☆4月のお休み 無休

2010年09月30日

鶏ハム

久々に作ってみました♪

CAI7KDMR.jpg

「鶏ハム」
使うハーブの種類によって味の変化が楽しめます。
今回は少し甘さを控えてみたけど、ちょうどよかったな。

カラシをつけてお召し上がりいただきます。
好みでブラックペッパーや柚子胡椒もいいかな。
ちょっとつまむのに最適です。
posted by ふるちゃん at 12:43| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

図書館遊び

愛知県の市立図書館で163人分の個人情報が外部に流出したとのニュースがあってたけど、これについてはまぁ、しっかりしてねと思うんだけど。

昔の図書カードなんて、住所こそ載ってないが名前はダダ漏れだったもんね。
で、誰もそれを情報の流出なんて思ってなかったわけで、僕なんてそのおかげで知らない読みたくもない本を手に取ったりしてたもんだ。


落ち着いた静けさ。緊張してトイレに行きたくなるような学校の図書館で、目星をつけた書架に手をのばし本の裏表紙を開く。
紙のポケットに収まった図書カードをぬき日付と名前を見ていく。
こんな行動を今の時代だと図書ストーカーとでも言うのだろうが、辿る名前は知人であったり、全く知らない他人であったりする。

まず、自分のお気に入りの本をいくつか読んでいくと、カードに記された名前にいくつかの同じ名前を見とめるようになる。
趣味や読書の傾向が似通っているのですね。
それが続くと、面白く、また気になってくるわけで「この本を読んでるんだったら、あの本も読んでるかな?」などと考え本のつながりを辿ってみるのが面白かった時期がある。
たまに、著者もタイトルも知らない本を手にとってみて「常連」の名前があると「へ〜、そうなんだ」とひとり合点をして借りてもみる。
面白かったり、面白くなかったり。それがまた面白い。

どんな人だろうと想像するのも楽しい。
見知った人だと、意外だったり当然だったり。
これがまた可愛い女子だと妙に嬉しかったり(笑)

そんな図書館遊びも、いまはできないな。

昨夜、中村弦著「天使の歩廊」を読み終わった。
とてもとても良い話で、幸せな気持ちになれた。
初めて読んだ作者だったけど、文章の感じが好きになったので市立図書館のサイトで他の著作を予約した。
現在、他の図書館から搬送中となってる。今日明日には届くだろう。

便利になったもんだけど、ちょっと索漠とした思いもよぎる。
posted by ふるちゃん at 13:19| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

気持ちのいい日

秋晴れでさわやかな日ですね〜。

入り口のドアを開け放して仕込み中。
ハーブをたっぷり入れた豚肉を茹でる香りが食欲をそそります。

ん? あと3分か。

先程、お客様が栗を持ってきてくださいました。
今年は不作と聞くのによく栗をいただきます。
ありがたいです。

先夜、圧力鍋で栗を煮てみたらおどろくほど簡単で旨い♪
頭から手でするするむけちゃいます。

今夜も茹でてお客様に食べていただこう〜。
posted by ふるちゃん at 15:26| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

予備知識なしに読む

何気に、表紙にひかれて買った本など内容を知らずに読み始めて面白かった時なんか、なんだか特した気分になりますよね。

先日、お客様が「これ、面白いですよ」と言ってた本。

『天使の歩廊 〜ある建築家をめぐる物語』 中村弦著

建築家の物語とあるので、ドキュメンタリー風な建築会社にまつわる話かと思って読み始めたら、全く違った(^^;

6編からなる連作短編と、あとがき的な短い文章からなる物語は、明治・大正を舞台に一人の建築家が建てる「不思議な家」をめぐるちょっと不思議で、胸がきゅんとくる小説でした。

まだ少ししか読んでないのですが、これはとっても特した気分です♪
調べてみたら「日本ファンタジーノベル大賞」を受賞した作品なのですね。
初めて読む作家さんですが、文章がとても読みやすく、単行本なので文字も大きくていいです(笑)

第一話の中で、依頼主が語る亡き主人との出会いからの歳月は、幕末から明治にかけての歴史となっており、ここで私などは普段「幕末」とそれ以後の「明治」「大正」はどうしても切り離して見てしまうのですが、つながりのある時間の流れのそこを描いてあり、とてもタメになるというか感動しました。

読書の秋の始まりに良い本と出会うことができ嬉しいです。
posted by ふるちゃん at 17:49| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

涼しくなりました

昨夜の帰り道は家まであと少しという所で大粒の雨に降られ、雷がゴロゴロというより「ガシャーン!!!」っていう感じで鳴り始めて、そ〜にゃ怖かったです。

でも、怖いもの見たさで部屋に入ってからもベランダの窓に張り付いて見てました。
稲光が徐々に離れていって遠くで光ってるとこなんて、幻想的で素敵でしたわ〜。
一晩明けて、今日のなんて清々しいこと。 秋ですねぇシミジミ。

CA4PERY7.jpg

一晩寝かせた「栗の渋皮煮」
甘みがちょっと足りないかな? だけど美味しい♪
予定量の三分の二に減ったけど(^^; 渋皮をどうしても剥きすぎてしまうっす。

銀杏を炒る道具で「焼き栗」も作ってみたけど、これまで焼き栗つて食べたことないからどんなもんか分からん。
どうも焼きすぎたようで回りがけっこう固かった。
今夜また炒ってみよう。 塩かけて食べたら中は美味しかったw
posted by ふるちゃん at 15:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

渋皮煮

昨夜、栗をた〜くさんいただいたので「栗の渋皮煮」を作りましょ。

CAURI3I5.jpg

昨年はちょっと失敗したんだよね(^^;

ちょうど、渋皮煮を上手に作るお客様がいらっしゃってたからコツを聞いた。
失敗の原因はおそらく自分の「性格」と判明したのでここはひとつ自分を押し殺して再挑戦してみようと思う。

でっきる〜かな♪ でっきる〜かな♪ はてはてふふ〜♪♪
posted by ふるちゃん at 12:32| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ネティネティ

お店についたとたんに電話が鳴って「お昼ごはん食べましょ」と。

まだ起き抜けで食欲はわかないけど「カレー食べましょ」と。

カレーならば食べれるなっとTSUTAYA裏の『ネティネティ』へ。
カリー&エスニックの店です♪

お洒落なキレイな店内はカップルや若いお嬢さんのグループで賑わってます。
僕らおっさん二人のテーブルは浮いてるかな。そんなことないよね。

CAOD2RCT.jpg

日替わりランチ(カレー2種類選べる)780円サラダドリンク付き。
辛さが「普通」「中辛」「大辛」から選べるので、中辛を注文しようとして「辛いですか?」と聞いたら即答で「辛いです」と。
ならば普通にしようかなと思うけどやはり中辛にした。
キーマカレーとナスとヨーグルトのカレー。
旨いです。キチンと作ってあるな。ほうれん草とターメリックのご飯も美味しい。

でも、ぜんぜん辛くない(^^; こんどは大辛にしなきゃ。
女性のお客さんが多いから辛さ控えめにしてあるんだろなw

接客も感じがよく、好感もてました。

サイドメニューが多いので夜は色々頼めてよかろうなぁ。
posted by ふるちゃん at 13:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

見習って欲しいものだ。

先夜、テレビをつけたら徳島の阿波踊りの放送があってた。
実際を見たことはなく、テレビでもまともに見たのは初めてだったけど、見る程に目をうばわれてただただ陶酔していった。

いやまぁ、なんて凄いお祭りなんでしょうか。
各「連」の踊りはどれも見事で、勇壮であり、情緒を含んだ美しさが漂っていました。
かなりの練習をつんでるというのが分かり、真剣でありながら楽しんでいる様子が見て取れます。

特に、連のひとつである娯茶平の踊りには鳥肌がたった。
男踊りの地を這うような動きは、鳴り物の音・拍子はそのままに動きをスローにして、一見穏やかな感じの中にものすごい意気を感じます。
男、それもおっさんばかりなのにあの色気はなんなんでしょう。
「粋」とはまさにこれか。

女踊りがまた凄い。凛とした美しさと色気に息をのむ。

静かでありながら賑やかで威勢よく格好いい。まさに「祭り」の踊りですね。
連の先頭から最後尾までダレることなく、みな真剣に楽しんですのが好感もてる。

博多の山笠で感じるものと同じものがありました。

やはり、祭りの粋・格好よさというのは参加する人たちの「祭り」に対する真摯な思い、伝統を大切にする心があってこそ成立するものだと再認識した。


ヤンキー的ノリでただ騒ぎたいだけならば、どこかイベント会場を借りて好きな者だけですればいい。
山笠や徳島の阿波踊りを見ると、あぁ熊本市内にもちゃんとした「祭り」があればいいのにと、そう願うばかりだ。


今日、熊本街中では何かの団体のイベントが行われている。
posted by ふるちゃん at 13:12| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

消化作業

ここ一週間はハードディスク内の撮りためた映画の消化にいそしんでました。
取りあえず何でも撮っておこう、なんて思うものだからドンドン溜まってしまうのですよね。

と、どうせならテーマを決めてと。
「日本のいちばん長い日」
「独立愚連隊」
「独立愚連隊西へ」
「肉弾」
と「岡本喜八特集」として観てました。

「日本の・・・」以外は初見だけど、うん、どれも文句なく面白い。
洒落た台詞、テンポのいい展開、シニカルな表現、キッチュ(?)な映像、コミカルな人物たち、いずれも戦争映画ではあるけれど岡本喜八独特の切り口で描かれとても洒落たものになってるなと思う。

特に「肉弾」は好みでした。
どこをとっても名シーンだと思う。
ラストの「ばかやろー」の叫びは今の時代にも鳴り響いてる気がする。

ま、なにより、大谷直子が可愛いなぁ(笑)

さて、今夜は小林桂樹の追悼で「江分利満氏の優雅な生活」を観なきゃね。
posted by ふるちゃん at 13:05| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

裏メニュー

ようは、表メニューとして出せるほどではないが意外と旨いよとか、普段はないけど何かを仕込んだ時に副産物で出来るものだったり、最近よく聞く「まかないメニュー」ってのもそうですな。

裏メニューにしろ、まかない(従業員の食事)メニューにしろ、作りっぱなしで適当に提供するのが本来で、それをいろいろ手を加えて飾り付け味を整えたら、それはもう表メニューですな(笑)

しかし、ホントはそれらをお金をとってお客さんに出すってのはご法度なんすよね。
まぁ当然といえば当然のこと。

ただ、作り手の楽しみとしては「まかない」や余った材料で適当に作ったものが意外と美味く、けどしかし、これに色々加えたら美味しさや面白さが半減してしまうなぁ、でもこのままじゃ一品としては出せない、でも、食べてほしい気もする・・・。

なんてジレンマもしばしばあるわけで。

そんな時に便利なのが「常連さん」ってやつですな(笑)

「ちょっと、これ食べてみて」とお出しする。もちろんお代はいただけない。
美味しいと食べてもらえたら嬉しいし、「これ、こうしたらいいんじゃない?」と意見をいただき、それがちゃんとしたメニューになったこともしばしば。

ま、作り手お店側のわがままを押し付けてるだけで、出される側はありがた迷惑かもしれんけどね(笑)

昨夜は「砂肝の南蛮漬け」を仕込んだときに出た白いスジの部分をソースで炒めてみたらこれがバカウマ。

CA7LV962.jpg
こりこりと食感よく、ビールのつまみによく合いそうです。
ちょうど来られたお客さんに食べてもらいました。
Hiroさんフグさん押し付けてゴメン(笑)

一個の砂肝から出る量はわずかなので砂肝さばくたびに冷凍でためとこうかな♪
前回と前々回、捨ててたのがすげ〜もったいなかった(^^;

これからは何でもとっておいて、何か作ってみてお客さんに味見(毒見)してもらわなんな(笑)
posted by ふるちゃん at 13:31| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

レンタサイクル

日航ホテル裏を通りかかると何やらのぼりが立ってた。

CADTNNWS.jpg

レンタサイクル?
机がひとつ、おじさんが一人。
何だろ?と近づいてみたら熊本市が行ってる「観光型レンタサイクル」というものらしい。

今回、期間限定で9月15日〜11月30日まで『観光客回遊性向上モデル事業』として無料で自転車を貸し出してるとのこと。
使用時間は9:00〜17:00まで。
どこで借りてどこへ返してもいいらしい。

駅周辺から市街地にかけて10ヶ所あるサイクルポートで借りられます。
パンフレットにはポートの場所と主だった名所旧跡が記してあり、おおまかな位置関係の把握には便利でしょう。

この手の取り組みはいいですね。もっとどんどんやって欲しいです。

普通のママチャリ型の自転車と、なんとサイクルアシストタイプもありました。
これには乗ったことないから、ちょっと乗ってみたいな〜w

地図を見てたら一番遠い所で横井小楠記念館がありました。
ん〜・・・あそこまで自転車はちょっとキツイと思うが(^^;
posted by ふるちゃん at 19:10| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

小さい秋み〜つけた

「寒い」と口にしたのはいつぶりでしょう。

終わらない暑さとも思えていた酷暑が、昨夜はまるで部屋の空気の入れ替えみたいに涼しくなりました。
よくしたもので九月も半ば。随兵寒夜というやつですね。
昼間の日差しはまだ少し強いですが、日陰の涼しさがまるで違いました。

今年も無事に秋を迎えれたようです。

焼酎も水割りからお湯割りにかわりました。
寝る前に長袖のパジャマを着ました。
朝のシャワーの後の水浴びもなくなりました。

少しずつ、小さな変化が身の回りにも出てきますね。
この小さな変化には気持ちウキウキします。

これからしばらくは、自分にとっての小さい秋をたくさん見つけて楽しみます。
posted by ふるちゃん at 12:56| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

あかうし丼

食意地のはったおっさん三人で、平日の朝からわざわざ内牧まで行ってきましたよ。

CAK9GPOZ.jpg CAPDJM59.jpg

「あかうし丼」これにはもう言葉がでません。でてるけど。
炭で炙って分厚く切ったあかうしのタタキがた〜っぷりのっかってます。
とても控えめな甘めのタレにワサビと温泉卵。
あかうしだけを口に頬張るとふわ〜っと柔らかくて、それでいてちゃんと弾力もあり。
飲み込むのがもったいない。でもまだたっぷりある♪

もぐもぐ。もぐもぐもぐ。おかわりしたいけどやめとく。
というか、食べ終わってしばらくたったら肉のボリュームか、けっこうお腹一杯w

チャンポン頼まなくてよかった(笑)
でも今度は食べたい。

大満足も大満足でした。これはまた行かなきゃ♪


帰り道に唐揚げ事件というのがあったけど、それもまた楽しいおっさん三人のドライブでした(笑)
posted by ふるちゃん at 14:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

ミチロウ元気だなぁ♪

楽しみにまってたDVDが昨夜届く。

昨年10月に新宿ロフトでおこなわれた「原爆スター階段」ライブDVD。
スターリン、原爆オナニーズ、非常階段の3バンドのスペシャルユニット。

非常階段30周年記念特別ライブの中でそれぞれの演奏の後、最後に集結しおこなわれた4曲が収録してあった。

うん。なんというか。とってもほのぼのライブ? (笑)

開演前にステージに映し出された注意書きに期待が高まる。幕が上がると機材や床にはビニールシートがかぶせられてたりしてる。おやおやそうかい。
演奏が始まったら懐かしさのオンパレード。
昔だったら「素」でやってたことなんかをサービス満点の笑顔で再現してくれる。

live1.JPG live2.JPG

ミチロウ元気だなぁ。格好いいなぁ〜♪

実際観に行った人のブログをいくつか読んでみたら「凄かった」「目がいっちゃってた」「怖かった」等の感想が書いてあったけど、そうじゃないだろ(笑)あれは完全にパフォーマンスとして(昔もそうだと言えばそうだけど)やっててミチロウの眼つきなんかも穏やかなもんだったもんなぁ。
それでもまぁ、私等世代なんかには懐かしく、楽しんで観れました。

ある意味期待はずれ、ある意味期待通り?のライブDVDだったかな♪

他の、本編(?)を観たいな。そっちはどうだったんだろう。
posted by ふるちゃん at 13:54| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

舌を巻く

昨夜、お客様方と日本語変換のアレコレを話していました。

お馬鹿なMS IMEにイライラすること暫し、も、お金を出してまで他の日本語入力システムを入れるのもなぁ〜と思ってたところ、Googleのソレはけっこう、いや、かなり使えると聞き、その場でインストールしてみた。

結果、こいつはいい。一長一短あるものの、使えるヤツですよ。
なにせ無料ときてる。

Google検索と同調してるようで、候補語を提示してくれるサジェスト機能がかなり充実している。

試しに「こうか」と入れてみるとちゃんと「攻殻機動隊」が出てくる(笑)
これまでだと「攻撃」といれて「撃」を消して「殻」をいれて「機動隊」と・・・。
手間が大幅に減った。
因みに、「(笑)」といれようと入力したら「笑い男」が出てきた(笑)

用語や名詞に関しては素晴らしいですね。
萩尾望都も一発変換。(これまでは萩万年青になってた)

学習機能はMS IMEとは比べものにならないくらい良いし、しばらくコイツを使い育ててみよう。
posted by ふるちゃん at 13:05| 熊本 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

「漫画批評」

先月末に注文しといた本が届いたのでいま少しずつ読んでる。

CAXU1T1F.jpg
「漫画批評」Vol@.A
これまでありそうでなかった「漫画」に特化した批評本だ。
単発モノやターゲットを絞ったものはこれまでも見かけていたが、総合的に、それも継続して(今のところ季刊誌にちかいかな)出版されるというのはなかったように思う。
もしあったらごめんなさいね。

Vol@(創刊号)からパラパラと読んでいるが、目次を見るだけでも面白くこの編集者がどこに目線を置いて批評しようとしてるのかが分かる気がする。

批評であるからして、書く人の個人的感想が入り込むのは当然でそれについての好き嫌いはあると思うが、この本ではそれを極力廃し、データに基づき多方面からの目線でひとつひとつの批評もしっかり書いてあると思う。

漫画の面白さを伝えたい、そんな気風が溢れている。
よほど漫画を愛してないとこうはいかないだろうなと、かなり細かいとこまで突付いてあるのが僕にはとても面白く、好感のもてる批評文だ。

普段、この手の本はあまり読まない方だがこれは気に入った。
ロングインタビューもよくまとめられてる。
創刊号でまずいしかわじゅんさんをもってくるってのがいい。
毎日少しずつ読んでいこう。

去年の秋にVol@、今年の春にVolAが出てこの秋にVolBが出版予定らしい。
わりと遅いサイクルだとは思うが、内容を読めば無理もない。これを毎月なんてとても無理だろう。

買取のためかまだ取り次ぎの書店も少ないようだけど、注文したら一週間もあれば届くので興味のある人はこれはぜひ読んでみてほしい。
一読者としてはなるべく長く続けて欲しいからね。
posted by ふるちゃん at 13:21| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

なっとう

タイトルを書いて同級生を思い出した。
あだ名がなっとうだった。元気にしてるだろうか。

CAQVPWZM.jpg

お魚メニュー第二弾は「まぐろの納豆醤油」

味は・・・想像通りの味。 納豆好きにはたまらんだろな♪
posted by ふるちゃん at 17:31| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

自家製オイルサーディン

おつまみを出し初めて2ヶ月が過ぎ、改めて料理の楽しさを実感しています。
初めて作る料理が美味しくできた時など自分は天才じゃないか?とうぬぼれたり、かと思うと作りなれてる料理を大失敗したり・・・。やれやれの毎日です。

8月の本日メニューは何で?というくらい「肉」ばかりでした。
普通は暑いときはあっさりした料理になりそうなもんだけど、自分が食べたいのを無意識で作るのかなぁ?(笑)

9月に入り、日差しはまだまだキツイのですが、日陰に入るとなんとなく秋の気配。
昨日は思いついて『 自家製オイルサーディン 』を作りました。

CA4PMR0E.jpg

以前何度か作ったことがあるのを改良してw
うん♪ いける♪

小イワシが手に入る期間は作っていこう。
なので(?)9月は魚料理を色々作ってみようと思う。
あと、きのこ料理とかいいね。
デザートもなにか用意しなきゃ。

これで、ロスを考えなきゃぁなんだって作りたいのになぁ (笑)
posted by ふるちゃん at 12:41| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

土俵

昨夜お客様と話をしていて「同じ土俵にのる(立つ)」という言葉が出ました。

立場や目線を相手と同じくする、という意味で仕事上や勝負事でよく使われます。
対等の条件で渡り合おうよ、と言ってることですね。
何気に聞いていたけど、これって、一段高い土俵にのる(上がる)というのは自分(相手)のレベルを上げて対しようという前向きのいい言葉ですよね。

似たような言葉に「同じ穴のムジナ」というのがありますが、これはいけません。
土俵とは逆に「穴」に落とし込み若しくは落ち込み、足の引っ張り合い、一緒でいいじゃん楽しようよという思いが臭います。

「立場」ではどちらも同じようなものでしょうが言葉の選び方で全く印象が変わってきます。

件のお客様の人生に対する前向きさを感じた夜でした。


政界では二人の男が同じ立場で争おうとしてますが、さて、こちらはいかがなものかと。
砂被りにいるまわりの者はまさに砂をかぶりっぱなしで大迷惑ではありませんか。
同じ穴のムジナ同士は、見苦しいものです。
posted by ふるちゃん at 13:29| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

La! Bunko 文庫本フェアー

上通りの長崎書店で今日からはじまった『 La! Bunko 』

熊本の著名人(?)100人からのオススメ文庫本のフェアー。

CAOQY8OF.jpg CAWM2UMN.jpg CAG2SFMK.jpg

どれどれ、と買い物帰りに立ち寄ってみたら、こりゃ面白い。
いずれも買いたくなる本ばかり。
オススメ人ひとりひとりの紹介文と顔写真もあって、ちょいと眺めるのに最適ですね。

知った顔もたくさんあるし、並んでる文庫もいいものばかり。
新しめの本もあるし、埋もれかけてる名作もあり、こんな企画はとても楽しいです。

9月に入り、まだまだ暑さももうしばらく続くでしょうが、夜は随分と過ごしやすくなってきました。
読書の秋の先取りで、これぞという人のオススメを読んでみるのもよいでしょう。

9月30日まで。
会場には、見に来たお客さんのオススメを書いて壁に貼る「本の木」というのもありました。
僕も今度行ってなにか書いてこよう。
posted by ふるちゃん at 15:27| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。