☆4月のお休み 無休

2008年02月28日

何でも拾ってきては怒られてたなぁ。

木曜日は燃えるゴミの日。
出掛けに収集場に持っていったら(我が家ではゴミ捨ては私の仕事)
「キレイな板」がきちんとまとめて捨ててある。
ん?なんだろ?と思いながらも一旦自転車を取りにいくが、どうにも気になる。

まだまだキレイだし、なにかに使えるんじゃ?
もっかいゴミ捨て場に戻り、管理人さんに「これ貰っていいですか?」と伺い、そのまま車の荷物入れに放り込んできた。

そういった拾いもんとかを何に使おうか、何を作ろうかと考えるのは楽しい。
が、これが中々分かってもらえない。

子供の頃は、母親に・・・今は、奥さんから。
「なんすっとね!こぎゃんと拾ってきてから!捨てなっせ!」
と叱られる・・・・・(-_-)

え〜っと。どぎゃんしょかな。車に積んでるのバレんとよかけどなぁ。
バレる前に、どぎゃんかせんといかん。

何に使おかな。
posted by ふるちゃん at 13:15| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

土の匂い

「ウチの畑で採れた野菜をあげるから通勤途中で寄りなさいよ」

と、ありがたいお言葉をいただきましたんで、さっそく寄ると玄関先にホーレン草やふきのとうやナンチャラがごそっと置いてあった。

そのまぁ、生きの良いこと良いこと。
ピン!と張りのある葉っぱはそのままむしゃぶりつきたいくらいですw

お店に着いて洗ってたら、プンと土の匂いがしてきました。
あ、なんだか懐かしい。
「土」の匂いってのを嗅ぐのも久しぶりのような気がする。
土からひっこぬいた野菜ってのはこうなんだよなぁ・・・とクンクン嗅いでしまう。

クンクン・・クンクン・・・えぇ匂いや♪

作る人が自分で食べるために丹精込めて世話をして、大地の生気をすって育った野菜。

旨くないはずがない。

ホーレン草があんなに美味しいと感じたのも久しぶり。

身のうちに元気を頂いたような気がします。

ごちそうさま♪

名前の分からない「ナンチャラ」ってのがこれまた旨かった。
野菜なのに、ただ湯がいただけなのに、え!?というくらい味がある。
なんて野菜なんだろう? また下さい(笑)
posted by ふるちゃん at 13:48| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

ナショナル・クーガー2200

懐かしかぁ〜(^o^)BCL(短波)ラジオw

080225_1759~01.JPG

実家に眠ってたヤツを持ってきた。
「ナショナル・クーガー2200」

目一杯アナログです!
まるで通信機のようなたくさんついたダイヤルが男の子のハートにキュンときます!

中学生の時に親にせがんで買ってもらったもんですが、まだまだちゃんと使えます。
昨夜はCDを流さずにこいつをずっと聴いてました。
音楽番組じゃない時はちょっと耳障りなので消しますが、色んな音楽が流れるんでたまにはいいですねw
ウチのお店は入感度が悪いので短波が入るかどうか分かりませんがヒマな時に海外の音楽局を探してみようと思います。

中学の時は「ベリカード」(受信証明書)集めるのに夢中になったもんですが、今もまだあるんですかね?

ラジオから流れてくる「音」ってのもいいもんだ♪

しかし、MWがかなり入りずらい・・・(-_-)
なんとか調整して「ジェットストリーム」を聴きたいもんだ。
posted by ふるちゃん at 13:53| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

半ばでもって始まりとしなきゃね。

昨日はパソコンに向かい延々、延々と数字入力w

お客様が来店されるまでと頑張ってたら半分終わった♪
いいのか?悪いのか?
いや、良くはないだろうがともかく半分。

あともう一頑張りだ。
明日には終らせよう。

ここで「今日」としないところが性格なんだよなぁ(笑)





posted by ふるちゃん at 12:54| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

チーム結成?

あの『9・11』の後に、15,000体限定で製作された『イチロー ボブルヘッドドール』売上金は被災者に全額寄付された。

080223_1859~01.JPG

奥さんが当時購入してたらしく、先日荷物の整理をしてたら出てきた。
仲間がいたほうが寂しくなかろうと、お店に持って来た。

これで6体。9体揃ったらチームを作ろう。

ケロロとパトレーバーと綾○レイとイチロー・・・
何のチームか分からんが、なんだか強そうだ(笑)





posted by ふるちゃん at 13:11| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

しばらくは紅茶三昧だな。

朝おきたら、我が家に宅配便屋さんがどんどこ何かを運び入れてる。
箱。箱、箱・・・・・なんなんこれ!?

080223_1225~01.JPG

東京に住む義理の弟から紅茶が送ってきたらしい。
無糖ストレートタイプの1リットルパックが300個!!!

どうしろっちゅ〜んじゃ。
ま、嬉しいけどねw
さっそくご近所に配らなきゃ。

宅配便屋さんが面白かった。
「これ、全部ご自宅で飲まれるんですか?」
「ええ・・・まぁ・・。(苦笑・・・知らんわいそんなん)」
「今日は変な配達が多いんですよ。さっきはリポ○○○を30ケース個人宅に運びました。あれも全部飲まれるんでしょうねぇ」
と、疲れきって帰っていかれた。
一本もらえばよかったのにw

・・・悪かったね変な配達で(笑)

posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

長さん

遠くは舞鶴の友人が「ブログ駅長」なるものに任命されました。
ご就任おめでとうございます!(笑)←何故か笑う。

北近畿タンゴ鉄道のHP内で、ひとつの駅毎に駅長を決め周辺の紹介をしていくというもので、一般の色んな人がそれぞれの紹介の仕方でもって記事を書いてらっしゃる。

これは、面白いなぁ。いい企画だ。
範囲が明確な分、細々したところまで書いていけそうだ。

JR九州でもこんなのやったら面白いだろうにね。

「駅長」がいるんだったら「町長」がいてもいいよね。
各町ごとに「ブログ町長」決めてさ。
市長じゃ広すぎるから町長くらいがちょうどいい。
村長だとローカルすぎるだろうし。

市のHPでやったりしたらけっこういい地域振興にならんかな?
振興とまではならんでも、愛着は増すだろう。
まずは、自分の立ってるところに愛着を持つことから始める。
そこからだろうね。


昨夜はウチの「家長」が東京から帰ってきなはった。
独身生活もこれで終わりか・・・。
土方歳三の生家に行って来たと、写真をいくつか見せられた。
羨ましいこったww

さて、最近ヒマな「店長」業務・・・・・(-_-)
今夜は忙しくなるといいな。
おもてに出て「社長!そこの社長さん!」って呼び込みでもするか。






posted by ふるちゃん at 13:28| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

自業自得

【自業自得】
※自分のおこないの結果を自分が受けること。
 一般には悪い報いを受けることにいう。

只今、この言葉を噛み締めております。
体全体で味わっております。

昨年も味わいました。一昨年も味わいました。その前も・・・。

あははははは・・あはは・・・学習能力皆無です(笑)

笑いごとじゃない(-_-)
posted by ふるちゃん at 16:56| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

湯たんぽ

湯たんぽの「しっくりくる」位置ってどこでしょう?

昨年、ウチの奥さんが買って使ってた「湯たんぽ」
元々暑がりな奥さんは一回使って「足が暑い!」とそれきりほったらかして部屋の隅に飾ってありました。

先週からの冷え込みで、ならば私が使ってみようかと布団の中に持ち込みましたが、これが中々うまく使いこなせませんのですよ。

足元に置いても楕円形がうまく足の形にあわず、いまいち温かくない・・・。
ならばと、足をクイッと曲げて上に乗っけるとまぁ温かいんですが疲れる。
足の間に挟みこむようにしてもなんだかしっくりこない・・・。
うつぶせになって足を下に敷いてみると割とよろしいが、いつまでもうつ伏せでは寝れない。

あーでもない、こーでもないとゴソゴソしてるうちに布団も足もすっかり暖まってくるんで今度は邪魔でしょうがなく隅にズズッと追いやる。
で、暖まったところで気持ちよく眠りにつける。・・・と。
朝起きると、だいたいベッドの下に落ちてるんですな、湯たんぽが。

ここ一週間ほど、それの繰り返しです。

「温まって」「眠れる」から結果オーライなんですがね。
こんな使い方とは違うような気がするんですよ?

ベストポジションを探して夜ごと苦悩してます。





posted by ふるちゃん at 13:42| 熊本 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ダイレクトメール

ポストの中には毎日様々なDMやらポスティングチラシなどが入っている。
邪魔っけだなぁとは思いながらも必ず全部に目を通し、それから捨てる。

勝手に送ってくるものだから、別に敬意をはらってとかではなくタダ単に好きなだけだ。興味本位なだけです。

それにしても色んなもんが入ってる。
家電製品、住宅関連、車、なんちゃら教室etc・・・・。
今の季節では教育・学習関連のものが多いかな。
春に向けての向学心をタイミングよく煽るもんだ。
色々考えてやってるなとは思う。

「チラシ」だけに、目をひくデザインが多く、文字使いや色合い等、その辺を見るだけでも面白い。
良いのもあれば、こりゃ何を考えてんだ!?ってのも多くてそんなのはつい、部屋に上がりペンで修正・変更してみたりする。
これが意外と楽しい。送り返してあげたいくらいだ(笑)

ポスティングに関しては無差別に入れてあるみたいだから、我が家に全く関係ないものも多いが、DMは割と的を得た(?)ものが多い。
どこから住所や氏名を知り得てるのか気になるが、まぁ色んなつながりでリストが回るんだろうと考えると、今更どうこう言っても始まらない。

で、なんでこんな事を書いてるかというと。
昨夜投函されていたDMを見てて、なんとなく、なんとなく考えてしまった。

「生涯学習云々」からの講座のDM・・・・

・・・・・生涯学習・・・(-_-)


なんだか、ちょっと年寄りになった気がした。
posted by ふるちゃん at 13:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

饒舌な目

「目でものを言う」なんてぇのはよく申しますが、なんですか日本人らしい「全て言わずとも分かってくんなまし」といった奥ゆかしい技法でありましょうね。
これが「目にものを言わせてやる」となるとちょいと物騒な物言いになってしまいますが、いずれにしても雰囲気で分からせる表現方法でしょう。


先日、東京行きの航空チケットを買いにいった時のこと。
カウンターのお姉さんと利用便や代金であれこれ話をしておりまして、まぁ、少しでも安く行ける方法を模索してたんですな。
で、最終的に二つに絞り込んで伺いをたてる。

私が、片方の航空会社に決めようかと指差し決めかけたところでふと目を見ると・・・。
? 目がなにかをおっしゃってる。
ほうほう。ならば、ともう片方の用紙に指をうつし「こっち?」とばかりに首をかしげ見ると、目が和む。ほうほう。面白い。

その後少し声をおとし、到着ターミナルの違いや移動方法について丁寧に説明をしてくださった。

対面商売ゆえ相手を見て合わせることも必要なんでしょうな。
良かったか悪かったかはおいといて、その正直な目は非常に面白かったもんです。

「目は口ほどにものを言う」相手の目を見るというのは私らの商売でも大切なことで、コミュニケーションツールとして色んな場面で活躍いたします。

最近の若者は人と目を合わせない・・・、なんて話がよくお店で出たりもしますが、私らの方からでももう少し目を合わせやすくすると違ってくるのかもしれませんね。


でも、見過ぎると変な誤解をまねいたりもするもので、これまた厄介なもんです。

特に、女性に対しては・・・・・。
おじさん達、気をつけましょう(笑)
posted by ふるちゃん at 14:01| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

振り袖の女

深夜、凍てつくような寒さの中、いや寒いというより痛いと感じる程の冷たい空気の中では、シンシンという音以外はなにも聴こえないくらい人通りも途絶え、街路の灯りも弱々しい帰路の途中、目の前に浮かび上がる人影をみた。


白地に赤や金が映えるきらびやかな、振り袖姿の女の人。

別に、ただそれだけなんだけど。
深夜のほの明るい外灯の下で他には誰もおらず、いきなりそんな姿を見たもんだからゾクゾクッとした。

寺山修二の世界か。 美しかった。

携帯電話を手にしてたから普通の人だったと、思う。

けど、振り返るのはいけないような気がして黙々とペダルを踏んだ。

ちょっと怖かった。


動揺してたわけではないが、帰って風呂に入ったときに間違えてシャンプーで顔を洗った。

ヒゲも「毛」だからまぁいいけど、いつまでも顔がツルツルしてた。
posted by ふるちゃん at 13:10| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

道子

漫画に限らず、小説や映画にもいえることだろうが「いつ、それにふれたか」で共感や心への残り方が違ってくるものだろうと思う。

080212_1429~01.JPG

高橋亮子『道子』 白泉社

お客様から借りて、何十年ぶりに読み返してみた。
おそらく、二十歳前後に読んだのが最後だと思うが、いやぁ〜なんと言いますか・・・ぐっとくる作品ですね。
この「ぐっとくる」は内容もそうなんですが、それを読んでた「時代」にもぐっとくるわけでして、合わせ技で畳み込んでくるもんだからもうギブアップです。

高橋亮子は前期の「つらいぜボクちゃん」や「がんばれ転校生」もいいのですが、中期の「道子」や「坂道のぼれ」「夏の空色」などがやはり素晴らしいですね。

今の中高生にぜひ読んでもらいたい漫画です。
今のおっさんには・・・う〜ん。。僕自身、随分久しぶりに読み、面白くはありましたが共感というものはさすがに感じ得ないもので、まぁそれはそうだろうとさておき、昔は感じなかったところに感心したりもあり、やはり良い漫画はいつ読んでもいいもんだと思う。

中期の作品は特に終り方が微妙なところが多く、すっきり完結とはいかない。
その辺りが大丈夫な人にはオススメですね。

絶版になって久しいこの漫画。
是非、復刊して欲しいもんです。
できれば装丁もこのままで。
手に持った感じや表紙も思い入れ深いもんですしね。

あ〜面白かった。借りてる間、何回も読み返そうっと(^-^)

そういえば、昨夜「ガメラUレギオン襲来」を見返してたら主人公(?)の女性の部屋の本棚に萩尾望都の『アロイス』白泉社が一冊置いてあった。
部屋全体を映す前にその部分のアップから始まったもんだから、何か意味があるのかなぁ?と思ってしまった。
自分の内部に潜む二重人格のお話しではあるが、映画と関係あるんかな。
単に誰かの趣味?

posted by ふるちゃん at 13:07| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

結婚記念日

昨日は、13回目の(確か・・・)結婚記念日ということで奥さん連れてお食事に行ってきました。

上通り裏、イタリア料理の『ボッテガ・ロマーナ』
最近お気に入りのお店ですが、いつもランチしか食べたことなくディナーは初めて。

コースでお願いしてましたが、いやその美味しいこと美味しいことw
まだ年若いシェフですが、イタリアで修行をしたその味は基本をしっかりおさえた素材をころさない満足できるものです。
また、それをサーブするホールのスタッフが私は大のお気に入り。
最近では、あの手のサービスが出来る人間も少なくなりましたね。

気持ちのいい食事を楽しめました。

そうそう。席についてすぐに「バラの花」を一輪頂きました。
スマートな出し方に奥さんは大喜び。ありがとうございました♪

気持ちのいい素敵な一日を過し、14年目の結婚生活に入ります。
今年も一年、追い出されずにすむようにがんばります(笑)




posted by ふるちゃん at 12:23| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

いい漫画に出合ったら幸せになるな。

久しぶりに吉田秋生の新作を読んだ。

『蝉時雨のやむ頃』小学館

デビュー当時から好きで読んでたんだが、途中から「何か変わってきたなぁ」と思い最近のは全く読んでなかった。
が、この本を読んで吉田秋生の良さを再確認した。これはいい。

吉田秋生の作品の一貫したテーマは『優しさ』だと考える。

読み終わるたびに優しさが染み入り、私もこんな優しさを持たなければなと思うが、これがなかなか・・・。

許す優しさ、許さない優しさ。色んな優しさがこの人の作品には溢れている。

「蝉時雨のやむ頃」は鎌倉に住む4人姉妹のお話し。
それぞれの姉妹を取り上げ、読みきり形式で話しが展開してゆく。
「海街diary 1」とサブタイトルがついているからまだ連載は続くんだろうな、楽しみだ。

なんとなく、初期の作品「夢見る頃を・・・」や「河よりも・・・」を思い起こさせる内容でもあるかな。

いい漫画を手に入れたときは嬉しい。 よかった♪

が、この本。近くのカッパの本屋で探したんだけどグルグル回ってやっと見つけたのが、あまり近寄りたくないコーナーの横・・・(-_-)
全体が狭くしょうがないんだろうけど、もうちょっと置く場所を考えて欲しいもんだ。
コーナーの区別も変なとこたくさんあるし。

ヒゲおっさんとしては人目をはばかってしまったよ。
posted by ふるちゃん at 17:21| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

「ビッグイシュー」

英国から始まったホームレス自立支援事業『ビッグイシュー』

080208_1224~01.JPG

一冊300円の雑誌をホームレスの人達が自ら販売し、一冊の売上金の内、160円が自分達の収入になるというシステム。
日本では2003年9月から始まり、この熊本でも今月の4日から販売が始まった。

実は私はこの事を全く知らなかった。
昨夜来店された若いお嬢さんが感心しながら話すのを聞き、調べてみたらなるほどこれは良い事業ではないかと思った。
「働きたくないからホームレスをやってる」というのは昔の話で、現代では働きたくても働くことが出来ない人達も、多い。(そうでない人達もいるだろうが)

そんな人達を「救済」するのでなく、あくまで自立の支援として「道」を作るために有限会社として「事業」の位置に持って来たのが面白い。
販売者(ホームレス)=団体の代理店という図式だ。

詳しい内容はこちらのサイトで。
ホームレスが売る雑誌『ビッグイシュー日本版』

団体自体はNPO法人で運営してる為、販売者への報酬以外は雑誌の製作費用にかかっているが内容を見てみると、インタビューやコラム、また表紙を飾る面々等はたいしたもので、おそらく無報酬もしくは微々たるギャラで協力してられるのだろうと思われる。


今日、一冊購入してみようと販売箇所に立ち寄った。
びぷれす広場前、電車通りの横断歩道前で一人の男性が立っている。
そういえば、私もつい先日この男性をここで見かけている。
その時には心の端にもひっかからなかった。
大方の人達がそうだろうと思う。

しばらく見ててても、その男性の周りには人が寄らず、人通りの多い交差点でぽかんと丸い空間が空いている。
変な人も多い昨今、これが普通の反応だろう。

近寄って声をかけ一冊購入した。
「ありがとうございます!」と、欠けた歯をむき出し笑った顔を見たとき、私の先日の気持ちがとても恥ずかしくなるとともに、心臓がキュンとなった。
恥ずべきことではないのかもしれない。
誰でも得体の知れないものに対してはそうだろうし。
けれど、知ったのであれば出来る限りのことはしたい。
出来ないことの方がずっと多いのだし、少しでも。


今月号の表紙とインタビューは「レニー・クラビッツ」
特集のアフリカの記事も面白い。レビューのページもしっかり作ってある。

面白いのは「今月の人(販売者)」のページ。
毎回、一人のホームレスを取り上げインタビューし、記事にしてある。
このページだけでもバックナンバーを取り寄せて読みたいもんだ。

ひと月のタバコを一箱減らして、300円を使っていこう。
posted by ふるちゃん at 13:43| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

交わり、流れゆく

大晦日から、明けて今日はめでたい正月ですね。
と言っても日本のことではなく旧暦で動いている韓国や中国でのお話し。
日本でも明治の初め頃までは旧暦でしたが、その後欧米に合わせてしまったのですよね。


昨日、韓国からのお客様がおひとりでいらっしゃいました。
正月休みを利用しての休暇で、その方は昨年の今時分にもやはりおひとりで来店されたのを覚えております。
渋い声をした年配の男性で、そのとても素敵な声が印象に残っていたからでしょう。

日本酒とワインを数杯、のんびりと飲んでいかれたのでその間色んな会話をしました。
もちろん「日本語」でです(笑)
大学の理事長をされており、熊本の大学にもしばらく研究で来てたことがあるらしく、それは流暢な日本語を喋られました。
熊本と韓国の学生達のことや、日韓交流から教育、経済と移りながらの話しを聞くうちに、私などより余程日本の現状に詳しく、改めて外国の人の国外に向けた意識の高さを思い知りました。

それにしても、話しをしてみると日本も韓国でも若者に対する悩みは同じですね。
若者の行動に対することだけでなく、文化や教育での問題にしてもお互い共感する所が多く、個々人で話せば隣の家の人と話してるような気分になりました。

ただ、そんな中で韓国ではまだ歴史や伝統を保っているなと感じたのは「正月」の過し方の違い。
どんな若者達でも、正月は正月として過していますよ、とあちらでの正月の様子を聞きましたが、最近のお正月にみられるこの辺りの風景を思い出しながらちょっと考えさせられましたね。


来店してすぐに、ウチの本棚の前で興味深そうに色んな本を手にされてましたが、帰りしな「明日返しに来ますからこの本を借してもらえませんか?」と、池波正太郎の『忍者 丹波大介』を借りていかれました。池波さんを好きなんて嬉しいですねw

そういえば、私は韓国の小説を読んだことがない。

今年はひとつ韓国の小説も読んでみよう。
正月も明けて久しいが、もう一回新しい年を迎えたような気持ちになった。

熊本の場末のバーでの小さな日韓交流の昨日でした。(笑)
posted by ふるちゃん at 15:31| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

ガメラ助けて!

昨日のお昼は時間がなくて「からあげ弁当」で済ませたんですが、なんですか、話しを聞くとカラアゲ好きな人って多いもんですね。
あの「わかりやすい味」がいいのでしょうか。

単品のおかずで飯をかっこむ美味しさw
幕の内の色々も楽しいですが、弁当の醍醐味は「集中してかっこむ」そこにあるような気もします(笑)

オカズとメシを口に運ぶとき、量と数を見て瞬時に判断して挑む。
バランスとリズムが見事にあったときの快感はジャズの即興演奏のように素晴らしく大切なものでしょう。

しかし最近は中々その「集中」が出来なくなってきてます。
何か食べる時には『これは大丈夫か?』と、つい勘繰ってしまうようになり、勢いがいまひとつのりません。

今回も「食の安全」が脅かされる事件がおきてますが、大事件がおこって初めて以前の事故・事件が発覚してくるというのも多く「危機管理」の意識の低さにあきれてしまいます。

昨夜は「ガメラ 大怪獣空中決戦」を見ましたが、その中でも最初は珍しく貴重な鳥(ギャオス)だから確保しようとするが、段々手に負えなくなって来て初めて慌て始めるという、まさに国の危機管理のなさを描いてありました。


これじゃいけませんね。
安心して飯をかっこむ事が出来る社会を築いていかなければ。
「今度もまたガメラが来てくれるとは限らないんだから・・・。」
あの言葉のとおりです。


「今度もまたしばらくすれば民衆は忘れるだろうし・・・。」
そんな言葉がどこかで囁かれていそうで怖いです。

posted by ふるちゃん at 13:16| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

新年会♪

昨夜は普段なにやかやとお世話になってる「こもくさん」ちで新年会。
いやぁ〜楽しかったですw

最近、田舎(?)に引っ越されたので電車で熊本駅まで行き、それからJRで宇土駅まで。久しぶりに汽車(?)に乗ったら何だか旅してるみたいでウキウキしました。

総勢13名+1匹での宴会w
料理はそれぞれ一品持ち寄り方式で和洋中カレーと色んなものが並び楽しい食卓になりました♪

遠くは舞鶴からの参加もあり(このためか?笑)3時から10時まで延々と飲み続け・・・ちと飲みすぎました(笑)
いやしかし、楽しかった可笑しかった。


何でだろう?今朝起きたら足腰腕肩がやたらと痛い。
なんかしたっけ?

さぁて、次のお楽しみは花見だ!楽しみ楽しみw


posted by ふるちゃん at 12:45| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

西部劇

今朝おきて、鏡を見たらヒゲに寝グセがついてた。
ひとり爆笑。
朝から笑うと、一日いいことがありそうだ。

閑話休題。

ちょっと昔は映画もマンガも西部劇物がけっこうあったものだけど、最近では少なくなりましたね。

子供の頃は洋画劇場でのクリントイーストウッドやジュリアーノジェンマの撃ち合いを楽しみにしていました。
ウチのお客様方に比べると全然詳しくないですが、好きですね。
っていうか、あの女ガンマンさんや師匠やMさんなんて詳しすぎです(笑)

マンガで「荒野の青年イサム」というのがありまして、大好きで何度も読み返してたもんです。毎回、貸本屋から借りてたので手元にないのが残念。
読み返したいのですが、再刊されてるんですかね?


「たがみよしひさ」というこれまた好きな漫画家がいます。
「軽井沢シンドローム」や「我が名は狼」「ナーバスブレイクダウン」といった、どちらかというと探偵物っぽいマンガをよく描いてますが、その人が以前描いたのに西部劇物があったんですよ。

『PEPPER』(ペッパー)
13丁のエングレーブド・モデルの銃をめぐる西部劇漫画。
発売された時は豪華版だったから買えなかったけど、最近文庫で発売されたんで即買いしましたさw

いやぁ〜久々読み返しましたが面白い!
タイトルの「ペッパー」とは主人公の名前であるとともに、ペッパーボックス型拳銃のことで、機能性はあまりよくなかったようですがその独特なフォルムの美しいこと!
小型の携帯用として映画なんかでもよく使われてますね。
敵を倒しながら荒野を旅する・・・男の子にはキュンとしますw

たがみよしひさの描く主人公は皆「自由」に生きてるところが好きで、しかし皆女性に虐げられてるところも共感もてたりもする(笑)
最近はあまり描いてないのかな?また力作をやって欲しいなぁ。


あ〜、こんなん読んだら西部劇の映画もみたくなったよ。
とりあえず「ブレードランナー」でも観よう。(違うか 笑)

西部劇マニアのお客さんにオススメを聞いてみよっと♪
posted by ふるちゃん at 13:14| 熊本 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

二月に入りました。

通勤途中の家の庭に梅の花が咲いていました。
まだ冷たい空気の中、凛として咲く梅はとても愛おしいものです。

今日から二月。 
如月は別名「梅見月」ともいいますが、この小さな花を先頭に月を追うごとに色んな花が咲き始めるのを思うと、春ももうそこまでと嬉しくなります。


願わくは 花のしたにて 春死なむ その如月の 望月のころ

西行の有名な歌ですが、率直な言葉がリズムよく、春を歌ったものでは私が最も好きな歌です。
旧暦のことですから、今より少し時期はずれますが熊本の気候であればこの頃を考えてよいのではないでしょうか。
温かく優雅な印象と清楚な願いを感じます。


今月は、3日の日曜日と11日の月曜日(祝日)をお休みさせて頂きます。
二月はお店自体はヒマですが、それ以外では何かと忙しくもあります。

風邪をひきやすい時でもありますし、そろそろ花粉も飛び回る季節。
体調管理を十分に、今月も頑張ってまいりましょう。

posted by ふるちゃん at 13:04| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。