☆4月のお休み 無休

2009年04月29日

杵島岳

今日は阿蘇野の花観察会でした。

普段は野焼きした後の協会のトラスト地を観察して回るのだが、たまには趣向を変えてとのことで草千里後方にそびえる「杵島岳」に登った。
同じ阿蘇でも場所が変われば植生も違い、こちらでしか見れない花も多数見られた。

草千里から見上げる杵島岳は標高1326m。
草千里駐車場からだとだいたい300mくらいか?
なだらかに見えるので軽いハイキング気分で登り始めたら、普段の運動不足からか足腰がすぐに悲鳴をあげはじめた。

登山口.jpeg

それでも何とかかんとか登りつめたら以外と高く、見晴らしが素晴らしい。
山登り(と呼べるか分からないが)はたぶん初めてじゃないかな。

気持ちいい〜〜〜〜!!!

頂上でお昼ご飯を食べて休憩したのち、「お鉢回り」をおこなった。

おはち.jpeg

火口に沿ってグルリを回るとまた違った景色と開放感!
稜線に沿って歩くとホントに山登りにきたみたいだ(笑)

こめつか.jpeg

米塚が、した〜の方に見える♪
頂から見る景色は格別だ、とはよく聴くがこんな低い山でもそんな気分が味わえるんですね。
これで、もっと高い山に登ったら・・・・・無理です。
ここが精一杯。
帰りの下りがこれまたきつくて、着いたら足がプルプル震えてた(笑)

でも、たまにはこんなのもいいね。 たまにでいいけど。
体は疲れましたが、最高に気持ちのいい一日でした!
posted by ふるちゃん at 16:57| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日はお休みです。

本日の営業はお休みします。

阿蘇花野協会の面々と野の花の観察会にいってきます。
今日は普段とは場所が違い、草千里の奥の杵島岳へ登ります。

天気もよさそうですし、楽しんできま〜す(^^)
posted by ふるちゃん at 07:05| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ベットーラ・ギンジ

昨日は家鴨長屋とBettora Ginjiの頃のスタッフのお通夜に行ってきた。

まだ42歳の若さで、クモ膜下で亡くなった。
彼の作る料理はそれは美味しく、これまで食べたフレンチの中でも断トツだったと今でも思う。
タイトルにした「Bettora Ginji」は私にとってとても思い入れのあるお店だ。
もう、20年程前のことになり存在期間もそう長くはなかった。ほんの数年だ。
もし、この日記を読んで心当たりのある方は私に直接連絡をください。
詳細をお話しいたします。


このところ毎年1〜2回、友人の葬儀に参列している。
年齢を重ねてるわけだからそんなものかも知れないが、脳関係が多いのが気になる。
私もこのいいかげんな生活習慣を見直すべきか?
酒はほどほどに、煙草を止めて、食事のバランスよく。
と、わかってはいるのだが・・・なぁ。

今年はやめとこうと思ってた人間ドック、やはり申し込むことにしようかな。
posted by ふるちゃん at 13:04| 熊本 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

【お知らせ】

※都合により本日は 21:00よりの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

posted by ふるちゃん at 12:19| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

熊本県産酒を揃えました

揃いぶみの『熊本の酒と焼酎』

熊酒.jpeg

今回、熊本県内の全ての酒蔵の酒と焼酎を揃えました。
全部の銘柄を一度に揃えるのは無理でしたので、とりあえず各蔵元の代表的な銘柄を1〜2本づつおきます。
あとはボチボチ増やしていきたいですね。

これまで「酒」は純米のひやか燗でしかやってなかったのですが大吟醸も扱います。香露や霊山の大吟醸は旨いですよ〜。
日本最南端の酒蔵・亀萬のにごりもいけます。
普通酒も飲み方を色々提案したいと思ってます。

焼酎は米がほとんどですが、芋や栗もございます。
熟成古酒なんてたまらん旨さですよ。
芋焼酎に比べて味の変化が大きいのが米焼酎の楽しさです。
ぜひ味の違いを飲み比べてみてください。

お店の左側が全て熊本県産酒でうまりました。
入れて欲しい、飲んでみたい酒がありましたらお伝えください。

地元・熊本の酒、焼酎の美味しさをもっと楽しみましょう!!


と、先ほど酒屋さんに持って来てもらった。
私も飲んだことがない酒が何本かあるのでやはりお客様にだす前に「味見」は必要ですよね。
さいわい今日は日曜日♪ 味見日和♪
これも仕事仕事♪ しっかり仕事をしましょうかね〜♪ うふふ。
posted by ふるちゃん at 16:58| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

連休突入

朝、テレビのニュースで「GW初日の今日は・・・」と言ってた。
そうか。今日から連休に入るんだなぁ。
平均で5日、長い所は16日とかだとかなんとかかんとか。
すげぇなぁ。16日も休んだら仕事に出るのが億劫そうだわ。

ということで(どういうことで?)
てれすこは4月29日(水・祝日)と5月6日(水・祝日)の二日だけお休みいたします。
あとはずっと、普通に営業してます。

みなさんは連休どう過ごされるんでしょうね(^^)
ぜひ土産話を聞かせてくださいね。
それが私の一番の楽しみです。


でも、あ〜、そのうち、16連休とはいわないまでも3連休くらいはとりたいもんだ。
がんばろ。
posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

申請書が届いた

「定額給付金申請書」が、昨日我が家にも届いた。

定額.jpeg

さて、なんに使おう♪
制度自体には色々???な部分もあるが、こうなってはもう生活費にあてるよりはパッと使ってしまった方がいいだろう。

「12000円」でググッてみると色んな業種が値をつけてる。
旅行、服飾、ゲーム、ビデオ、スーパー、雑貨・・・etc

棚ボタのお金をどう使うか、考えるのは楽しいね。

思い切って、美味しいものでも食べにいくかな(^^♪
posted by ふるちゃん at 13:18| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

美少年 再生

とりあえず、よかった。

美少年酒造の事業再生に重光産業他3社の参加表明がされた。
経営陣のやったことは愚かであきれかえったものだが、それで熊本の歴史のある銘柄が消えるのはなんとも寂しく思っていた。
県産酒全体の衰退にも繋がりかねない事だっただけに、本当によかった。

お酒という嗜好品だから味の好き嫌いは人それぞれだが、私にとって「美少年」は子供の頃から酒屋の棚や台所のスミで見知った銘柄でたぶん一番初めに覚えた日本酒の名前だとろうと思うし、そんな人も少なくないだろう。
私も昔はここのお酒が苦手だったのだが、数年前しばらくぶりに飲んでみてけっこう良い造りになってた。旨いじゃないか。
私の味覚が変わったのか、造りが変わったのか(おそらく後者だとは思うが)しばらく前に流行ったサラッと飲みやすいだけの日本酒に比べると酒はこうあるべきだ、これでいいんだなと思える味た。

これからの再生がどんな方向にいくかだが、酒造りの本筋ははずさずにやっていってほしい。
個人的には「ラベルの変更」はぜひ止めて欲しいね。
「イメージ一新のため」とかでよくやるんだよね。それこそ「味」がなくなってしまう。


実を言うと、てれすこではいま酒の品揃えリニューアルをおこなっている。
数年前から考えていた「県内全ての蔵元の酒をあつかう」店にするつもりだ。
銘柄全ては難しいが(予算の関係で 笑)日本酒と焼酎全蔵元の酒を1〜2種類は揃えていく。
熊本にいながら県産酒の取り扱いがあまりにもおろそかになっていたと思うから。
地元の酒を紹介する、飲んでいただく、愛していただく、そのために。
方向性や雰囲気もありお店によっては難しいだろうが、幸いウチは元々節操のない店だし(笑)
来週くらいにはある程度揃い始めると思うので取り扱い銘柄などはまた紹介していこうと思う。

美少年も近々そのうちの一つに入れることが出来るだろう。よかった。

これで、店内に「美少年」でもいれば店もにぎわうんだろうが・・・(笑)
posted by ふるちゃん at 13:28| 熊本 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

10歳の過ごし方

以前見たテレビ番組の元になった上条さなえさんの自伝「10歳の放浪記」を読んだ。

なるほど、ドラマはけっこう脚色してあるなと思ったが出来はよかったし、こちらの自伝はさらに良い。
あてに出来ない親をもった子供の、月日を追うごとの心情の変化がよくみてとれる。
けして愛情がないわけでなく大好きな親だからこそ、親の言う嘘に悲しみ、受け入れ、自立していく10歳の女の子。

小学校5年生の頃の自分は何をしていたかな?と考えてもしょうがないのは分かってる。
人それぞれ、同じ時間で歳をとってはいくが過ごし方は違うものだし。
しっかりした子だな、といえばそれまでだが、こんな状況を生きていける子供はそうはいないだろう。

10歳の女の子の言葉に教えられることが色々あった。

養護施設に入るまでのことが書いてあったが、その後のことは「かなしみの詩」に続編として書かれているらしいので、こちらも図書館にいま予約した。
一通り読んで、それからこの人の児童小説を読んでみよう。


それにしても。
この本を図書館に予約したのは2月下旬なんだが、昨日やっと返却があり借りれた。
待ってる人もいるんだから、返却日はきちんと守るようにしよう。ね。


と、ここまで書いて思い出した。
昨年、自宅の本棚を整理してたら僕が小学生の頃に借りた県立図書館の本が出てきたことがあったんだった。
え〜っと・・・延滞30数年? その場そのままにしといたんだが、さて、どうしたもんか・・(^_^;)
とりあえず、ごめんなさい。 こんど返しに行きます。
posted by ふるちゃん at 13:13| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

呑龍

どんりゅう.jpeg

着くと、表に誰も並んでない! ラッキー♪と入ったら二人立ってた。
まぁ、いい。このくらいならすぐに空くな。

ふふふとカウンターを見たら11人並んで誰の分もまだ出てない。ゆっくり待つさ♪
と、後から後から列が出来てきた。 セーフ。

わんたんめん.jpeg

以前食べたのは20年以上前になるから、もう味など覚えてないが出てきた「ワンタン麺」のスープをすすり、麺を噛むとなんだか懐かしい味わいがする。
これこれ! 熊本のラーメンだよ!! うれしい!

食べ終わる頃に「すいません!今日は終了です!」と大将の声がひびいた。
まだ3時前なのにもう閉店? 夜の仕込みはするんだろうか?ないだろな。

あ〜旨かった♪ よかった、大盛りなんてしなくて。

おなか一杯。げふっ♪
posted by ふるちゃん at 15:29| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

眼鏡

ずいぶん久しぶりに眼鏡を作った。

めがね.jpeg

度を測り、新調した眼鏡はなんとまあ世の中がくっきり見えるものなんでしょう。
道行く人の表情もわかり、看板も見える。
店内ではボトルのラベルもくっきり見えるし、本棚の背表紙もちゃんと読める。
入ってきたお客さんの顔もすぐに判別できる。

うれしい!! って、今までどんだけ見えてなかったんだか(笑)
変化したことによってはじめて、それまでのモノがよく見える判るというのは眼鏡も一緒ですな。

ただ、人生においても往々に「見えなくなる」ものもよくある話。眼鏡も同じか。



手元が見えない・・・・・(-_-;)

ええ。薄々と自分でも気がついてはおりましたさ。
しかし、認めたくないものだな年齢ゆえの衰えというものを。と、シャアの声が聴こえそうです。

文庫が読めない。読める位置まで本を離すと、字が小さくてこれまた読めない。あらららら。
メジャーカップに注ぐ手元がぼやける。これじゃいかん。

さて、どうしたものか。 これってしばらくしたら目がなれて見えるようになるもんだろうか?

とりあえず、眼鏡屋さんに行って相談してみよう。そうしましょう。
posted by ふるちゃん at 12:27| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

あの声を聴きたくて

日曜の夜の楽しみにしてた「週刊ブックレビュー」の放映時間がいつの間にか変わってた。
土曜の朝からと、再放送がその日の深夜。
まぁ、これは録画すればいいことなんだけど、問題はそこじゃない。

大好きな中江有里さんがこれまでのアシスタントから司会者に変更になった!
見逃した昨日がその第一回目だったんだけどさ。

これは問題だよ。司会者は4人で週代わりで務める。
アシスタントの頃は毎週見れたのに、これからは4週に一度になってしまった。
ファンとしては「昇格」を喜ぶべきものなんだろうけどねぇ。

アシストと司会者ではおのずとその立ち振る舞いとかも変わってくるだろうしさ。
あの、縁の下の力持ち的ないぶし銀のようなところはどうなったんだろう。
ちょっとアンニュイな朗読はもう聴けないのだろうか(ここが一番大事)
あの「声」がとてもいいんだよなぁ。ツボです。
朗読のところだけCDにしてくれないかなぁ。

中江有里さんの次に司会は5月23日だ。忘れないようにメモしとかなきゃ。

ま、人によってはどうでもいい話ですね、すみません(笑)
posted by ふるちゃん at 12:45| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

ねぎぼうずのあさたろう

「すじの曲がった悪者には、勇気のねぎじる ぴゅるると飛ばすぜ!」

最近お気に入りの『ねぎぼうずのあさたろう』
先日から図書館で借りて読んでる、飯野和好さんの描くチャンバラ時代劇絵本だ。
これが、めっぽう面白い。
話もよくできているが、何より絵がすごい。キャラクターもそれぞれいい!
現在、七巻まで出版されていて先日全部読んでしまい、続きが待ち遠しい。
冒頭は毎回浪曲風の説明があり物語に入っていくのだが、あぁこれで「音」で出たらなぁ〜と思っていたら・・。

なんと!! テレビアニメになってるではないか。

ねぎじる.jpeg ねぎぼうず.jpeg

ねぎぼうずのあさたろう公式サイト
☆携帯用はこちら

昨日のをさっそく録画してみたら、アニメも面白い。
絵の感じもよくでてる。
きのうは「みそだまのでんごろう」の巻で、なんとでんごうろうの声は野沢那智さんじゃないか!
はじまりはもちろん浪曲が流れる。これこれ!いいなぁ〜♪

読んだことない人はこれは是非読んでほしい。
大人が読んで面白いし、声に出して子供に読んであげたい本だ。

浪曲風痛快チャンバラ時代劇絵本。いいですよ〜♪
posted by ふるちゃん at 13:29| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

どら焼き

ということで、昨日はどうしても甘いものが食べたくて買い物ついでに、つい、買っちゃいました。

どら焼き.jpeg

静岡の餡子屋さんの作るどら焼き♪
いやまぁ、餡子のでかいことでかいこと!
これは「タドン」か!?

ダブルなんちゃらバーガーを食べるみたいに口をあんぐり開けて食べると、もう口の中は餡子で一杯。
で、この餡子、甘さもほどよく塩加減もよく、いがいといけました。

ここまでの餡子は私にはちょっと重たいが、餡子の塊にかぶりついてる感じは子供の頃を思い出して顔がにやけてくる。

年齢を重ねてのおやつというのは、思い出を食べるものなのかも知れないと思った。

でも、しばらくは餡子はいいや。ごちそうさま。
posted by ふるちゃん at 13:36| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

「作家のおやつ」

コロナブックス編集『作家のおやつ』を読んだ。
予想通り、いや予想以上に美味しかった。いや、面白かった。

コロナ・ブックス編集「作家のおやつ」紹介文より
三島由紀夫、開高健、手塚治虫、池波正太郎、植草甚一、植田正治、向田邦子など31人の作家が日頃食したお菓子やフルーツを紹介。
甘さ、辛さのなかに作家の隠された素顔が現れる。


作家たちのある意味「素」の部分にふれることが出来るこの本はおやつの紹介、当時の風俗文化、写真集、読み物として一冊で何度もおかわりできる美味しさだ。
また、それぞれの伴侶や関係者が語るエッセイがとてもいい。

まぁ、しかし、紹介してある「おやつ」の、なんて美味しそうなこと。
坂口安吾の「あんこ巻き」ヒロポンと睡眠薬の合間にこんなの食べてたんですね(笑)
檀一雄のところで杏仁豆腐をちゃんと「キョーニントウフ」と表記してあったのは嬉しい。
久世光彦の「午前三時のお八つ」のくだりもよかった。朋子夫人の想いがすてきだ。
茨木のり子の鶴岡の栃餅、食べてみたい!この人の詩集「歳月」はぜひ読んでみたくなった。
池波正太郎の「好事福虜」のくだりはよだれが出てくる。「好事福虜」なんて洒落たネーミングじゃないか。
古川緑波の「シベリア」・・・この名前もいいなぁ。カステラに羊羹をはさんでるなんて。食べてみたい。
で、いま一番食べたいのが、色川武大の「梅むらの豆かん」!! あ〜蜜豆たべたい!
この人、麻雀しながらこんなの食べてたのかな?とても似合わないけど、とてもしっくりくる。

図書館で借りて読んだのだけど、これは買って手元においておこう。
そして、時間がかかってもいいから取り寄せれるものは寄せて、それを食べながらもう一度読むのだ。
甘いものが嫌いな人でもきっと食べたくなるに違いない。

というか、読む時には何か「おやつ」を用意して読まなければならない。
でないと、とても、大変なことになってしまう。ほんとだよ。

杉浦さんの「ごくらくちんみ」のおやつバージョンだ。

あ〜、おやつが食べたい。
posted by ふるちゃん at 13:49| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

秒速1.3メートル

桜の花びらが落ちるスピードは秒速5センチメートル。
いったい、どんな風景を見ているのだろうか。


昨夜は久しぶりに歩いて帰った。
夜道をのんびり歩くのもたまにはいいね。
普段見えない色々なものが、歩くと目に入ってくる。

移動する速度で、目線や見えるものが違ってくる。
早ければ先を見据え、遅くなると足元がよく見える。
どちらがいいとは言えないが、僕はやはり出来るだけ多くのものを見ていきたい。

歩きながら計算をしてみた。
時速50キロで走る車では一秒間に約14メートル進む。
とても、細かいものの視認はできない。
自転車は秒速4.5メートル(時速16キロ時)
歩く速度は秒速1.3メートル(時速4.5メートル時)
ちんたら歩いたら、およそ2歩で一秒かな。

それは細かく色んなものが見ていける。が、普段自転車の速度に慣れてる身としてはちと遅い。
ある程度色々見れて、すぐに止まることもできる秒速4.5メートルくらいが僕にはちょうどいいのかな。

人生も、自転車で走るくらいの速度でのんびりいきたいな。


因みに、今朝起きたら、ももたぶりんがちょっとこわっていた。
やはり、自転車がいいようだ。
posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ローレライかと思っちまった。

深夜、ひっそりとした通りにどこからか賛美歌のような歌が聞こえてきた。
高音、低音、揺らぐような美しい声が遠くからかすかに響く。
辺りを見渡すが、それらしいものは見えない。
カーラジオの音ではない。人の生の声だとわかる。徐々に近くなってくる。

店の表に立って煙草をすっていたが、少し怖くなってきて後ずさった。

声がだんだん近くなって、三人の女性が店の前を傘をさし、歌いながら通りすぎていった。


あ〜、怖かった。別になんじゃないことだけど、ちょっと怖かった。

どこかの合唱クラブの方たちかな?
見事な歌声なんだが、こわいよ? (笑)

posted by ふるちゃん at 16:27| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

巨大結晶の洞窟

昨夜帰ってから、録画してたハイビジョン特集「驚異の結晶洞窟」を観たんだけど、凄い!面白い。こんな世界があったんだ。

結晶洞窟.jpeg

メキシコ北部にあるナイカ鉱山の地底300mにある「結晶洞窟」
内部は巨大な結晶が入り乱れて立つ森になってる。
ホント、驚異としかいいようがなくて画面を見てるとなんだか目の感覚がおかしくなってきそうだ。

洞窟の下1000mの所にはマグマだまりがあるため内部は気温45度、湿度100%の過酷な環境になってる。
氷をいくつも貼り付けた冷却スーツと、氷を通して冷やした空気を吸いながらの探検でも1時間が限度。
地質学者、生物学者、探検家と様々な人達が研究に訪れている。

環境の偶然が数万年をかけて巨大結晶を生みこの場を作り出してる。
地球って凄いもんだわ。

ジュールベルヌの「地底探検」そのままの世界があったんだなぁ。
クリプトン星の風景にも似ている。

ひょっとしたら、いやきっと、地球の中にはまだまだ不思議な世界があるんだろうな。
洞窟をもっと先まで抜けたら、広がる空と海とがあって一つ目の巨人がいたりするんだ。
美女の楽園もあるかもしれない。あったらいいなぁ。
posted by ふるちゃん at 13:28| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

桜花

こちらの桜は散ってしまったが、阪神の桜は今日が満開!

さ〜て、今年のお嬢さんたちの走りっぷりはいかがなもんか。
1600m.芝右回り。15:40分発走。
おしとやかにスタートして、最終コーナーではどんな本性を現してくれるか!(笑)

こんな時くらいしか使わない携帯電話のテレビ機能。役立つね。

頼んますよ〜♪
posted by ふるちゃん at 13:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

北部劇?

佐々木譲の「帰らざる荒野」を読んだ。

これはもう、西部劇ですね。
明治元年〜大正三年にかけての物語で、牧場を営む父親とその息子、兄と兄嫁。
未開の北海道に入植してきた男達の開拓物語に女達の愛情がからみ、ひとつの「家族」を描いてある。

父親から受け継ぐのは牧場ではなく、荒野の掟。
「廃馬は、長く苦しめない。一発弾を額にぶちこむ」
日本にもこんな時代があったんだなぁ。

読んでいて、北海道の開拓期はアメリカの西部時代とにてるのではないだろうかと思った。
「馬」がたくさん出てくる。 馬好きにはたまらない。銃撃もある。

先日、「警官の血」を読んだばかりだから思うのかもしれないが、作者はこんな家族の血を描くのが好きなのかな。
家族だけでなく、人の思いや生き様を受け継ぎ描かれるようなのって、好きだ。


引き続き、ウィリアム・アイリッシュの「幻の女」を読み始めた。
ミステリーの傑作らしい。まだ、ほんの読み始めだがとてもキレイな文体にため息がでる。
冒頭の一文でもうノックアウトだ。
読み進むのがとても楽しみではあるのだが、なんですか、とてもね、とても・・字が小さい!
昔の文庫はこんなに字が小さかったんですね。

そろそろ、ちょっと、目がきつくなってきた(笑)
posted by ふるちゃん at 13:00| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

黄金コンビ

秀ちゃん.jpeg

ラーメンと焼き飯、これほど体に悪そうなものは他にあるだろうか? いや、ない。

ホロホロのご飯にれんげを差し入れると、ハラハラと崩れるとこをすくい、口に入れる。
ムシャムシャではなくグミュグミュという食感で、お米一粒一粒が脂で包まれているのが分かる。
ごくん、と飲み込む時には手はれんげから離れ箸をにぎり麺を持ち上げている。
すかさず麺をすすりスープを飲む。ごっくん。

箸とれんげを持ち替えながら忙しくがむしゃらにかっ込む。
右手に箸、左手にれんげを持ちたいが、それは学生くらいにしか許されないだろう。大人は上品に食べなければな。

別に制限時間があるわけではないが、手と口が止まらない。
はたから見たらかなりがっついてるように見えるだろう。

喰い終わった頃には目はうつろ、鼻はたれて、口はぎとぎと。

これほど至福な食べ物は他にあるだろうか? いや、ない。

黄金のコンビだ。
posted by ふるちゃん at 13:01| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

ノンアルコールビール

昨日発売のキリンビールさんの新製品『 KIRIN FREE 』

キリンフリー.jpeg

なんと、世界初の完全ノンアルコールビールだ。

昔から「ノンアルコールビール」というのは作られてたが、実際には微量のアルコールを含んでおりそれらは数年前の道交法改正で表示を「低アルコールビール」と変更されている。
飲酒運転の基準値を下回るといっても、わずかでもアルコールを含んでいると私らはお客様に勧めるわけにもいかない。
法改正時には県警に確認もしてみたが「警察としてはいいとも悪いとも言えない」と返事がきた。まぁ、そりゃそうだわ。

今回発売のビールテイスト飲料は、麦芽とホップを原料にしながらも(その他もろもろも入ってるが)酵母を使用しないためにアルコールを生成しない新製法で作られている。
泡立ちは発泡酒よりよく、香りもしっかりある。
味は最近の発泡酒系によくあるような「フルーティ」な甘さと酸味があり、これは好みの分かれるところか。
この味は低アルコール飲料にもみられる独特なもので、わざわざ「つけた」というよりこういう仕上がりになるんだろうな。

全体としては「良く仕上がっている」と感じた。
お客様数人に試飲をしていただいたが、反応も悪くない。
これでもう少し「苦味」があれば申し分ない。

ともかく、数人で来店されうち一人が車だというのは最近よくあることなのでそんな時、お茶やジュースみたいなノンアルコールカクテルよりも場にそぐうのではないかと思う。
ビールが苦手な人にはどうしようもないが。

ものは試し、一度飲んでみられるといい。
けっこういけるし、なにせ運転中や昼間のランチ時でも大丈夫だ。

ただし、酒飲みにとってはかえってストレスがたまるかもしれないが。
そんなときは、就業時まで懸命に我慢してバーに飛び込めばよろしい。
キンキンに冷えたグラスと本物のビールでお迎えします。
posted by ふるちゃん at 12:43| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

折り目正しく

珍しく、娯楽小説以外の本を読んでたら頭が疲れてきたからディックフランシスの競馬シリーズ「大穴」をちょこっと、出だしだけと思って読み返してたら、止まらず「利腕」まで一気に読んでしまった。

いやぁ〜、主人公のシッド・ハレー、格好いいです。
私にとっての浮上スイッチですね、これは。

ところで、本を読むときの必須アイテムといえば「しおり」

貰ったり、買ったりした「お洒落」なものも持ってますが、分厚くてどうにも使いずらく、結局、買ったときに挟んであったり、本屋でいただく紙の宣伝文の載ったやつをよく使ってます。
味気ないもんですが、薄くてよろしい。
読み始めて手元に栞がない場合は適当な紙をはさんだり、帯をやぶって代わりにしたりもします。
ただ、読むときには別の頁にはさんだり、机に置いたりするのが面倒なもんです(どんだけ面倒くさがりなんだ!)

その点、新潮文庫や創元文庫には紐のしおりがついてて、これはとても便利です。
一体型が、やはり望ましい。なかったり、無くす心配がありませんもの。

ところが、紐もついてなく紙のしおりもなく、手近に適当な紙もないときによくやるのが「折り曲げる」
頁の上端を斜めにちょっと折り目をつける。
他人の本では決してやりませんが、自分の本のときはこれけっこうやります。

で、昨日「利腕」を読んでて気づいた事がある。
「ここまで」と思って折り目をつけようとするとすでに折ってる跡がある。
最初は気にもならなかったものが、本を閉じるたびに折り目があるのですよ。
必ずではないにしても、けっこうな頻度でそれが合致する。 面白い。
読み進むスピードが同じなんでしょうね。

ま、以前読んでるのも自分なので、そんなことはあってもおかしくはないのでしょうが。
ちょっと面白くて、なんとなく嬉しかった。
小さなことで喜びができる。幸せなおっさんですわ(笑)
posted by ふるちゃん at 13:03| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ぽかぽかジリジリ

ぽかぽか気持ちのいい天気ですね〜・・・・って、暑い!!!!

なに?この暑さは。極端なんだよ熊本の気候は。

シャツ一枚でも暑くて、若者なんてTシャツで自転車乗ってるし。
夜は冷えるだろうとバックにジャンパー詰め込んでるからパンパンに膨らんでる。
背中に樽しょってるみたいだわ。

樽・・・?

樽の感触を背中にうけて自転車こいでると、なんか昔こんなことあった気がするが・・・思い出せんな。 なんか背負ってたような。

道端の「春」の花が慌てふためいたように咲き誇ってる。

夏ももうすぐ。 違う違う!

もう少し、春を楽しませてあげてね。
それから初夏が爽やかに来て、そいから夏だよね。

せっかちな熊本の夏ってキライよ。
posted by ふるちゃん at 12:53| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

あやとり

お客様(おっさん)の誕生日に、別のお客様(おっさん)からのプレゼントとして渡された本。

あやとり.jpeg

「大人のあやとり」
おっさんから、おっさんへこれを贈るとは!(笑) 素敵です。

昨夜持ってこられてカウンターに居合わせたお嬢さんとあやとりを楽しまれました。
私もまぜていただきましたが、いや、これは難しいもんですね。
子供の頃には少しやった記憶はありますが、今の本を見てると色んな形が表現できるみたいです。
とりあえず難易度☆一つ(最高☆四つ)を図を見ながらやってみますがなかなかやっかいです。

なにより問題なのは、指が動かない!(笑)
このヒモを親指で取って、小指を抜いて・・・・小指がつる!!!
お嬢さんはさすがに指の動きがスムーズです。


これ、ちょっと夢中になりそうです。面白い♪
posted by ふるちゃん at 13:11| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

楽曲サーフィン

友達が日記でイーグルスの「Take it easy」のことを書いてたから懐かしくなってYouTubeで聴いてた。

いいね。気楽にいこうよ。いいフレーズだわ。

いまこそこんな気持ちでいかなければな、と、右側の関連動画を見てたら学生の頃毎日のように友達の家で聴いてたリンダ・ロンシュタットの「イッツソーイージー」があった。大好きな曲だったなぁ♪お、イーグルスとリンダの「ならず者」もある♪

それからあれこれリンクを辿りながら好きだった洋楽を聴いていくと・・・
テイクイットイージー
 ↓
イッツソーイージー
 ↓
ならず者
 ↓
ダンシングクィーン ABBA!お袋が好きでよく聴いてたなぁ。
 ↓
ダンシングシスター ノーランズ!! 可愛かった!
 ↓
哀愁のヨーロッパ サンタナ!いいメロディだわ
 ↓
ニューヨーロピアンズ ウルトラボックス♪ かっけぇ〜♪
 ↓
アダムの王国 アダムアント・ジ・アンツ!!! かぁ〜っ!たまらん!絆創膏貼らなんたい!
 ↓
夢見るシャンソン人形 シルヴィ♪ 小学生の頃、家にEPがあってよく聴いてたわ

と、こんな感じで時間も忘れて楽しめる。
いやぁ便利なもんだ。
曲に一貫性があるようなないような・・・無いな。(笑)
メジャーな曲ばかり辿ったから、こんどは他のやつも探してみよっ。
邦楽でどこまでたどれるかいな。
posted by ふるちゃん at 13:55| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

古本屋にて

昨昼、お客様から「敍○堂に佐々木譲のハードカバーが300円で出てるよ!」とメールをいただきさっそく走る。
2冊あったのをわざわざ並べてスミの方に置いてある。なんて親切な(笑)

ついでに他になにかないかと物色してたら、あらまぁ、懐かしい本に出会った。

喪失.jpeg

『喪失』庄司薫著
高校生の頃に読んで好きだった本だ。
初出は1959年。この新装版が1970年出版のやつで、発売時の値段をみると480円!ハードカバーでこの値段!
安い!と思ったが当時は物価もそんなもんだったんだろう。

100円だったので即購入し、店に帰って一つ目の短編「蝶をちぎった男の話」を読んだ。いいね、この話。
中身はほとんど忘れてたので新たに読むようなもんだが、学生の頃に読んだ感触がそのまま蘇る気がする。
どこかが、なにかを、覚えてるんだろうな。

薫ちゃんの世界、ひさびさに堪能した。
「赤頭巾ちゃん・・・」も読みたくなったな。
そのままサリンジャーも読むか?そうなると攻殻もまた見返したくなるかな(笑)
posted by ふるちゃん at 13:21| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

はじまりはじまり

通勤途中の桜の木々が、風の吹くたびに花びらを舞い散らせていました。

これからまた来年の春に花を咲かせるため、青葉をつけ太陽の光と栄養を摂り入れて一年を過ごし始めるのですね。

花を咲かせるのはせいぜい二週間ほどで、そのほかの永い月日は地道に自分のするべきことを淡々とこなしています。
つい、花のときばかりに目がいきがちですが、そうではない姿もたまにいは愛でてあげようかと今年は思います。

・・・毛虫の季節以外は(笑)

今日から新年度。
気持ちも新たにがんばってまいります!!


※てれすこの4月の店休日は4月29日(水・祝)です。
この日は阿蘇の野の花を観察にいく予定で楽しみです。
posted by ふるちゃん at 12:38| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。