面白いなぁ(笑)一度行ってみたいww


わたしら「メガネっ子」にとっては寝てるとき以外は常に装着して、これからも一生付き合っていく「眼鏡」。おろそかにはできませんね。

今度は少しこだわって作ってみましょうかね。

しかし・・・・高いんだよね、メガネ。しばらくは我慢かな。
posted by ふるちゃん at 13:50| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

貸本屋の思い出

一条ゆかりの漫画『有閑倶楽部』が10月からテレビドラマ化されるらしい。

ん〜、この漫画好きなんですよね。
だから今、好きな漫画や小説がドラマ化映画化される時の嬉しさ半分、不安半分な気持ちでいる。

一条ゆかりさんの漫画は昔から好きで(昔のが、かな)中学生の頃、帰り道の貸本屋で借りて読んでた。一条さんのだけでなく色んな漫画をその貸本屋さんでは借りてたものだ。
今ほど手軽に漫画本が買える時代ではなかったから貸本屋というのは本当に重宝してた。

ほとんど毎日のように寄り、4〜5冊ほど借りる。
帰り道も歩きながら読んでた。
望月三起也 さんのシリーズもここでほとんど読んでたかな。
古い漫画が多く(なんせ貸本屋だし)とくに少女漫画の品揃えが豊富だった気がする。

その貸本屋さんが店じまいするとなった時はとても悲しかった。
今日で最後という日(営業自体は終ってた)お店のおばちゃんが『何でも好きな本を持ってってよかよ、あげるから』と言ってくれた。

その時、貰ったのが一条ゆかりさんの『ティータイム』と『こいきな奴ら』だった。

この2冊は特に気に入りで何度も借りてたからだ。
他にも欲しいのは何冊もあったが同じ様な常連さんにも残しておかなくてはという子供ながらのルールで遠慮した。

ボクの家の本棚には透明ビニールでカバーされたその二つが大事におかれている。
いまもたまに前を通るが拡張された道路によって跡形も見当たらない。
posted by ふるちゃん at 14:22| 熊本 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

天気くるくる

8時頃に目が覚めた時、外をみたらなんていい天気。
んで、次に起きたときは大雨に風がものすごい。ありゃりゃ。
こりゃ今日はバスで出勤かな〜と思ってたら雨が上がって日が差してきた。今のうちにと家を出てお店に着いたら、とたんにザーッと雨が。

なんとも目まぐるしい秋の空ですね。


昨日、古い雑誌記事のことを日記に書いてたら、夜になってあるお客様が『はい、マスターこれ。』と雑誌を持ってらした。
え?また何か載ってんですかね?と広げてみたらば・・・

『2001年 10月号』!おお!オープンの年です。
その雑誌の新店紹介の所に開店当時の私のこれまた恥ずかしい写真が載ってるじゃないですか。

こ・・これは・・・・恥ずかしいなんてもんじゃない。
一瞬で背中に汗がにじみでました・・・。
さすがに6年も経つと変わるもんです。

さすがに写真をアップする勇気はなかったです(笑)
あまりにも・・・あまりにも恥ずかしいww

まだ、おっさんになる前。あ〜よけいに恥ずかしい。
封印封印。
posted by ふるちゃん at 13:43| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

恥ずかしい写真

「8月号のタウン誌にマスターが載ってましたよ〜」

と、昨夜お客様が持ってきてくださった。
はて?なんじゃろ。最近は広告も取材も覚えはないんだが・・・?

見るとなんと!わはははは! 2003年8月号のタン○マ!! 4年前だ!
それも、私がたった一度だけ『坊主』にしたときの写真じゃなかね!

キャァ〜恥ずかしい〜!!!

そうそう。思い出したよ。この年の夏も暑かったもんね。
で、坊主にしたら涼しそうだなぁ〜と「魔がさして」床屋に行ったんだ。
リーゼントからいきなり坊主にして床屋から帰ってきたもんだからスタッフもびっくり!
その夜の営業では厨房から顔を出すたびにお客さんもギョッ!てしとらした。
「マスターどしたと?失恋?」「浮気がばれたと?」「宗教??」
色んな噂が飛び交っとったね〜・・・(笑)

あ〜、懐かしか♪やっぱ写真ってのはよかね〜。
過去に戻ることは出来んけど、「その時」ば覗き見ることは出来るもんね。

「この本、マスターにあげるけん」って置いてってくれた。
ありがとね〜Mちゃん。


しかし・・・
改めてじっくり見ると・・・・・おっさんやね。
(改めて見らんでもおっさんだけど・・・ちょうど40歳の頃だしな)

男四十にして初老と言う
posted by ふるちゃん at 13:52| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。