☆4月のお休み 無休

2008年10月31日

月末はなんか寂しいな。

夏をひきずり、秋の気配がしてきた頃、いっきに冬に・・・。

今日で10月も終わり、明日から11月ですよ奥さん。
11月の声を聞くと、もう年末の事がちらほら頭に浮かびます。
あれやこれや準備しとかなきゃ、そんな月ですかねぇ。

11月は一応無休の予定でおりますが、後半に一日お休みするかもしれませんです。

夜の冷え込みも一段と増してくることでしょう。
体調管理を十分に、がんばってまいりましょう。
posted by ふるちゃん at 12:43| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

おでん

夜の冷え込みとともに、食べたくなるのが『おでん』♪

おでん.jpeg

今年も作りはじめました♪

大根、こんにゃく、厚揚げ、玉子、がんも、アキレス、はんぺん、天ぷら、ちくわ・・・。
昨年不評だった「ちくわぶ」を入れようか迷い中w
個人的には旨いと思うんだけどなぁ。
自分用だけに入れとくか。

三個一皿で提供しますが、別にバラでもかまいません(^^)
入れて欲しい具があれば何でも入れますから言って下さい。
これといった形のないおでん。
今年はひとつ「とつけみにゃぁモン」でも入れてみようか・・・なw
posted by ふるちゃん at 13:23| 熊本 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

刈る!

ウチのお客様にとても素敵なダンディな方がいらっしゃいまして。

その方と先日話をしていて『自分はバリカンでやってますけど、簡単でいいですよ』との一言で購入しちゃいました。

マイ・バリカン♪

バリカン.jpeg
アマゾンで2,600円!床屋一回分より格段に安い!

バリカンなんて使われたこともなく、まして自分で使うのは初めてですが、為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりケリと自分の甘え(床屋?)を捨てることにしました。

さて、昨日届いたばかりのコイツをいつ使おうか?
ホントは昨夜帰ってから使おうと思ったのだが、中々踏ん切りがつかず・・・
いかんいかん、甘えてるなぁ。ロボコンを見習おう。
今週中にはスパッとやるぞ。
お店に来て、私がバンダナでも頭に巻いてたら見事に失敗したと思ってください(笑)
posted by ふるちゃん at 13:26| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

接待

『風営法違反ガールズバー初摘発』
無許可で従業員に客の接待をさせたとして、警視庁新宿署などは27日までに、風営法違反の現行犯で、東京都新宿区歌舞伎町のガールズバー「DOUBLE」従業員を逮捕した。
調べによると、秋山容疑者は25日午前1時半ごろ、飲食の接待をするのに必要な許可を受けずに、女性従業員(27)を男性会社員(41)ら2人のソファに座らせ、会話させるなど接待行為をさせた。

というニュースを読み、接待のあり方について疑問を感じもするが、まぁ風営法自体がかなりザルな法律でもあり、厳しく摘発しようとすれば熊本の普通のバーの半数近くは風俗営業になるのではないだろうか。

このガールズバーの場合は店の形がバーではないからいたしかたないだろうが、普通のガールズバーでもスタッフが席に着いたら摘発対象になる。

接待ってのは形ではないと思うのだがね。

法律の中でも風営法というのは曖昧な部分が多いのだけれど、以前風営法について勉強したとき、これは?あれは?と不明瞭な所が多々あった。
同じくらい、笑える注釈も多かった。
ダンスホール=2名以上の男女が社交ダンスを踊る場所。盆踊りはこれに含まれない。
深夜のダンスホールで盆踊りする客はおらんだろう(笑)
あ、いやおるかもしれんが。

私もたまにお客様の席横に座ることがある。
ヒゲおっさんの場合も摘発されるのだろうか?
風営法では「女性従業員がついた場合」とされているが、それではヒゲおっさんに対する差別ではないのか?

まぁ、ヒゲおっさんが横に座った時点ですでに「接待」ではなく「嫌がらせ」と思われてもしかたがないか?(笑)
posted by ふるちゃん at 13:12| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

コタツ

お寒くなりました♪
いよいよ冬将軍の到来ですが、今年の冬はちと楽しみもありまして。

わたくし、昨日生まれて初めての『コタツ』というものを手に入れました♪

子供の頃、お袋の部屋にこたつがあったくらいであまり利用してなく、高校卒業して家を出て以来の初めてのコタツ。
昨夜はいそいそと帰り、コタツを組み立てて座ってみるとなんですか、いいもんですねぇ。
コタツ布団に包まれてる感触がもう、ほんわか幸せですわ。

お客さんから10年程前の中古品を譲ってもらったんですが、最近のコタツってのはずいぶんと変わりましたね。
背が高くなって寝返りもうてますし、熱を放出する部分も出っ張ってなくフラットです。
(当たり前のことなんでしょうが、なにせ私が知ってるコタツは30年以上前のものなんで・・・)
その分、鍋とかするときにはお尻の下に何か敷かなきゃなりませんね。

昨夜はじめて我が家に来たコタツ。
恐れ多くて、まだ電源は入れてないとですよね。
ほほう、お前ごとき初心者がもうオレを働かせるのかぃ?とコタツに言われそうで・・・。

もうちょっと、もうちょっと寒くなってから通電式をおこないますわ(笑)
posted by ふるちゃん at 12:55| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ナポリ譚

久しぶりぶりのホイロのスパゲティ・ナポリタン♪

ナポリタン.jpeg

パスタ、とは言いたくないよね。

タバスコとパルメザンチーズとお塩も一緒に運んできてくれる「喫茶店」のナポリタン。
ここで、アルデンテがどうたらトマトソースじゃないの?なんたら言うやつぁ馬に蹴られてしまえ。

ケチャップたっぷりにたまねぎピーマン缶詰のマッシュルームに肉みたいなの。
こてこてのナポリタン♪

雑誌のC級サラリーマン講座を読み日本の会社組織について考えながら食す。

窓の外は雨。 よい日曜日だ。
posted by ふるちゃん at 13:51| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

保全の必要性

種子バンクというものがある事を始めて知った。

絶滅に瀕している植物の数が、近年驚異的に増している。
主な原因は、草地の開発や植生の遷移、それに園芸用の採集とかでいくら保護をしてもそのスピードには追いつかず、将来画期的な保護方が見つかるまで種子を冷凍保存しておくという試みだ。
もうすでにいくつもの植物が「絶滅」している。
小笠原(だっけ?)にあるなんとかという(名前忘れた)花は、地球上ではもうそこにある「一株」しか残ってないそうだ。
(だったと思う。なにせ酒を飲みながら見てたもんだから・・・笑)

その映像を見ながら「最後の一葉」ではないが、この花がなくなったとき人の命も終わるのかも、とそんな事を思い描いた。
動植物のレッドデータをみてるとあながち杞憂ではないような気もする。
それほど環境の変化が著しく、ならば人間にもなんらかの影響があってもおかしくはないわけで、動植物の保護はひいては自分達を保護することになるのかも知れないね。

そんなことを、昨夜のNHKニュース9を見ながら考えていた。
録画してまで見たかったのは全くのミーハー根性で、先日阿蘇に草集めに行ったとき取材がきてたから自分も映ってるかいな?とそんな期待で見てたんだけど映ってたのは先生だけ。

はなの.jpeg
参加している阿蘇花野協会の瀬井先生だ。 いい男に写ってるなぁ(笑)

ハナシノブ.jpg
ハナシノブは絶滅危惧種IA類に分類されており、20年後の絶滅確率は約90%だとか。
生育確認されているのは熊本と宮崎のみだ。

ヒメユリ.jpg
ヒメユリもやはり同じように、20年後の絶滅確率は90%らしい。
(生物多様性情報システムデータベースより。http://www.biodic.go.jp/J-IBIS.html)


このキレイな花々は、私達の子供や孫はもう見れないかもしれない。
そう思うとなおさら愛しくなってきます。


(花はとてもきれいなんですが、私の下手な写真ですみません・・・)
posted by ふるちゃん at 15:44| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

歩きながら思うのは

歩幅の、というか歩くスピードの同じ人ってのはわりといるもので。

前後になって歩いていると少しして気づき、気づくと何だか気になる。
いつの間にか、足運びの呼吸も合ってきたりして行進してるようになってしまい、ちょっと恥ずかしい。
前を歩くのが若い娘さんの場合はもっとやっかいで、まるで後をつけているみたいになり、心なしか娘さんも気にしてらっしゃる素振りが見えるから妙に後ろめたい気になり、歩く速度を緩めたり必要ないのに横道にそれたり。
なにやってんだ自分は?と情けなくなってしまうもんです。

しかし、ここでスピードを上げたりすると「キャァ〜!」って逃げられたりするかもしれないし。
私の知ってる人は夜中に口笛を吹きつつ歩いてたらOLさんに走って逃げられた人もいますしね(笑)

もっと大らかにならねばと思うが小心者の私にはこれがなかなか。

そんな小心者のわりには、後ろからついて来られるぶんには別に気にならない。
ま、おっさんですからね。

しかし、さっきは怖かった。

昼、お店に来て煙草がきれてたから自販機まで歩いてた。
後ろをぴったりわりと近い距離で女性が歩いてる。
お店から自販機までずっと一緒で、その間女性は携帯で話をしていた。ずっと。
会話の内容も分かるくらいの声で、聞くともなく聞きながら自販機に着きなにげに振り返り見たら。

独りで喋ってる。

携帯と思ったが手にも持ってなく、イヤホンも付けてない。
私の前を通り過ぎる時にも話をしている。やや上を向きかげん。
ブツブツと独り言ではなく、誰かと会話してるような話し方だ。

怖かった。 いったい誰と話しをしてたんだろう。

これからは、後ろも少しは気にしよう。
posted by ふるちゃん at 13:14| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

グキッときた。

昨日はさほど痛くもなかった腰だったけど、さっきパソコンの前に座りながら体を伸ばしてモノを取ろうとしてたら、グキッときた。

あたたたた。 こらいかん。

湿布.jpeg

薬局に湿布を買いに行き、ペタッと。

す〜〜〜っ。 気持ちいい。暑い日はやっぱ湿布に限るね。(違う)


53165aca.JPG

意味はないけど、先日ネットで見つけた003フランソワーズのコスプレ姉ちゃん。
似合ってるな〜。
ホルスターを左につけて銃把を正面むけてるとこが細かい。
posted by ふるちゃん at 14:58| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

草を集める

昨日は、阿蘇へ草集めに行ってきました。

阿蘇の花野の保全を目的とした活動の一環で、先週刈り取って乾燥させておいた草を集めて、縛って、運んで、積んでといった作業です。

CA3A0074.jpg

はい。今日はもう足腰がガタガタです(笑)
斜面を登り降りしながらの作業ですから、普段つかわない筋肉や関節がギシギシ音をたててましたわ。

それでも、集めた草の下から顔をだした花など見ますとそのけな気さにウルッときますね。
活動に参加して2年目になりますが、少しづつ阿蘇の野についての理解が増してきてます。
体で触れれる。こんな体験ができる阿蘇はやはり素晴らしいところです。

とても疲れる作業だけど、心満腹の一日でした。

帰ってからのビールがむちゃくちゃ旨かった(笑)
posted by ふるちゃん at 12:31| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

真昼の月

吉田秋生の最新刊『海街diary2 真昼の月』を読む。
といってもすでに5回目だが。
前作の「蝉時雨のやむ頃」同様、素晴らしい内容で読むごとにそのネームのよさに惚れ々する。
鎌倉で過ごす四姉妹の日々の暮らしを描いてあるもので、吉田秋生節全開である。

私の大好きな漫画家であるにもかかわらず、最近の作品はほとんど読んでなかった。
初期から中期の作品に比べてどこか違ってきたかな?と思っていたからで、読めばそれなりに面白いのは分かるが避けてきてた。
作家や漫画家についてはその「ピーク」というものが確実にあると思っている。
創作のピークは迎えても、表現手法や作品の練れ具合は進化していくもので、それはそれでまたいいのだけれど読んでいくうちにリメイクのような部分が見え、私とかちょっと興ざめしてしまうのですよ。
この人の場合、80年から80年中頃(櫻の園辺り?)までの作品が最高だろうと思うが、ま、好き々ではあるか。
カリフォルニア物語や夢みる頃をすぎても、河よりも長くゆるやかに、十三夜荘奇談、吉祥天女諸々。あ、ジュリエットの海。あ、風の歌うたい。きりがないか(笑)

女性の怒りと優しさを描かせたら絶品で、主人公が男性のときでも感覚は女性として描いてあると思う。
激しい作品でも、全体に流れる優しさに読後しみじみと出来るのがいい。

それがここにきて「海街diary」という作品がでてきた。もうびっくり。
これからも目がはなせないな、そう思いましたよ。
まだ確か50を過ぎたくらいだと思うが、長生きしてどんどん良い作品を描いていってほしいものです。

少女漫画化って、途中で辞めるか変な方向にいく人って多いんですよねぇ(笑)

ところで、小説にしても漫画にしても三姉妹や四姉妹の話は多いけど、おっさん三兄弟や四兄弟の話って見かけませんな。
物語になりにくいんですかね? あっても売れないんすかねぇ。
誰か、おっさん四兄弟のしみじみとした良い物語でも書いてくれんもんすかね。
posted by ふるちゃん at 13:52| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

メモリア まなざしの軌跡

現代美術館で開催中の『メモリア まなざしの軌跡』展に行ってきたんだけど、これは迂闊だった。
何故、もっと早くに行かなかったのか。

10の部屋に分けられた様々なアートは、『記憶』という時間の流れを描いてあり、それは記録を綴った文章であり、写真であり、絵であり、映像であり、いずれも忘れ去られた若しくは忘れられるであろうものを作品として留めたものだ。

こう書くと、「世の中全てのものがそうではないのか?」となるが、その通りである。
あるがしかし、この展示の見所というか狙いはどうもそこではなさそうだ。
私自身10個の部屋を回りながら感じたのは、回顧し懐古しつつ見ていたはずなのにいつの間にやら思い馳せるのは未来の記憶とでもいう不思議な感覚だった。
会場の作りも視線をはずさず、変化に富み一つ一つが独立したスペースでありながら全体の調和も見事でよかったです。

これじゃどうにも分かりませんね。
しかし、言葉で表すのが中々難しいのですよ、これは。
アートですから色んな見方があるのでしょうが、どこかで魅入るところがあるはずです。
私個人では「新興熊本大博覧会」の当時の記事の面白さと「チェン・ジエレン」さんの映像がとても気に入りました。

もう一度は見に行きたいのですが、会期が明後日までなのでちょっと無理そうです。
できれば、チェンさんの映像だけでもDVDにしてくれんもんですかねぇ。
posted by ふるちゃん at 16:06| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

散髪

伸び放題の髪に嫌気がさして、短く切ったらさぞ気持ちがいいだろうなぁと、ウズウズとした思いがそのまま隣の美容室に足を運ばせ『坊主にしてください。』とオーダーしていた。

昨夜いらしたお客様が一様に「えっ?」とした顔をされる。
うん、面白い。この反応だけでも切った甲斐があるってもんだ。
しかし、その後なんのリアクションもない。
少し、後悔がでる。

帰り道、冷えた空気が頭皮につきささる。
この時期に切ったのは失敗だったかな? わりと後悔。

今朝起きて女房に見せたら、少し驚いて「う〜ん、もう一歩よね」と言う。
何が? と聞くが、「どこがどうってわけじゃないけど、もう一歩ね」

なんかちょっと悔しい。

しかしまぁ、髪洗うのも楽だし気持ちもいいし、しばらくはこれを続けよう。
次回切るときに「もう少し短く・・・」と言いそうで怖いが(笑)
posted by ふるちゃん at 13:38| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

誘惑

誘惑に負ける、という言葉がありますね。

負けるということは、心のどこかでは「駄目だ」と思いながらもつい、そっちにいってしまうことでしょう。

この気持ちには二つのせんがあると思います。
一つは、その「誘惑」そのものに対して魅力を感じてるが社会的に、また自分の立場やポリシーで「そっちはダメだよぉ、でもでも・・・」という場合と。
もう一つは、現状に満足していなくそれから逃れたいための現状打破としてのものがあるでしょう。
たいがいの場合は、この二つの気持ちが非常にバランスよくムクムクとおきてきた時に、負けるのだと私は思います。

あるいはもう一つ、負ける魅力というものもあるかもしれません。
私はこれは重要だと思いますね。
負ける=ダメなこと。単純にそうではないと思ってるのです。
敗者にしかわからない一種独特の恍惚とした気持ち、というものがどこかに潜んでいると考えます。
え〜、こうなるともうMですか?(笑)

まぁしかし、一つや二つではないのでしょうね。
人の気持ちは多種多様ですから様々な理由から誘惑に負けている人が今日もどこかにいるはずです。
そう思えば多少は気も楽になるというものですよ。

別に大した理由から書いたわけではありません。
ただ、たまにはそういうこともある、ということです。
posted by ふるちゃん at 16:58| 熊本 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

カジシン寄席

昨夜は作家の梶尾真治さん主催のカジシン寄席にて『立川生志』さんを聴いてきました。

生で落語を聴いたのは幾度かありますが、その中でも一番素晴らしいものだと思いました。
今年の春に真打になられたばかりの生志さんですから、気合も十分。
間に、梶尾さんとのトークショーのような「真打披露口上のようなもの」をはさみ、艶話を二話。
古典を丸々生で聴いたのは初めてで、もう感動です。
「明烏」での艶っぽさもよくでてまして、サゲにかかるところでは甘納豆を食べたくてしょうがありませんでした。

私ごときが言うのもなんですが、「上手いなぁこの人は」です。

これまで聞き逃していたのが残念です。
生志さんの落語はこれからどんどんよくなってきそうな気配です。楽しみ。
梶尾さん、生志さんありがとうございました。
次回開催されたらまたきっと行きます!


終わって、お店に戻りバルサンをたいて、さてどこかで食事をして帰ろうかと思ったら、連休の後日のためかどこも閉まってたから家に戻りビールを二杯飲んだら、疲れてたのかバタンキュー。
朝までぐっすり。 早起きしてお店の掃除をしてる途中です(^^)

たったいまお客様から「これからサザエを持ってくるよ」とメールが入り、待機中w

さて、今夜はサザエのつぼ焼きですな。いひひ。
posted by ふるちゃん at 13:48| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

今日はお休みです。

☆本日の営業はお休みさせていただきます☆

思えば、およそ2ヶ月ぶりの休みになりますか。
ゆったりのんべんだらりと過ごします。

夜は、カジシン寄席で立川生志独演会を聴いてまいります。
楽しみ♪
posted by ふるちゃん at 13:20| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

秋茄子の漬物

夜がずいぶん涼しくなってまいりました。

昨夜などエアコンもいらず、お店のドアを開け放しておくだけで気持ちのいい空気が入ってきます。
帰り道にはもう上着が必要ですね。

今週は胃の調子がよくなく、夕食を素麺だけですませる日もございました。
夏の名残を楽しめるかと思いましたが、人気のない浜辺で花火の残骸を見るような少しさみしい気持ちになり、やはり適材適所というか適材適食が好ましいものですね。

秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも

まぁ、夜目=ねずみに対した句ではありますがさて、どちらに対してかは作者のみが知ることで、私など口にも出来ない句です(笑)

この句を読むたびに、茄子の漬物が食べたくなります。
今の季節のなすびを新酒の粕に漬け込んだなんて、まぁ旨そうじゃありませんか。

脂ののった秋刀魚を夕餉にしたあと、縁側に座り夜気を楽しみながら、口の中を洗い流すように茄子の粕漬けをかじり、酒を飲む。
茄子のキュッとした食感がなんとも楽しく、思わずうふふと笑みがこぼれてきます。

さてこれから、色んな秋の楽しみ方ができそうです。


なんて妄想をしながら昨夜はクリームシチューとパンで夕食でした。
ま、好きだし美味しいからいいんですけどね(笑)
posted by ふるちゃん at 13:37| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

挨拶

昨夜、お客様からとてもよい話をお聞きしました。

とある、さびれかけた温泉街が活気を取り戻そうと、あれこれ対策を話し合うがどうにもまとまらない。
同じ場所で商売をやっていても一軒一軒は別の旅館。財布も考え方もやり方も違いが出てくるのは当然です。
こんなことは、どこの商店街でも抱えてる問題で、組合でも頭の痛いところでしょう。

ところがある日、ちょっとした行動が一つにまとまるきっかけを作りました。

『挨拶』です。

温泉街の通りは、色んな旅館のお客様が歩いてます。
自分のところのお客様には「ありがとうございます」等の挨拶は当然いたしますが、そうでない場合にはそれまでスルーしてたのを、何でもいいから「一言」挨拶をするようにしました。
「いいお天気ですね」「いってらっしゃいませ」「ありがとうございます」
声をかけたからといって、自分のお店のお客さんになってくれるわけではありませんし、どこのお店の人かも分からない場合も多いでしょう。

けれど、声をかけられたお客様の方はどうでしょう?
まず、挨拶されて気分の悪くなる方はおりませんでしょう。
笑顔で挨拶されたらおそらく笑顔で返す。声をかけた従業員もやる気がでます。
ただ、それだけではありません。

それまでブラブラと歩いていた道は、泊まっている個々の旅館の「外」でしかなかったのが、一つの温泉街の「空間・場」となって生きてくるでしょう。
「○○旅館に来ている」から「○○温泉街に来てる」という意識の変化が起こってくると思われます。
ここが大事なところです。他の地域にも旅館はたくさんあるわけで、個の競争から群の対抗に切り替え全体の魅力で売っていきます。
「あそこの街は気持ちがいい」そう思っていただけると、自然、足が向きます。
これはある意味の「錯覚」も利用してのことでしょうが、そこにあるのがちゃんとしたサービスと旅館であれば問題ありません。
こおいう向きの取り組みはどこの商店街でも行われてることですが、看板の統一や街の整備といった「お金のかかること」になりがちで、そうなると公平感云々で中々一足飛びには出来ないものですが、ただ「挨拶をする」だけなら誰にでもすぐに始められます。

まずは「挨拶」から、そうして再生した温泉街。
これはある程度の規模までの繁華街とお店にも十分あてはめることができるでしょうし、そのビルだけでも出来ることです。

なんだ、そんなことか。と、思われがちな事ではありますが、これを「徹底して継続していく」のが大変です。
私は昨夜この話を聞きながら鳥肌が立つくらいの衝撃でした。いかにこれまで自分が無知で盲目だったかです。

さっそくウチのビルでも今夜から始めたいと思います。

ただ、問題は。 夜は営業してるのウチだけなんですよね・・・。

けどけど、今月末には2階の和食店が開店予定なので、それを楽しみにしています。
posted by ふるちゃん at 14:16| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

落語とおかかご飯

最近、友達から大量に借りた落語のCDをiPodに入れて、歩くときにダラダラ聴いている。

秋晴れの下、ツクテンテン♪なんてぇのを聴いてると、ちょいと遠回りでもしたくなり上通りの裏を歩き回る。と、自然にというか当然、顔がにやついて、たまにププッと吹き出したり、ほほう!と感嘆したり・・・・・。

イヤホンをつけた変なおっさんが歩いてたらそれが私です(笑)

そんなこんなで歩いてると、食べたくなるのは蕎麦やうどん。
昔一度だけ行ったことのあるうどん屋に「ごめんよ」と落語のご隠居のような気持ちで入り、食欲がなかったのでうどんだけにしとこうかとメニューを見たら、「おかかご飯定食」なんてもんがある。おお!

おかか.jpeg

うどんと奴、お香こ、それに「おかか飯」
玉子を溶いておかか飯にかけ混ぜて食べる。

こ、こりゃ〜旨い! ありそうで、中々ないメニューですな。
気に入りました。たまに寄らせていただきます。

帰り道、イヤホンからは文楽さんの「素人鰻」が流れてる。
足は自然と一昨日オープンした「かわ専」さんに向かってる、というか帰り道だが。
さすがに飯を2回は食えんから、またこんど、近々♪


来週の月曜日は「カジシン寄席」がひらかれる。
この春に真打になった立川生志さんの落語が聴ける。
はじめて行くのでとても楽しみだ。

この秋は、落語三昧の秋になりそうだな。
posted by ふるちゃん at 13:03| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

天草のライム

今年も『長島農園』のライムが入荷しました♪

ライム.jpeg

皮が薄く、果肉にジュースたっぷりが特徴のライム。
もちろん、防腐剤もワックスも不使用です。

たっぷり搾ってジンライム、ジントニック、モスコミュール♪
ラムやテキーラともよく合います。
お酒の飲めない方には、ライムスカッシュやホットライムでw

天草の太陽が育てた国産ライム。
お好きな飲み方でお楽しみくださいませ♪

posted by ふるちゃん at 13:17| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

BARの必需品

「BARには辞書が必要でしょう」と昨夜お客様が持って来てくれた。

辞書.jpeg

旺文社 国語辞典 第十版

新明解などに比べると、スタンダードな解釈で一般的内容だから使いやすいでしょう、と。

さっそく色んな語句を引いて遊ぶ。
いまは、ネットの辞書でも調べられるがやはり本を「繰る」作業が楽しい。

お客様曰く、辞書をみるときにはまず「右」と「左」を繰ってみる。と。
するとその辞書の解釈がよく解るらしい。

説明を聞いて、なるほど納得する。
辞書によってそれほど説明の違いがあるもんなんですね。

因みに、旺文社の解釈は「おかたいな」と感じた。
新明解の解釈をきいたら「なるほど、おもしろい」
どちらがいいかは、好みだろうな。

僕だったら「右」と「左」、どう説明するだろうか?
それを考えるのも楽しい。

おそらく数十年ぶりに辞書を手にした。
ただ、ダラダラと繰っていくのも面白い。
しばらくはヒマつぶしに困らなさそうだ。


ところで、そのお客様からはよくブログの内容とかで言葉の間違いを指摘される。
ひょっとしたら、この差し入れは「もっと勉強しなさい」との無言の叱責だろうか?(笑)
posted by ふるちゃん at 13:34| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

いけばな展

知人が出品してるということで『熊本いけばな芸術展』へ行ってきました。

sougetu.jpeg

県下の生け花の流派が一同に集まっての展示ですので、様々な手法があり見ごたえのあるものでした。

花を見るのは好きです。
野にある花は、それがどんな状況で咲いてても不思議と景観とマッチする自然な姿をみせてくれます。
以前、何かの本で読んだのですが、自然に咲いてる花を手折るとその場所の景観に不自然さがあらわれ、元の自然な景観に戻るのには2日を要すると。

その場所で咲く「必然性」というものがあるのでしょうか。

人の手による「いけばな」は、その自然とは対極に位置するものかもしれません。
しかし不思議なことに、活けられた花々を見ると自然界ではありえない組み合わせなのに、そこには例えば床の間であればその景観にとてもマッチした自然があらわれてます。

私は、山や川や海の自然がとても好きですが、人の作り上げた街もまた大好きです。
花も同様に、活けてあるものも野にあるものも、素敵な自然の流れとして楽しめます。

自然がおりなす自然と、人の手がつくりだす自然。
そうかけ離れたものではないかもしれませんね。
posted by ふるちゃん at 17:21| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

おもいでの映画

なかなかDVDにならないなぁと思ってた映画が数年前にDVD化されてるのを知り、さっそく購入w

大好きな映画『リトル・ロマンス』

子供の頃のダイアンレインがとても可愛らしく、サー・ローレンスオリビエのとぼけた詐欺師ぶりもいい♪
恋に恋するような、子供の純粋な恋愛映画といえば「小さな恋のメロディ」もとても好きな映画で、トレイシー・ハイドの可愛らしさときたらたまらないし、ジャック・ワイルドの演技もよくて映画としてはこちらのほうがよく出来てると思うけど、リトル・ロマンスのダイアン・レインも可愛い。
ま、ようは映画は女優ですね。 違うか(笑)
だいたい、これじゃロリコンじゃないか。いかんいかん。
大人になったダイアン・レインも素敵だ。
「ストリート・オブ・ファイヤー」はダイアン・レインを見るための映画だ! 違うか(笑) いや、そんなに違わないかな。

ともかく、今夜はゆっくりと「リトル・ロマンス」を楽しもう。
ちと気になるのは、この映画、学生の頃に見たっきりでその後は満足に見ていない。
<面白かった>というのは頭の中で美化されてるだけなのかもしれないという不安がある。
「おもいで」によくあることだ。
ま、見てみればわかるけどさ。
一応、保険として別の映画も持って帰ろう。
posted by ふるちゃん at 12:59| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

我が家の食費

下通りを歩いてたら小学生がバインダーを手に通行人になにやら質問をして回ってた。
社会科実習かなんかだろう。
記者きどりの顔つきやしぐさが可愛らしい。

昨日、女房が買い物に行ったスーパーでも小学生がいてアンケートをとられたらしく。

小学生『お宅の一日の食費はいくらですか?』
女房『ん〜・・・、400円くらいですか』
小学生『え!?400円ですか!? ・・・・・ありがとうございました』

驚かれたことに驚いた女房は小学生の後をついて行き別の奥さんの答えを聞いてたら・・・
別の奥さん『そうね、4,000円かな』

帰ってきた女房が少し悔しそうに、「もっと高く言えばよかったかな?」「でも、あれっておかしいよね。何人家族かってのも聞かなきゃおかしいよね!?」

我が家の場合は、女房の朝飯代と二人の晩飯代以外はそれぞれで済ませるので安くはあろうが、それでも400円で済ませるやりくりは大したものだと思うのだが、どうやら女房の悔しがる原因は別のとこにあるらしい。
とばっちりをくうとたまらないので黙って聞いていたが、自分でも可笑しかったのか台所からケラケラと笑い声が聞こえてきた。よかった。


それにしても、最近の小学生というのはしっかりした口を利くものだな。
通りを歩く大人も敬語で答えてるのがなんだか可笑しくて気持ちがいい。

でもどうして、私には誰も聞いてこないのかな? 怖い?
posted by ふるちゃん at 16:27| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

穂足のチカラ

今年の春過ぎまで新聞連載されていた『穂足のチカラ』が単行本になり発売された。

穂足.jpeg

連載最初の部分を読みそこねてもいたので買い求め、読み返してみた。
連載中も面白く読んでいたけど改めて読んでみるとこれがまた、とても面白い。

海野家のお爺ちゃん、お父さん、お母さん、娘、息子、それに孫の穂足。
日常、どこにでもある家族の風景だが、その家族はいま崩壊しかけている。
崩壊寸前の海野家を穂足のチカラで救ってゆく、いや、救うきっかけが与えられ各々で再起してゆく物語だ。

カテゴリーとしてはSFに入るのだろうが、宇宙船も怪獣も出てこない。
もちろん、SFとしてのワクワクするモノは「穂足のチカラ」としてちゃんとあるが絶対的は武器などではなく、やはり「きっかけ」であり、それを使う家族それぞれの「心」が上手くSF的ワクワク感で描いてあると思う。
身につまされる箇所も多く、その分読み入ってしまう。

すごく身近な感覚で読めるのは、熊本が舞台だからというだけではないだろう。
誰にでも起こりえる問題でもあり、直面してる問題でもあるかもしれない。
家族というものを考えるのにもとてもよい小説であるし、またSFとしても楽しめる。
読後、とても幸せな気持ちになれることはたしかだ。

新聞連載と、本になってからの両方を読んだのは実は初めてだがそれぞれ違いがあって面白かった。


因みに、それぞれの家族が再起・変化していく場面では、私の頭の中では「ロッキーのテーマ」が流れていた。
自分でも変な読み方とは思うが、楽しめればそれでいい。

これがけっこう気持ちいいのだ。(笑)
posted by ふるちゃん at 16:19| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

あぁ、緊張したぁ。

ああ、緊張した。 無事おわって一安心♪
来週は美味しいイタリア料理店『ボッテガ・ロマーナ』さんにバトンを渡しました。ぜひ聴いてくださいね(^^)


で、話はかわり。

先日の夜、映画『ホットファズ』の試写会に行ってきましたが、この映画は面白い!!

劇場公開はされないはずだったのが、ネットでの呼びかけで署名をつのり公開が実現したという作品だが、なるほどよく分かる気がする。
イギリスらしい「笑いのセンス」がとてもよく、色んな映画のパロディがあちこち散りばめられてて映画好きにはこたえられん楽しみだろう。
私などあまり詳しくないが、それでも十分笑えるし、銃撃シーンの格好よさときたらたまらない。
この映画、いまのアメリカや日本では作れないだろうな、たぶん。イギリスだからこそできた映画だと思った。

途中、トイレに行きたくなったがいつどこでニヤリとするカットが出てくるか分からないから懸命にがまんしながら見てた(笑)

それでも、一瞬のことで見逃したり、理解不能なカットがいくつもあり、もっと映画を観とけばよかったと残念至極だ。

熊本では来週末から劇場公開されるが、できればもう一度観に行きたい。
そして、一時停止や巻き戻しが映画館でできればいいのになぁ。

西銀座.jpeg ロフティ.jpeg

写真は、映画館に行くまえの夜の街の風景。
西銀座通りとロフティビル。
以前はここでお店をやってました。
久々、夜に通ったけど、懐かしいな♪

posted by ふるちゃん at 15:07| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ラジオ出演

え〜、明日なんですが・・・ラジオにでます(照)

熊本シティFMでオンエアされてる番組『ダウンタウンストリート・ショップ』
http://fm791.jp/blog/dtss.php
毎週木曜 12:06〜14:50 FM 79.1MHz カリーノ坂スタジオからの生放送。。。

上通り、下通り、新市街の中心商店街の店主やスタッフの皆さんがリレー形式で出演する番組です。
先週の「七輪屋」さんからバトンをいただき、私の出演は明日の12:30〜となりました。
パーソナリティの方との会話形式なので、どんな話になるのか見当つきませんが自分の声がラジオから流れるのかと思うと赤面いたします。
なにより、普段はまだ頭がぼ〜っとしてる時間なのでまともに喋れるのかが心配です・・・。

好きな曲を一曲リクエストできるそうなので、いま選曲中です。
お客さんから「山崎ハコ」はやめたがいいと言われました。
「新選組の旗はゆく」も却下されました。
これじゃいったい何を選べばいいのでしょう。
台風一過の晴天のお昼にふさわしい一曲はどんなんだろう? 悩みます。

出演は20分程度のようです。しばらくのお耳汚し、どうかご容赦くださいませ(笑)
posted by ふるちゃん at 13:01| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。