☆4月のお休み 無休

2008年08月31日

8月終わりはセンチメンタル

年間で12回、月が終わり替わる日があるが一番感慨深いのは大晦日12月31日だろう。

で、次に感慨深いというか、焦燥感と期待が入り混じった日はやはり8月31日ではないか。
1着と2着があって、あとはみな横並びの月替わりだ。

多分に、大昔は違ったと思うが。
現代社会になり、子供たちに無駄に長い休暇を与え身も心もだらけきったところに新学期・学力テストという罠をもって叩き潰そうという学校側の思惑。
明日になれば本隊復帰が叶うという希望をもって大隊編成の準備だけは万全だが肝心の報告書の作成が出来てない生徒側の焦り。
逃げ帰る事のできない戦場では前に進むことしかできない。

そんな気持ちの沸き起こる8月最終日。
6・3・3で12年も刷り込まれてればちょっとやそっとじゃこの気分は抜けないだろう。

明日から9月。
今日はちょっとセンチメンタルなひげおっさんだ。(笑)
posted by ふるちゃん at 13:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

清らかな心で見てください

あばたもエクボ、というように「見る人の心」次第で同じものを見ても見え方は全く違ってきたりもします。

子供の目と大人の目の場合は、またその経験値の違いが顕著にでるようです。

先日ネットで見つけたこの絵。何が描いてありますか?

1f64cc1d.jpg

私には、いえ、ほとんどの方は男女のほにゃららに見えてると思います。
ところが子供たちにとっては一瞥して別のものが見えてるようです。

1分間この絵をじっと見つめて、それが見えてきた人は子供の頃の心を忘れずに持っている人でしょう。

見えてきましたか?
見えませんか?
汚れきった大人の心を捨て去りましょう!

ほら、見えてくるでしょう? (笑)
posted by ふるちゃん at 15:44| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

豪雨

昨夜、帰ってから9chをつけたら東海・関東の豪雨被害の様子がながれていた。
次々に映される映像から被害の甚大さが見てとれる。
今夜も雨が続くようだが、これ以上の被害がないことを祈る。

しばらく、画面を見続けているうちに妙な感覚になった。
まるで自分の住んでる地域のニュースのような気になりドキドキし始めた。
8月終わりの、この頃の豪雨の被害はこれまで沖縄・九州での事が多かったではないか。
学生の時分、山王橋の向こうヤクルト工場辺りが「海」になってたのもこの頃だった気がする。
台風の被害もこの頃からピークを迎えていたが、ここ数年は台風の進路も少し変わってきてるような感じだ。

これも季候の変化のせいなのかと、落ち着かない気持ちで画面をみていた。
posted by ふるちゃん at 13:08| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

はて?

夜中の1時前だというのに、日航ホテルの回りに若い娘さんたちがあちこちグループでたむろしているのは何だろう? けっこうな人数だ。

関ジャニでも泊まってるのかな?
ああやってたら会えるのだろうか。
立って待ってるくらいならウチで飲みながら待ってればいいのにな。

でも、ウチには関ジャニはいないしな。 私もジャニーズ顔ではないし。


どうりで今夜はウチの店に若い娘さんが来なくて、おっさん達ばっかりだったわけだ。

まぁ、いつものことだ。
posted by ふるちゃん at 00:52| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

麺に潜む危険性

「麺喰い」を自負するほどあちらこちらの店を食べ歩くことはないが、基本的に麺類は全般好きである。
ツルツルでも、ズルズルでも、チュルチュルでもかまわない。
粉を細長く成型したものであれば、多少まずくても文句なく食べる。

麺が好きな人は多いようで、カウンターで麺の話題がでると、やれ、どこの蕎麦が旨いだのあそこのラーメンがいいだの、うどんはあの店だねでもあそこで蕎麦を食ったらダメだ、などと話はつきず果てはインスタントラーメンにまで至る。
特にラーメンと蕎麦には一家言ある人が多いようだ。

私も好きだからそんな話に付き合うのは楽しいのだが、常々思っている法則のようなものがある。
ウチのお客様方数人と話をしていて、ほぼ全員の話す基準(?)が同じなのだ。

ラーメン・蕎麦・うどん・その他南方麺系に関しては「あのお店が旨い」等と会話されるのに対して、スパゲティ・素麺 においては「こうやって作る」という風な「にわかシェフ的」会話が繰り広げられる。
当然、熱の入りようも違ってくる次第でオーソドックスを追求する人、奇抜さを求め出会いの妙を喜びとする人、さまざまだ。
そして、食べ歩くのに飽き足らず、自分で作り始めるのは凝り性の人間においては至極当然の流れだがスパゲティに比べ、ラーメンを自分で作ってる人というのはあまりきかない。
これはどうしてだろう。
スパゲティもラーメンもどちらも料理として素晴らしいものだし、その麺、ソース、スープ、具材等、作る手間や難しさをみてもさして違いがあるようには見えず、それでいて家庭で作られるのはスパゲティの方が断然多い。
ラーメン屋に対して、スパゲティを出すお店が極端に少ないということもないだろう。
どちらかといえば庶民的といわれるラーメンが家庭で作られる主流になってもよさそうだが、そうはならない。

これについてはウチのお客様方といずれゆっくり話をしてみよう。


で、タイトルに書いた「麺に潜む危険性」について、これも自分で作る時についてだが、こちらは全然たいしたことではない。

スパゲティ麺を茹でる際、この量でOK!と、手で掴んでもどうしても「あと、ちょい」と多めに茹でるんだろう?
大抵、それで食べ過ぎる。何度同じことを繰り返せばいいのだろう。頭ではわかっているのに。

昨夜も自分で素麺を茹でるときに一束余分に茹でてしまった。腹パンパン。食べ過ぎ。

何かの法則がはたらいているのだろうか?
それとも、性格の問題だろうか?

『吾唯知足』この名言は台所にこそ貼っておくべきだろうと私は思う。

夕べは食べ過ぎた、ただそれだけのお話 (笑)
posted by ふるちゃん at 15:27| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

心霊スポット

ニュースサイトを見てたら <ブログでみる「みんなの心霊スポット」> ってのがあって、日本全国の地図をクリックするとその地方の心霊スポットを記事にしたブログがみれる、というもの。

熊本はどうかな〜(^^♪ なんてみてみると、多くはないけどちゃんと書いてる人がいる。

いや、怖い怖い。 

記事全文なんてとても読めませんから、本当に怖いのか分かりませんが私にとっては怖い話というだけで怖いです。 超怖がりビビリです。

廃病院ってどこ!? と気になりますが読めない。 行かないし。

涼しくなってきたこの頃でもありますし、背中がす〜ってするのもいいのでは?(^^)
私はだめですが。

http://journal.kizasi.jp/2008/08/post-68d3.html#map ←ここです。
posted by ふるちゃん at 18:44| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

止まらない

辛抱しいしい使ってきた自転車のブレーキパッドがさすがにへたってきた。
上下を逆にしたり位置をずらしたりしてたが、もういかん。

止まるためのブレーキだが、すぐに止まれんから目標地点の手前から徐々にスピードを落としながら走るなんていう無茶な乗り方ももう限界。
どんだけせこいんだ!(笑)
命を守る大事なブレーキ、人間でいえば「理性」ですもんね(?)

上通りの自転車屋さんに行ってパッドを購入。
前後輪セットで1200円。金欠の折に痛い出費だが命欠になってもつまらん。
工賃に800円かかると言われたので自分で換えることにして、4箇所のパッドをちょいちょいと交換してったら3箇所まではすぐに終わった。
が、一箇所だけどうしてもネジが外れん・・・。
しばらく格闘の末・・・・・ネジがなめてしもた。
ありゃりゃ、こらいかん。
はさむヤツ(プライヤ)もなかったので、そのまま。
ま、前輪はキチッときくからよかろ。その内どうにかしよ。

一箇所、理性の欠けた自転車、乗り手と一緒でよかでしょ。
安全運転を心がけましょ。
posted by ふるちゃん at 16:07| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

このままいってほしいもんだが

夜がめっきり涼しくなって、帰り道など半袖では肌寒さも感じるほどです。

まだ、八月も終わってないというのに何でしょうね、このまま秋に入るのでしょうか。
毎年、体感的には秋のない熊本。今年は期待していいのかな?
そうなれば嬉しいのですが、油断は禁物か。

涼しくなり始めのこの頃のなにが嬉しいって、空気が美味しい。
まだ、これといった植物の匂いはないにしても街の匂いというか、季節の匂いがしてきます。
無駄に深呼吸を繰り返し、過呼吸になることもしばしば(笑)

ベランダに出て椅子に座り、夜気を思い切り吸い込むと、夏の声と秋の声が聞こえてきそうです。

『どれ、よっこらしょ・・・あたた。ちょいと前半きばりすぎたかいな。そろそろ退散させてもらいますわ』

『あら、夏さん。早いのね?もう少しいればいいのにぃ。さみしいわぁ。じゃ、あとはまかせて♪また来てね♪』

なんてもんですかね。


posted by ふるちゃん at 12:56| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

大甲園

新町にあった「大甲園」が移転して上乃裏にやってきた。

古くからある中華料理屋で、どちらかというと大衆的なお店だ。
ウチのお客様方の評判もよかったので、さっそくいただきま〜す♪
食べることに関してだけはフットワーク軽いもんだわ。

subuta.jpeg

木曜のランチ「酢豚定食」
気取らない普通のスブタが嬉しく、付け合せにも気をつかってある。コーンスープが旨い。

ro-men.jpeg

金曜は一品物「ローメン」
ちゃんぽん麺の上に薄味の中華アンがどっさり。これがご飯だと中華丼のようだが、アンがまるで違う。魚貝でとったスープにうまいこと玉子をからめてとろみをつけてあり、野菜たっぷり。なんというか、不思議な食感に猫舌なのも忘れてかぶりつく。旨い!

新町にあった頃の味を知らないので比較はできないが、私には十分だ。
調味料の使い方でアレ?というところはあったが、まだ二品しか食べてないのなんとも言えない。

二日続けて行ってみて特筆すべきところは「兄ちゃん」
この兄ちゃんの気遣いはすばらしいものだった。
アルバイトだとは思うのだがどうなんだろう? 引き抜きたいくらいだ。

さて、メニューを見ると「丼物」や「麺物」がまだまだたくさんある。
値段もリーズナブルだし、昼食に一つずつ制覇していこう。
posted by ふるちゃん at 15:10| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

話(聞くの)好き♪

常連のYさんは私より5歳年上の格好いい中年男性だ。

仕事や趣味もさることながら、尻の型がとてもいい。
(言っておくが、私にはあちらの趣味は全くないので)
あの年齢であれほどジーンズの似合うおっさんも少ないだろう。
小学校の先輩で、私が1年生の時の6年生、おみしり遠足では手をひいてもらったかもしれない。

ところで、昨夜Yさんと話をしていたら一組の男女が来店され、これまた同じ小学校だった。

昭和21年生まれというかなりの先輩で、校舎がまだ郵政局の所にあった頃の話を色々聞かせていただいた。
当時の上通りや下通り、水道町の様子を克明に覚えてられて又その話が面白い。
大洋前や今の鶴屋前には寿司や天ぷら・ホルモンの屋台が並び、そこで買い食いをして遊んでいたとか、水道町交差点まで西鉄が乗り入れる計画があり皆かなり期待してて、これにはかなりの現実味があったが「せんとく(後の銀染)」の倒産で頓挫したとか。

私とかは、戦争や戦後というのは教科書で習った歴史で現実の歴史とはかけはなれたもののように感じてるのだが、やはり繋がった歴史なんだな。

子供の頃は年寄りから昔話を聞くのは苦痛に近いものがあったが、今になると年配の方達からこの手の話を聞くのは大好きだ。
だいいち、今の60過ぎは年寄りという感じが全くない。若々しく、だから話の内容も単なる思い出話で落ち着くことなく面白く聞ける。

今のうちに(というのも失礼なことではあるが)色々話を聞いておきたい。

また、この男性がすごく格好いいのだ。とても洒落て大人の色気がある。
Y師匠やこんな方を見習い、いい歳のとりかたをしていきたいものだ。
posted by ふるちゃん at 14:33| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

夏の空色

頭では忘れていても体が覚えている、というのはよくある。

実際には「記憶」をつかさどるのは「脳」だから、それ以外の体の部分では記憶があるはずもなく。
だが、それでいて匂いや触覚などでふと思い出すことがあるから人の体というのは本当に不思議なものだ。

日差しは強くも風は涼しく、蝉の声も穏やかになりはじめた今日の出勤途中。

よみがえる夏の空色と、あの日の風景。
穏やかな日々は、過ぎ去りし風の向こうへ。

posted by ふるちゃん at 15:13| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

嬉し寂しい。

今日は久しぶりに汗をかかずに出勤することができた。

涼しい、というか冷たいと感じるくらいの風が吹いて、お盆が終わったとたんにこれでは何だか寂しい気持ちにもなる。
夏は暑いから嫌だが、別れの言葉も言わずに離れるのも心残り。

まぁでも、一時的なものでこれから残暑があるざんしょ。
残り少ないと思ったら、夏の暑さもいとおしい。

昨夜は、ある喫茶店の店主が来店された。
まだ、行ったことのない店だが話を聞いてると中々よさそうである。
こんど本でも持ってゆっくりと珈琲を楽しみにいくつもりだ。

本と珈琲と煙草。
この組み合わせの魅力には抗いがたい。

禁煙でなければ、いいのだが。
posted by ふるちゃん at 13:06| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

休日明けは体がきつい

昨日は、約2ヶ月ぶりの休日らしい休日でのんびり過ごしました。

昼は県立美術館で開催中の『シャガール展』へ。
シャガールをまともに見たのは初めてでしたが、やはり実物を目の当たりにするといいものです。
本などで紹介されているものだけでは、その画家のほんの一部しか分からず、それをこんな展示会で初期から晩期まで通して見ると変化の様子や方向性といったものがよく分かり、それまで見たことがあった絵でもまた違った見方ができるものですね。

「シャガールの箱」といわれる大壁画はさすがの圧巻でしたが、個人的に気に入ったのはエッチングの作品。
挿絵に使われていたものなんかは物語としても面白い。

一通り眺めて感じたのは(あくまで超個人的意見ですが)
キュビズム=欲張りな画家・・・そう結論つけました。
ものすごく極端で、間違った見方とも思いますが、まぁ見る者の自由だからいいでしょう(笑)

夜は、焼肉食べて、オリンピック見て、篤姫見て、本読んで、漫画読んで、ブックレビュー見て中江有里の声に癒されて、肉を食べ過ぎたのかお腹がキュルキュルきてトイレにこもって・・・寝ました。

あぁ、いい休日だった。

一夜明けて、今日思うことは。
シャガールの版画が一枚ほしい。(リトグラフ以外)
ブックレビューで紹介されてた「宇宙への秘密の鍵」を読んでみたい。
肉はけっして食べ過ぎないこと。(まだキュルキュル)

posted by ふるちゃん at 13:33| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

スライドショー

知人のブログを見てたら、素敵なスライドショーがあったので私もマネをして作ってみました(^^) 音がでますので注意。
過去の空展に出したヤツを整理がてら、吉田日出子「私の青空」に合わせて。



これは、先に曲を決めて写真を撮り選んでいくと面白い感じのものが出来そうですね。
posted by ふるちゃん at 15:57| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

月と影と共に飲む

先日、思いがけずいいお酒が手にはいった。
李白酒造の造る大吟醸酒『月下独酌』

大吟醸というとよく「フルーティな・・・」等との表現を聞くが、この酒にそれはなく五味のバランスがとてもよくでた落ち着いた味わいで、口に含み舌の上でゆっくりと「楽しむ」ことのできる大人の酒だ。
さらに、と言おうか偶然にもこのボトルは「酒屋の冷蔵庫の隅で忘れ去られてた」経歴をもち、そのおかげでいっそう馴染んだ味わいになり低温古酒独特の渋みもいい具合に感じることができる。
災難は、ではなく「幸せは忘れた頃にやってくる」というやつだな。


李白の月下独酌の詩をあらためて読み返してみた。
(注:漢詩は読めないので訳詩です、もちろん)
最後の一行「相期遥雲漢」・・・遥かなる雲漢に相期す。
ここに、グッときました。

月の下、天を仰ぎひとり旨い酒を飲む。

これで、傍らに美女でもいれば・・・と思う私はまだまだ修行が足りん。
posted by ふるちゃん at 15:27| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

夏休みの宿題

車の通りも普段より少なく、街中の様子もちょっと違う。お盆ですねぇ。

残暑お見舞い申し上げます。
ホントに、居残った暑さというのもたまらんものですが盆を過ぎれば夏ももう少しという感傷も生まれます。
小学生の頃なんて、だいたいこの辺りからあせりが出てきて後悔しながら宿題をやっつけてたもんですが、昨日面白いものを見つけました。
夏休みの工作にぴったりの『ペーパークラフト』が簡単に出来る便利なサイトです。

JR西日本の「人気列車ペーパークラフトコーナー」

ダウンロードして用紙にプリント、それを組み立てるだけで色んな列車が出来るんですが、車両の豊富さに加えてレールや背景、駅や踏み切りといった構造物まで出来ちゃうというすぐれもの。
ダウンロードのペーパークラフトは他にも色々あるが、ココの良い点はとことん手数をはぶいて「単純」にしてあるところだろう。
部品等を別々に作って複雑に精巧にするのならプラモデルと変わらず、「紙」で作るのだからと、いかに簡単に済ませるかを考えてある。

それでも、押える所は押えてあるようで鉄道ファンの間ではわりと話題になってるらしい。
あまり詳しくない私でもちょっと作ってみようかなという気になるのは、やはり男の子にとってのジオラマは何かしら気持ちをくすぐるものがあるらしい。

引き出しの中の文房具で作れるようなのでやってみようかな。
「夏休みの宿題ゴッコ」もいいかもしれない。提出期限は、やはり・・・9月1日だな。
posted by ふるちゃん at 13:22| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

お盆も営業です

☆お盆期間中も通常通り営業しております☆

〜最終日の17日(日)はお休みいたします〜




posted by ふるちゃん at 18:29| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

心地よくすごす

「水ゆれて 鳳凰堂へ 蛇の首」

先日読んでた本に載ってた句だが、これがとても気にいっている。

京都にある平等院鳳凰堂。
前には池がひろがり堂の姿を映している。
静かな池面にするると姿を現した蛇の首が鳳凰堂に向かい波紋を広げ泳いでいく。
ゆらぐ映景、夏の盛り、音のない世界、冷たい水、そんな印象がうかぶ。

作者の阿波野青畝のことを調べてみたら、幼少の時に耳を患い、かなりの難聴だったとある。
なるほど、この句の印象はそのせいもあるのかもしれないな。


私は少年時代、耳をふさぎ音を遮断して風景を見るのが好きだった。
どこが、どう好きなのかと考えても未だに分からないが、騒がしいものであればあるほど、音のない風景として見ると心惹かれて見入ってしまう。
大人になり、初めて海に潜ったときも、同じ感覚をあじわった。
音がないと、そのない音を探そうと目や触覚がよりいっそう働くのかも、しれない。

耳や目をふさぎたくなるような事件も多いが、そんなものは忘れて心地よいものだけを全身で受けとめていくよう心がけよう。

オリンピックの表彰台で、グルジアとロシアの選手が互いに抱擁していた。
音や言葉はなくとも、美しい気持ちの伝わる映像だった。
posted by ふるちゃん at 12:47| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

浴衣でお散歩

昨日は、暑気払いをかねた浴衣の会。
夏風邪や仕事とかで浴衣の人は少なかったのですが、食事前に新町、古町界隈を散歩して古桶屋町にある普賢寺で夏祭りを冷やかし、夏の夕暮れ時を楽しみました。

08102.jpeg 08103.jpeg

橋の上を渡る風に吹かれる、紅一点とヒゲおっさん達。
縁日でビールをひっかけたおかげで暑さも心地よくご機嫌です。

その後「伊太利屋台」にて後続組と合流して食事と酒を楽しみました。

あの界隈は古い町並みも残っていて、歩いて散策するには最適ですね。
今回、参加できなかった人達もふくめて、涼しくなったらもう一度散策を楽しみに行きたいものです。
posted by ふるちゃん at 12:57| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

たまにはお店で・・・

普段はお店でお酒を飲むことはほとんどないのだが、今夜は一晩お店でゆっくり過ごすことだし、これも普段は家で吸えないし営業中も吸えない、葉巻をつまみにウィスキーを。

0807.jpeg

葉巻は今年のバレンタインデーに頂いてたものでドイツの「インデペンデンス エクストリームバニラ」甘い味と香りがウィスキーとよくあう。
ウィスキーは「デュワーズ」
安いブレンドウィスキーと葉巻の軽さがちょうどいい。

たまにはこんな風に過ごすのもわるくないな。

posted by ふるちゃん at 02:30| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

影絵

子供の頃はよく、障子の向こうで影絵をして遊んでいたものですが。

ここまでいくと凄いもんです。
モダンダンス集団「ピロボラス」
光と影の特性をよく利用してますねぇ。やってみたい♪




posted by ふるちゃん at 15:48| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

太陽がいっぱい

天気予報 あか色以外を みたい頃

お日様マークが続く週間予報を見てげんなりしてます。
そろそろ一雨欲しいなぁと思いますが、関東方面では集中豪雨でお亡くなりになってる方々もいらっしゃり、なんて不公平な季候なんでしょうか。
まさか日本でこんな水の出方をするなんて想像もしません。
大気の状態がますますアンバランスになってきてますね。

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

お昼の番組で「早撃ち」があってた。
芸能人が、福岡の早撃ち名人と対決するという企画で、先日フードパルに見にいったのと同じスタイルの風船を割る勝負方法だった。
抜いて構えた状態からでも、名人にはかなわない。
すげ〜なぁ〜。熊本でも番組つくって欲しいもんだ。


それにしても、暑いとなんもする気にならない。
日記もなんかダラダラだ。いかんいかん。
食欲もあまりわかない。
豚カツか天丼でも食べに行って元気をだそう。
posted by ふるちゃん at 12:59| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

赤紙!?

出掛けにポストを覗いたら、いきなり暑苦しいハガキが届いていた。

赤紙.jpeg

『鳥肌実』の講演会案内状

召集赤紙か!? と思ったら、表にはちゃんと「赤紙」と書いてあった(笑)
さすが。

眺めてたら、体中の血が沸々と沸きあがるようだ。

暑苦しいなぁ。
お年寄りの心臓にも悪そうだ。

今回は熊本ではないのが残念だ。
posted by ふるちゃん at 15:07| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

墓景

親父が昨日代えておいたと言ってた花が、猛暑で干からびていた。

この暑さだ、無理もない。
下の花屋にも途中の道にも、墓参に来てる人が誰もいない。
お盆前ということもあるんだろうけど、広い墓所に蝉の声だけが響く静けさ、というのもちょっと不気味。

これだけ誰もいないのも珍しく、全体を写真に撮ろうかと思ったが、何か別のモノが写ってたら嫌だからやめた。

林立している墓石を見ると、暑い中なのに不思議と涼しげだ。

ロウソクに火を点し線香を焼くと、夏の香りが漂った。

しかし、炎天下の墓参りはつい滞在時間が短くなるのが気が引ける。
posted by ふるちゃん at 17:37| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

でも、負けるとくやしい?

不思議なもんで。

7月の夏日更新の全国ランクみたいなのがニュースにでてて、熊本の暑さはもぉ〜絶対日本一暑かったよね!と思ってたんだけど以外にもそうではなかった。

毎日毎日、暑くて暑くて、お願いもうやめて、と思ってたのもかかわらず、1位じゃないとなんとなく「負けた」って気がして残念なのはどうしてだろう?(笑)

そんなこんなで今日から8月。
全国一を目指してがんばろう! (?)

posted by ふるちゃん at 18:10| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。