☆4月のお休み 無休

2008年01月30日

冬はやっぱり

080130_1504~01.JPG

『缶しるこ』 はぁ〜〜〜至福♪

ゆっくり楽しんで飲もうと思うけど、つい一気に飲んじゃうよねw

つぶも多くて旨い旨い(^o^)
二本買ってくればよかったな・・・。
posted by ふるちゃん at 15:13| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

OSの互換性

仕事柄、MacとWindows両方を使ってるお客様が言われるには、OSの性能も随分と良くなってきて、今ではMacのディスプレイ上でWindowsを動かしコピペやドラッグ&ドロップといった相互のデータのやりとりがスムーズに行えるようになったと。
けれど、ソフトによって又その一部分ではまだOSの互換性というのが完璧ではなく色々問題もあって大変だよ。と、昨夜そんな話しをしていた。

ほうほう、そんなもんなんですねぇと私が聞きながら思ったのは・・・。

「結婚生活と似ているな」であった。

おとこOSとおんなOS。まるきり互換性がなければ端から一緒にはならないだろうが、そうでもない。
が、共に同じディスプレイ上というか家で暮らし始めると小さな互換性の無さに色々問題もおこってくるもので、よく聞く話ではみそ汁ソフトの互換がないとか、ソフト自体は互換性があってもその「具」の違いが問題になったりとかいろいろだ。

たまに「フリーズ」したりするのもよく似ている(笑)

開発されてきた環境(育った家庭環境)が違うからそれも致し方ないんだが、それでも長年使用(生活)しているとOSの融合というのが起こり、新たなOSの誕生と相成るわけで、これがアナログである結婚生活の良いトコロでデジタルなコンピュータにはないトコロだろう。

しかし、コンピュータの場合はフリーズしてもボタン一つで「再起動」できる。
これは非常に便利だ。
結婚生活でフリーズした日にゃその関係修復に大変な努力を消する。
ま、たいがいの場合には○○OSの方が○○OSに対して折れるというのが多いみたいだが・・・。使用期間が長くなるとOSの力関係も変化してくるみたいだ(笑)

ワンクリックで元の状態に再構築できるなんていいだろうなぁ。

どこかにそんなボタン売ってないもんですかね?


あ、これは別に我が家のことではありませんから。
グチでもないですから。
ウチの奥さんはWindows Vista並に優秀ですから。

マルチタスクはちょいと苦手のようですが(笑)


posted by ふるちゃん at 13:48| 熊本 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

ホットビール

冬の雨は気が滅入る。
暖かい日ならまだいいが、今日みたいに寒い日は氷水が落ちてきてるみたいで泣きたくなる。

そんな冷たく寒い日にはHOTな飲み物が最適だろうと、買い物ついでに黒ビールを買ってきた。
冷たく冷やしたビールをゴキュゴキュっとではなく、先日あるサイトで見た「HOT BEER」を作ってみようと思ったのだ。

さっそく雪平に黒ビールを入れ弱火で温めた。
しばらく間に褐色の泡がモコモコと浮かんでくる。
よしきた、とレードルですくって(スープ作ってるみたいだな)飲んでみたが・・・???。
ならば、と砂糖とレモンを入れてグラスにうつしてシナモンをひとふり。

一口飲んで・・・・?
二口飲んで・・・・??

試作だからと経費をケチって「黒発泡酒」にしたのがいけなかったのか?
不味くはないが、旨くもない。

これを売れと言われたら口八丁で売れるだろうし、これまた口八丁で旨いと思わせることも出来るだろうが、自分が旨いと思わないことにはお客さんには出せんよな。

どれ。ちゃんとした黒ビールでもう一度作ってみよう。

ただ問題は、私が「こりゃ旨い!」と思ったものが必ずしも他人が旨いと言うとは限らないことだ。
9割は自信があるが、あとの1割が際物好きの自分の趣味が現れることもある。

まずは常連さんに味見をお願いするとしよう。
これは決して「人体実験」ではなくサービス精神の現れと思っていただきたい(笑)

さて待ち遠しいもんだwぐふっぐふふふふ。
気分はすでにマッドサイエンティストか・・・w



posted by ふるちゃん at 15:30| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

タスポ

近所のたばこ自販機に「タスポ」の申し込み用紙があったので貰ってきた。

080126_1252~01.JPG

taspo(タバコパスポート)は、たばこ自動販売機の成人識別装置ICカードの愛称で、ここ熊本では今年の5月から対応自販機の可動が始まる。
「未成年者には買わせない」が目的の取り組みではあるが今回は生体認証システムの導入は行われておらず、どの程度の実効性があるのか疑問だ。

それでも、かろうじて成人している私は自販機で煙草が買えなくなるのは不便だからさっそく申し込もうと思う。
団体がどうこう、システムがなんちゃらとの声もあるようだが、これで少しでも未成年者の喫煙が減ればいいんじゃないかな。
あとは対面販売での対応の仕方如何だろう。

お金を入れて→購入ボタンを押して→タスポをかざしたら煙草が出てくる。
と、一手間かかるわけだが、タスポにはプリペイド型の電子マネー「ピデル」が付いているから現金がないときでも買えるのは便利だろう。


さて、これであとはいつ禁煙をするか。それだけだ。



posted by ふるちゃん at 13:28| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

頭にきたので電話したが・・・。

昨年末からウチの店前の道路の工事があってる。
工事箇所自体は少し先の方だから音とかの問題はないんだが、歩行者も含めた通行止めの仕方に問題があり、昨年末にはお客様が途中で帰られるという事があった。
その時は土木課に連絡を入れ誘導員の口頭説明の徹底をお願いしたのだが、先日また似たようなパターンが起きたため先程再度連絡を入れた。

電話に出た人に細かく説明をして対処をお願いしたが直接の担当ではないから検討して返答しますと電話を終った。

しばらくして別の人から電話があり、こうこうこおしようと考えてますと返答があったが、全くこちらの話しが通じてなかったので再度説明したところ、先程と同じ様に「直接の担当ではないので云々・・・」で電話が終った。

ちょとまてこら(-_-)
最初から話の出来る人間と電話させてくれんですか?

あ〜・・・あと何回こんなやり取りせんなんのだろうか?

だいたい。夜の営業してる店のトコを夜10時から工事するのがありえんだろう。
営業終ってから始めてくれよ。
去年、ガス工事のときはそれを申し入れたら素直に工事時間の変更をしてくれたんだけどなぁ。

2月半ばまでウチのお店の前は平日の人通りが途絶えます。
・・・・・やれやれ・・・・・(-_-)
posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

感心されると嬉しい・・・が。

お店に入って「ほ〜う」と感心することはたまにある。
内装だったり、お酒の品揃えだったり、調度品だったりと、そのお店の店主の意向がよく表れており人柄などをみるのに最適だ。

さて、ウチの場合はいかがだろう。
人それぞれ琴線にふれるところの違いはあるが、酒の品揃えに感心されることはまず、ない。(いいのかそれで?笑)

内装には「ほ〜う」と感心いただけることも多い。
これにはまずまず嬉しいが、先代・先々代が培ってきたものに頼っていて、アレンジャーとしての喜びだ。

そしてごくたまに、激しく「ほほ〜う」と感心されるところがある。

昨夜、東京から4名で来店されたお客様のお一人が、席にもつかず『本棚』の前に釘付けになってらした(そこかい!)

話しかけると、小説・マンガことごとく好みが合ってるらしい。
坂田靖子・三原順・竹宮恵子・萩尾望都・京極夏彦・・・etc。
ま、何に反応されても嬉しいもの。
女性だとこの辺りに反応する人は多いが、おじさんでは珍しくて年齢を聞くとやはり同い年だった。
光瀬龍原作の「アンドロメダ・ストーリーズ」を手に取り全巻黙々と読み終えて『明日も来ます』と言って帰られた。

バーとしていかがなものかと考えるところもあるが、これも店主の意向、素直に嬉しく思う。
頑張って、品揃えを充実させよう。(笑 駄目ダメじゃん!)


posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

寺尾聡と山口百恵

お客様に借りた寺尾聡のCD『Re Cool』を最近よく聴いているが、これが中々いい。
自身が昔出したアルバムを曲順も同じくしてリメイクしてるんだが、ただアップテンポにしたとかのよくあるヤツではなく、曲のよさはそのままに新しさを出し、かといって「若い」かというとそうではなく、十分に「大人の鑑賞」に堪えうる出来栄えになっているのが凄い。

そういえば最近、大人の聴ける日本語の歌というのが少なくなっている気がする。
探せば色々あるとは思うのだが、そういったものはあまり表面に出てきてないのではないか。
そこがまたいいとも思うんだが、探すのに苦労する。

クラシックやジャズのメロディだけで構成され鑑賞するのは別として、歌の入る楽曲では詩とメロディのどちらも楽しみたい方だから個人的に聴くのは日本のものが多くなってくる。
近頃は日本の曲でも歌詞が分からないのも多いなと思うが・・・(笑)

レンタル店に行くと「J-POP」のコーナーが充実していた。
私の好きなバンドもそのコーナーにあったりもするが、後を見るとニューミュージックやフォークや歌謡曲というコーナーが別に設けてある。
自然、そっちをうろつくことが多い。

山口百恵の「夜へ」の入ったCDを探したがなかったから、注文して一昨日届いた。
映画「ラブホテル」の挿入歌として使われている。
阿木耀子の詩が素晴らしく、メロディも映画のワンシーンとマッチして官能的な大人の世界を楽しめる。
この曲を歌った頃の山口百恵はまだ二十歳そこそこだったはずだが、よくもまぁこんな歌がうたえるもんだ。
歌謡曲、最近になってまたその魅力を再認識しはじめた。

毎日のように寺尾聡と山口百恵をかけてしっとりさを楽しんでいる。
そういえば常連のM氏から福岡にある歌謡曲酒場の話をきいた。

いいなぁ。ウチもそんな酒場にしたいもんだ。
posted by ふるちゃん at 13:46| 熊本 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

童話にうるうるする。

「ないた赤おに」という童話を知ってますか?
けっこう有名みたいなのですが、私は昨日初めて読みました。

読みながらもう、ウルウル(T_T)です。
なんていい奴なんだ、青おにさん!
あんた、一人犠牲になってどこに行くんだよぉ。うるうるる。


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


子供達はこれを読んで何を思うんだろう?
自己犠牲?優しさ?友情?人の善良性?

「鬼」という、はなから忌み嫌われている者を介して成立しているお話しではあるが、これが「人間」であったらどうだろう?
同じだろうな。これを読んで「人」と「人」の関わりもこうであるべきだと言ってるんだと思う。


ひねくれ者の私としては、つい。
なんで簡単にキレるんだよ!もっと努力しろよ赤おにさん。
清くて優しい人間なんて、妄想しすぎじゃないか?
自己犠牲がいいとも限らんのよ、青おにさん。
あんたはそれで満足かもしれんが残された者の哀しみもあるんよ。
お茶とお菓子や、油絵やら何やらと突っ込みたいところは色々あるが。

が、しかし。
こんなことを考えるのは読んでしばらく経ってからで、読んでるときにはただ単純にウルウルしてしまう。 不思議なもんだ(笑)
そう、単純さが童話として重要な部分なんだろうな。
色んなモノをそぎ落として、一つ二つの事を伝えるのが必要なんでしょう。

日本の七五調的な、テンポのいい文章が伝承民話のような読みやすさをかもしだしてもいますね。
いもとようこさんの挿絵もすごくいいです。

大人になるとつい色んな部分でひねくれて来るもんですが(私だけか?)たまにはこんなお話しを読んで素直な気持ちを思い出すのが必要だなと感じました。


そして、素直に読んで感動したあとはこんどは「裏」を読み考え二度楽しむw
童話ってホントいいもんですね♪

あ〜・・ダメ駄目だ。(笑)
posted by ふるちゃん at 13:41| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

大空のサムライ

昨夜は、藤岡弘主演の『大空のサムライ』を観たんだけど、これは面白いね。

第二次大戦中の実在の撃墜王「坂井三郎」の自叙伝的な戦記を映画化したもので、出版された原作は当時の敵国であるアメリカ、イギリス、フランス等でもベストセラーになっている。原作はまだ読んでないんだけど、これは戦争の勝ち負けを描いてるのではなく、一人の戦闘機乗りの心意気を描いているのが世界中で受け入れられたものなんだろう。

死ぬことはいけない、生きて戦うことに意義がある。と、その為に徹底した自己管理と修練をしながら、また自分の作戦では僚機の一機も失ってはならないと果敢に戦う。
ガダルカナル島上空ではアメリカの物量に「戦争は負けだ」と直感するが、少なくとも空戦においては「敵の戦闘機にだけは絶対に負けてはならない」とまさに五稜郭での土方歳三のような生き様をみせてくれる。

自分の弾が敵パイロットを撃ったとき「助けよう、見逃そう」と一瞬思うが、しかしこんな手強いやつを生かして返したら、今後、何人、何十人の味方が彼のために殺されるか分からない。心を鬼にしても、私は私に与えられた任務を果たさなければならない。これが戦争というものなのだ、と苦悩する。
ここに戦争の理不尽さを描いている。

映画の終盤、敵銃弾を頭に受けながらも「生きて帰るんだ」と洋上を単機、何時間もかけラバウルまで飛ぶシーンでの自問自答は感動ものだ。エリア88を思い出す(笑)

命令を無視(?)した護衛出撃のときの男達の友情にもまた感涙する。

生きて終戦をむかえた後は赤十字のパイロットとして人命救助に残りの人生を費やした、坂井三郎さんの男としての瞬間が描かれたとても良い映画だった。
今度、原作を読んでみよう。

しかしなんですね。すり込みってやつですか。
藤岡弘が主役のものって、いつ「変身!」とやってくれるのかどこかで期待して見てしまいます(笑)
posted by ふるちゃん at 14:02| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

変な乗客か?

カッパの上下を着こんで長靴も履いてバスに乗り込む。
どう見ても変な乗客だわな・・・(-_-)

しかし、昨夜は自転車を店に置いて帰ったから今夜の帰りを考えると、この格好になってしまうんよね。
カッパを袋に入れて持ってくりゃよかったと気づいたのはバスに乗ってから・・・。
朝は頭が働かんもんだな。

こんな時、タチコマがいてくれたら乗ってこれるのにね。

バンダイが1/24スケールの『電脳超合金タチコマ』を来月発売するらしい。
もちろん人は乗れない。
PCとの連動で色々遊びも出来るみたい。
声も出る。もちろん玉川さんが担当。
動く様子は、YouTubeで見ることが出来ます。
13,440円と微妙なお値段だが、重量感もありかなり出来がいいらしい。

う〜ん。悩む。欲しいなぁ。

posted by ふるちゃん at 12:55| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

数の子みそ漬け

080119_1244~01.JPG

漬け込んで一週間w

いい色に仕上がりました♪
かくし味がきいてます。

このままでポリポリ美味しいです。
昨夜は大根おろしと混ぜ込んでみましたが、大根を薄くスライスしたやつで巻いてもよさそうです。

お茶漬けにしたい人は前もって言って下さい。
ご飯を炊いときます(^-^)

これから日にちが経つごとにまた味わいも変わって面白そうです。
posted by ふるちゃん at 13:00| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

純愛映画に感動した夜

昨夜、相米慎二監督の『ラブホテル』をみた。
石井 隆のものを見たのは先日の「赤い教室」に続き2作目なんだけど、もうその美しい出来に惚れ々しましたね。
純愛映画ここに極まれりって感じです。

石井隆さんって雨が好きなんでしょうかね。
この作品でも効果的に雨が使われているんですが、冬の冷たい感じが「温度」として伝わってくるのに「ウィスキーのお湯割り」が使われていた。
普通、映画とかでは格好よさで「ロック」とか、せいぜい水割りとかなのに、あえて「お湯割り」にするあたりが細やかだなと思った。

ネオンの光の当て方も上手いですね。
荷物のなくなったガランとした空虚な事務所の中のシーンとかキレイです。(この事務所のシーンは好きだな。寺田農の演技がステキです)


この人の描く「情けない男」
女性からみたらどうか分かりませんが、おっさん心にはキュンときます。
男の本質ってなぁここなんでしょうね。
女の強さと哀しさ、男の弱さと優しさがよく描かれてる感じです。

劇中に使われている山口百恵の「夜へ」
これがまた、いい。とてもいい。むちゃくちゃいい。
さっきレンタル店に行ったらなかったからアマゾンで注文しちゃいました(笑)百恵ちゃん好きだしwお店で流そうっとww

ただただ感動しながら見てたら、ラストシーンがまたすごい。
あの美しさったらありません。何度か巻き戻して見返しましたね。

いやぁ〜、いい映画を見ました。
日活ロマンポルノはやはりすばらしい。

posted by ふるちゃん at 15:23| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

飛び出す男たち

昨夜テレビを見てたら、19世紀末におこった「ウィーン分離派」の番組があっていた。

クリムトやエゴン・シーレといった画家や建築家その他を取り上げた特集で、レポーターの可愛らしさもありついつい見入った。
ウィーン=お菓子、くらいの認識しかなかったから、世界遺産に登録されている町並みの美しさを見てもうメロメロになりましたね。

行ってみたい!
煙突掃除の人たちの格好よさったらないですね。
新しいものと古いものが見事に共存している街だと感じました。

分離派会館の中には年代別に画が展示されていた。
画集で見かけるような画が飾ってあり、こんなんを生で見れるなんていいな。
で、その中でこれはもう是非見に行ってみたい!と思ったのが、特別展示室の壁面上部に30m以上の長さで壁画が描かれています。

「ベートーベン フリーズ」と題され、ベートーベンに捧げられた壁画です。
第九交響曲をテーマに地下の壁三面に描かれ下から見上げるかたちで鑑賞します。
第九を聴きながらこの画を愛でれたら最高の気分でしょうね。
こちらのサイトで画自体は見れますw

会館自体の建物も古い宗教色を廃しアールヌーボーを取り入れたデザインで見事なつくり。

画も町並みもとても良く、感動したのですが、私が一番「おっ!こりゃかっちょええ〜!」と思ったのは、クリムトやシーレといった分離派の皆々が写ってる集合写真。
椅子に堂々と座ってるクリムトの周りを思い々の格好で取り巻き写ってる分離派の人達。
なんですか、もうアウトサイダーですね。
既存の勢力から飛び出すはみ出し者の様な風貌で70年代の暴走族の集合写真のような格好よさがあります(笑)
パソコンの壁紙にしたくてネットで探したんですが見つけきらんかった。


クリムトの画で好きなのは「キス」
相容れない男と女、危うい恋愛、止めようもない情愛・・・。
官能、頽廃。それらの言葉が見え隠れする世紀末芸術ってやつは心惹かれるもんがありますね。

日本でいえば、そう「日活ロマンポルノ」ってとこでしょうか。
・・・違うか(笑)

posted by ふるちゃん at 15:14| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

喫煙スポット

昨夜、お客様と「喫煙」についての話をしていた。

最近は禁煙場所も増えて喫煙者には不便になったもんだけど、あるお客様は出張の際などその近辺での喫煙スポットを把握しておられ同行者から羨望のまなざしを受けておられるとか・・・(笑)
ちょっとした時にちょっとした事を小出しに出来るのはさすがで日々、色んなアンテナを立ててる人だなと感心した。

それはさておき。
そんな場所の地図を駅とかで配ってくれたら便利だなと、なにげに思っていたわけだけど、さっきニュースを見てたら携帯サイトですでに可動し始めていた。

喫煙スポット検索サイト『Yes Smoking』 (携帯専用サイト)

ほうほう、こりゃまた便利なもんができてるな。
今はまだ首都圏のJR主要125駅の構内・ホーム喫煙場所の情報や、ターミナル駅の周辺喫煙スポット情報だけみたいだがこれから増えてきたら使い勝手がありそうだ。
スポットについては、最寄り駅、屋根の有無、たばこ購入有無、地図などを見ることが出来る。

私自身、煙草はかなり吸う方だが禁煙場所が増えるのはありがたいことでもあります。
食事中に煙草の煙は嫌だから吸わないし、吸われるのも嫌な方だ。
ま、これは喫煙者のわがままで元々吸わない人にとってはどこで吸われても嫌なもんだろう。
しかし、酒を飲むときや移動が長いときなど合間にちょっと吸いたくなるのも理解して欲しい。

喫煙と禁煙について論じると話も大げさになるので、ここはそんなサイトが出来ることによって喫煙者も助かるし、マナー違反で嫌煙者が嫌な思いをする事も少なくなるのではないかと、そう歓迎しようではないか。


件のお客様にとっては自慢のネタが減るのは困るかもしれないが (笑)

posted by ふるちゃん at 13:22| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ぐ〜たら休日

車検が来月に近づき、車検代をどう捻出しようかと考えてたら車メーカーに勤める叔父から破格の下取り金額を提示されたもんでつい、大商談会ってやつに行ってしまった。
結局、新車を購入。ま、車検代くらいで新しい車に乗り換えれたから結果オーライかな。

しかし、最近の車の装備ってなぁ良いもんですね。
一昔前なら高額オプションだったものが標準装備ですもんね。
いたれりつくせり、あれもこれも付いてますってなもんでいいんですが、これ何に使うの?てのも多い(笑)
昔のシンプルな車が懐かしくもあります。


ぐうたら休日の夜は、光の森に移転した『Ldk』に行ってきました。
コリアンキュイジーヌから居酒屋に変転してましてメニューも盛りだくさん。
私にとっては懐かしいメニューも多く、にやけながら食べました。
「キノコとカリカリベーコンのサラダ」「里芋めんたいこあえ」「イカと青梗菜のオイスター炒め」etcetc・・・。

080114_1800~01.JPG 080114_1802~01.JPG

大皿の並ぶカウンター席とテーブル席。
2階は座敷になっており、かなりの人数ゆっくりできそうです。

帰りしなオープンキッチンの中をのぞいてたら働きたくなりました(笑)いいもんですねあの雰囲気w
ちょっと遠いのですが、たまには行きたい、そんなお店でした。

帰って風呂に入りビールを飲んだら疲れがどっとでて11時前には就寝。
寝すぎて顔が腫れまくってます。

たまには、ぐ〜たら休日もいいもんです。




posted by ふるちゃん at 13:17| 熊本 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

本日はお休みします。

本日の営業はお休みさせて頂きます。

皆さまも良い休日をお過ごし下さい(^O^)
posted by ふるちゃん at 11:21| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

濡れるのが好きなのか?

土砂降ったり、止んだりと昨夜の雨にはまいりました。

帰りの自転車も合羽を着てるとはいえ、うっとおしいもんです。
傘をさして自転車に乗ってる人も多く見ましたが、あれだけの土砂降りですから傘もほとんど役にたたずびしょ濡れで、それでも傘をさしてるのは何なんでしょうかね?第一、危険ですから止めましょうね。

そんな雨の中を傘もささず、かといって走るわけでもなく歓談しながら歩く人達を最近よく目にします。
突然の雨ならまだしも、朝からの雨の日。コンビニでもどこでも安く傘を買える時代ですから買えばいいのにと思うのは私だけでしょうか。
諦めなのか、濡れるのが好きなのか、それともあれが流行のスタイルなのでしょうか?

「私達、そんな安物の傘なんてさせないわぁ」てなもんかいな。

どちらにせよ、格好のいいもんじゃないし最近の雨は髪にも良くないからなるべく濡れたくないもんですがねぇ。

そうそう。雨に濡れて絵になるっていやぁ、ジーン・ケリーですね。
「アイムシィ〜ン♪ギインザレェ〜ン♪」と雨に濡れ歌いながらタップをふむシーンは格好よかったなぁ。
濡れ鼠で歩いてる人達もどうせなら、あのくらいやって欲しいもんだ。

雨の中、笑顔で歌い踊る・・・私がやったら、まぁ間違いなく警察がすっ飛んできますな(笑)

ん?そしたらパトカーで家まで送ってもらえるかいな?(爆)










posted by ふるちゃん at 15:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

数の子の味噌漬け

年末にお客様から頂いていた数の子を『味噌漬け』にしてみた。

080111_1421~01.JPG

(ガーゼをかぶせた写真じゃ、何かわからんな 笑)

一週間後〜一ヶ月位が食べごろらしいw
どんな味に仕上がるのか楽しみ楽しみ♪

これが上手くいったら色々なもんを味噌漬けにしてみよっと。
豆腐、すじこ、卵、あとどんなんが出来るかなぁ。

酒のつまみ作りは楽しいな。




posted by ふるちゃん at 15:40| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

軽く耐える

「ケータイ小説」という分野が確立(?)されてから久しいが、僕は未だそれらを読んだことがなく、そんな折、先日の「週刊ブックレビュー」を見てたら2007年の単行本・文芸年間ベストテンの内「5冊」をケータイ小説が占めていると知り俄然興味が出てきて、ネットや本に詳しいお客様にどんなものかと昨夜尋ねてみたけれど、実際読んでみないとよく分からないと思い、近くのカッパの本屋に行ってみた。

限りあるスペースの中、100冊程の場所をその新しいジャンルは占めていた。

捻りなく、分かりやすい言葉でのタイトルが並ぶ背表紙からランダムに10冊程抜き取り眺めてみるとまず装丁の多彩さが目に付いた。
紙質、カバー、色合いといったものがとても可愛らしく、これなら若い子がカバンに入れててもアクセやポーチとも溶け込むだろうし、何故だかわからないがどの本もみな軽く、手に持ってても疲れないだろう。
重量が軽いのは紙やページ数のせいもあるだろうが、使ってあるインクの量も少ないのかもしれない(笑) いや、読んでみたら実際そうだった。

内容を読む前に面食らうことが2つあり、ひとつは左から右に読み進むという逆開きの綴じ方になっており、もうひとつは縦書きではなく「横書き」になっているということだ。
まあこれは、横書きだから左から開くということになるわけだが、これだと小説を読んでるという感じがどうも出ない。
出ないがしかし、携帯の画面やメール、パソコンでの文章で慣れている若い子にとってはこの方がしっくりくるのかもしれない。だからこそのケータイ小説というのだろうが。

かくいう僕もこのブログはディスプレィ上で横に書いているが、読むとなったらまた別ものなんだけどな。

内容については、まああれで、短文と簡単な言葉と括弧でつながれた文章はまさにメール感覚で、スルスルスルと読み進むが引っかかりはなく、いや別の意味で引っかかりまくりではあるが、ともかく「文字が並んでいるのを目で追う」ような感覚で、目で認識し頭で理解し、そして心で味わうそんな小説でないことだけは・・・・(自粛)

しかしまぁ、そう悪いことではないと思った。

新しいジャンルとして出てきたケータイ小説ではあるが、ジャンルという形としてではなく、小説(に携わる)の世界の流れが変化してきた事は面白い。
良いも悪いも判別つかない生まれたばかりの「無垢」なモノがこれからどうなっていくのか楽しみではある。



それにしても、中江有里はいいなぁ。
いまんとこ、僕の中での一等賞だ。
(結局はこれが言いたかっただけか?笑)


posted by ふるちゃん at 17:48| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

今夜は『七草粥』

六日年越・七日正月ともいわれ、七日がひとつの折り目とされている背景には、中国の「人日」という慣習があるらしく「人日」とは人を占う日。この日、七種の菜を暖かい汁物にして食し邪気を避ける習慣が、中国にあったそうです。

お粥にするようになったのは室町時代。
日本でも「七種がゆ」として、米、粟、麦、稗(ひえ)、黍 (きび)、小豆、胡麻で作っていたとか。疲れた正月の胃袋を整えるという意味が昔からあったのでしょうね。
(参考文献:去年の日記 手抜き!笑)


今夜は七草粥を用意してお待ちしております。
昨年に引き続き「七草豆乳粥」でいきます。

菜物で疲れた胃腸を、温かいもので心を癒してくださいませ♪
posted by ふるちゃん at 13:05| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

恋愛写真展

知人のカメラマンのやってる写真展を見に行った。
彼女との1年半にわたる「恋愛」を撮った写真が壁一面に綴られている。
まるで、一本の恋愛映画を観ているような気分だ。

いや、これは映像での表現は無理だろう。
その一瞬を切り取る「写真」だからこそできるものだと思う。

じっ、と見ていると写真と写真の合間、行間が見えてくる。
主な箇所やラストは同じだが、見る人によって物語が変わってくる。

脳内映画のタイトルは 『中距離恋愛』

踊るように流れていく写真に、改めてこの知人の感性の素晴らしさを知る。
と同時に、ここに写っている女性に対する愛情の深さも感じた。

「恋愛をしたくなる」そんな気分にさせてくれる、とてもいい写真展だった。



ロマンチックな気持ちにひたりながら、表通りを避け裏道をぶらつく。

心は満たされたけど、腹は満たされてなかったので目に付いた店に入り昼食をとる。
最近できた店で、坦々麺と麻婆豆腐がウリらしい。
「坦々麺と陳麻飯(麻婆豆腐)セット」を食べた。

軽めのテーブルを並べた中国式の店内で、一人の女の子が<普通のサービス>が出来る以外はサービスも中国式だった。
四川風で辛く、坦々麺・陳麻飯共に旨かった。
できれば、サービスは日本式でいってほしい。
なに、難しくはない。自分たちが相手にしてるのは「お客様」だと気づきさえすればいいだけだ。

食後歩いていると、毛穴の開いた頭にあたる風が気持ちよかった。

良い思いと、そうではない思いをした、まあまあの日曜日だった。
posted by ふるちゃん at 15:02| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

初カレーは「ソロモン厨房」

年末年始の慌ただしさも一段落の5日(早っ!)
昔はもっとのんびりしてたように思うんだけどなぁ。

ま、その分お店の営業なんてのも今日からの所も多く、さっそく行ってきました『ソロモン厨房』
今日から営業でしたん♪

今年初カレーはどこにしようかと思ってたところへ、お昼にヒゲおっさんからのメール。。。

『今日のソロモンは日替わりが馬すじカレーですよ』と・・・。

決まり♪ 馬すじ馬すじ♪

basuji.jpg

トロトロに煮込んだ馬すじのカレーは、どちらかと言うと甘口。
でも甘口の中にもスパイスが小気味よく効かせてあり絶品旨旨であります。

今年もたっぷりお世話になる予定でありますwよろしく!

さぁ、カレーも食べたし今夜もはりきって営業しましょう!

posted by ふるちゃん at 14:23| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

帯結び

正月三ヶ日は着物を着て過した。

着物はいい。
身も心もピシッと一本引き締まるような感じで、それでいて着ている体は楽だ。
外を歩いても羽織とマフラーをしておけば寒いと感じることもなく、ジャケットやコートよりよほど軽く暖かい。
ダウンのようには暖かくないが、寒くなくまるでデロンギのようなものだ着物は。


私はいつも帯を「浪人結び」にしている。
これは「貝の口結び」のように後に出っ張りが出ず、体に密着しているから狭いカウンター内で動き回るのにちょうど良く、まるでバーテンのための帯結びで昔の人は偉いなぁと感心する(バーテンは普通着物を着てないが)車に乗る人にもおすすめだ。


ところで。
私は帯を結ぶ時、巻きの最後の部分を二重にして長さを調整する「折り返し」をつけない。
これは少しでも薄くしたい為ではあるが、市販の帯で長さがちょうどいいというのもある。

帯を締めたのは夏の浴衣以来、半年ぶりだったわけだけど。
ここでちょいと気になった。

結び終わってみたらば、「たれ」の部分がいつもよりちょっと短い。
いや、けっこう短い。 一所懸命引っ張り出す。

ん?締め方がゆるいか? もう一度。 やはり、同じ。

同じ帯。同じ位置。同じ締め方。

それでいて、余る部分が少ないというのは、とても不思議だ。

あとは、なんの要素がある?いやいや、そんな要素はないはずだ。

はっはっはっ。不思議なこともあるもんだと正月から思った出来事。


・・・・・・・・・orz。。。
posted by ふるちゃん at 13:06| 熊本 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

初夢

一富士二鷹三なすび、なんて申しますが。
富士も鷹も、ましてやナスビなんて夢に見たことはなく、大抵の夢はうなされてたり、逃げてたり、怖い夢だったりとろくでもない夢ばかり見てます。

それでも今朝は何となく良い夢を見てたような気がしてたんですが、女房の部屋から聴こえてくる目覚ましの音に目が覚めてしまいましてね。
それもスヌーズ装置(?)ってやつですか、2回も3回も鳴り響いてましてね、それを聴いて寝てるうちに今度は何だか腹立たしい夢を見てたような気がします(笑)

そんな良いような悪いような初夢の今朝でした。

一度でいいから美女の出てくる夢でも見たいもんだ。
しかし、願望も縁もないってことなんでしょうかね〜。

「夢」を録画する装置ってのが開発されたら面白いでしょうね。
それからまた進んで「見たい夢を見れる装置」ってのが出てきたりして。
どれ、今夜はこいつを観ようかね、と西部劇の主人公になったり海賊になったりして、ストレスなんてなんのそのですな。

そんな明るい未来を夢みて今年も頑張りましょうかね。

posted by ふるちゃん at 12:38| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

気合を入れて!

さぁ!本日から2008年の営業開始です!

気合入れて頑張るぞ〜!おぉ〜!!


皆々様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

posted by ふるちゃん at 18:22| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します


昨年は素敵な出会いがたくさんありました。
本当にありがたく、嬉しく思います。

今朝、元旦の朝は初日の出を拝もうと早起きしました。
あいにくの曇り空でしたが、雲間に浮かぶ薄明かりに両手を合わせ『今年も良い出会いがたくさんありますように』とお願いしました。

お屠蘇をいただき、お雑煮を食べてから本妙寺までお墓参りと初詣。
のんびりと、お正月らしい過ごし方を満喫しました(^^)

さて、夜は女房の友人達が我が家に集まり恒例になりつつある「新年鍋会」
・・・・・明日からの仕事に差し支えないようお酒は程ほどにしとかなきゃ。


てれすこは今年も頑張ってまいります!
皆様よろしくお願い致します!

posted by ふるちゃん at 15:49| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。