☆4月のお休み 無休

2011年05月31日

ゾンビでも癒されて

泣きました。

昨夜は映画「ゾンビーノ」を観てむせび泣きましたよ。
降りそそぐ放射能の影響で死者がゾンビとして蘇りゾンビ対人類の戦争が起きた後、ゾンビをコントロールする「首輪」が発明された。
それによりゾンビとの共存が生まれた1950年代のアメリカが舞台のパラレルワールドもので、少年とゾンビの心温まる親交に感動します。

なんて面白い映画だ。ゾンビ好きなのにこれまで観てなかったのが悔やまれる。
風刺の効いたブラックなとこなんて、とっても好み。
イギリス映画かなと思ったらカナダで作られてるんですな。なるほどね。
白人主義の古いアメリカを描いた映像もいいんだけど、音楽の使い方がとてもいい。
ドーン・オブ・ザ・デッドのラストを思わせる爽やかな雰囲気が全体にあるのは音楽のおかげかな。
サントラを探してみようと思う。

やはり、ゾンビ映画はいい。
気持ち爽やかに眠れました。
posted by ふるちゃん at 13:07| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

美しいものに癒されて

今日までの開催ということで、草月の熊本県支部いけばな展へ行ってきました。

写真 2011-05-30 13 52 30.jpg 写真 2011-05-30 13 50 40.jpg

写真 2011-05-30 13 55 11.jpg 写真 2011-05-30 13 54 57.jpg

写真 2011-05-30 13 55 36.jpg

今回は勅使河原茜さんの家元継承10年記念ということでか、全体的に柔らかい印象の会場でしたがやはり草月らしい直接的な迫力があります。
私としては池の坊の凛とした静的な美しさが好みなのですが、草月の賑わいのある感じも良いし花を愛でるというのは気持ち楽しくなりますね。

同じチケットで隣で開催中の「グレース・ケリー写真展」にも入れたのでこちらでも美しいものを観賞。生誕80周年なのですね。
いやまぁ、グレース・ケリーのなんて美しいこと。
小さい写真から超でかいパネルまでかなりの数の写真が飾られてまして、頭の中がぽわ〜んとなりながら見てまいりました。

前回同じ場所でオードリー・ヘップバーン写真展があったときも感じたのですが、なんですか、お年寄りが多いのですよね。それも女性が多い。
おばあさん達の話し声が聞こえてきまして「ほんと、生きたお人形さんのごたったもんねぇ。美しかねぇ」と。
もうね、確かにどの写真を見ても惚れぼれしますもん。
結婚式の写真もありましたが間違いなく世界一美しい花嫁でしょう。

生きたお人形さん、まさにその通りの完璧な美しさだったなぁとエレベータで降りながらいつの間にかフレーズが「生きたお人形さん」から「生き人形」になっててなんかおどろしい気持ちになりましたが(笑)

花と人、美しいものに癒されました。
posted by ふるちゃん at 15:30| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

雨音に混じり聞こえてくるのは

今朝、出勤前にベランダに出て一服している時のこと。

雨なので屋根のあるリビング横の所にいたら突然、子供3〜4人くらいのはしゃぐ笑い声が聞こえた。
それが、あきらかに左真横の室内から響く声に思えるのです。
カーテンが閉まってたからすぐに中の様子は見えない。

そんなはずはない、外通路からの声だろうとベランダを回りのぞくが誰もいる気配はないし、雨の中、子供が屋根のない通路側で遊ぶことも考えにくい。
とって返し、リビングを見るが当然誰もいない。
女房は仕事でいない。この家にいるのは私一人だ。

外からか?下の階からか?隣の部屋か?
色々考えたがそのいずれからもそれらしい物音も声もしない。

なにより、あれほど間近に、はっきりと、聞こえたのだから。

楽しげに遊ぶ子供の声が。

あれは、なんだったんだろう。
posted by ふるちゃん at 13:37| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

当るも八卦

とはいえ、こんなのには当たりたくはないですね。

wp02.jpg

台風2号が接近中だと。
まだフィリピン近海なのに920hPaとは・・・でかくなるの早いな。
表示は「猛烈な」これ以上でかくなったらなんて言うんだろか。

ここ数年、たいした台風は来てなかったけど、今年は当たり年になるのかな。
お願い。こないでね〜。

posted by ふるちゃん at 12:45| 熊本 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

すれ違いもしくはタッチの差

今日、ヤフーの占いでは魚座は1位でした。楽しみ。

久しぶりにバスで出勤しようとバス停に行ったらまだ時間があったので、お向かいの北熊本駅から電車でいくかと歩道橋を渡り駅へついたちょうどその時、電車が出発進行した。
次の電車は30分後だしやはりバスかなと歩道橋を渡ってるまさにその時にバスが通過していった。遅れてたのがあったのね。こんちくしょう。

この後はきっといいことずくめのはずだ。
幸せが列なしてくるのが見える気がするよ。
posted by ふるちゃん at 14:01| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ジョジョ

お客さんが貸してくれた「ジョジョの奇妙な冒険」

写真 2011-05-23 13 51 15.jpg

これまで何度も読んでるけど、やっぱ面白いなぁ。
第1部のホラー感と絵柄が好きで読み始めて、その後バトル物になって絵柄もだんだんごちゃごちゃしてはきたけど第5部までは面白く読める。
それ以降がどうもね^^;

パート毎にそれぞれ世界観が違い、それなりの良さがある。
今回借りたのは第3部までだけど、その後の杜王町を舞台にしたのは作家の乙一さんがノベライズしてる。それも面白く読んだ。原作愛にあふれた秀作。
第1部〜5部まで、ラストはきっちりつけてあるけど一番好きなラストは5部の終わり方。余韻も十分でとても清々しく終わる。

6部以降も読めばそれなりに面白いよと聞くが中々手が伸びないんだよなぁ。
さ、早く読み終わって続きの4部と5部を借りなきゃ。

しかし、文庫サイズの漫画を読むのがだんだんツラくなってきたな。
posted by ふるちゃん at 12:59| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

あじさい

九州南部が梅雨入りしましたね。

写真 2011-05-23 13 58 28.jpg

紫陽花も少しずつ花がつきはじめました。
この雨をうけて、待ち望んでたように次々と咲いていくのでしょう。

小さな芽がポツポツ開いてくのを見てるいると、子供たちがお昼休みにワラワラと校庭に飛び出してくるような楽しい風景を思い描いてしまいます。

似合わず、可愛い日記になりました(笑)


posted by ふるちゃん at 12:39| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

母子猫

買い物から戻ったらビルのゴミ捨て場の箱から猫が2匹でてきた。きゅん♪

gomibako.jpg

一目で母子とわかるそっくりさん。
寄ると、母猫はこちらを多少警戒しつつも我知らぬ顔。
子猫はシッポを下げてシャーッと鳴きながら威嚇してる。きゅん♪

元は良いところのお嬢さんだったが、住み込みの書生と駆け落ちし貧乏ながら子供も授かり幸せな生活をおくっていたが流行病いで旦那を亡くし、内職をしつつ子供を育てていたが女の細腕ではそう収入もなくアパートを追い出され寒空の下子供と旅をしている。子供は幼いながらもお嬢様育ちの母親を懸命に守ろうとしている。

そんなベタな妄想がふくらむ。きゅん♪
posted by ふるちゃん at 17:34| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

夜討ち朝駆けでの外交

ポツダム宣言受諾のあと、1945年9月2日にミズーリ号のうえで降伏文書に署名した時点で終戦が成り立ったわけだけど、その後GHQから出されてた「三布告」というものの存在を初めて知った。
先日のBS歴史館「それはミズーリ号から始まった〜日本の運命を分けた2日間〜」

調印式後の午後4時、GHQから「三布告を翌3日の午前6時に公布するからね〜」との通達。
そのとんでもない内容に戦後処理班の外務大臣:重光葵らはびっくら仰天。
なにせ、1,英語を公用語とする。2,B円軍票を日本法貨とする(沖縄では使用されていた)3,司法権はGHQがもつ。ときたもんだ。
これでは日本という国がなくなってしまう!と、重光はテカの岡崎勝男に「今からマッカーちゃんの泊まってるグランドホテルに行って公布を中止してもらうようお願いしておいで」と向かわせる。
英語堪能でスポーツマンその上けっこういい男の岡崎は日系アメリカ人に変装して深夜のホテルに忍びこみ見当つけた部屋へ入るがそこはマッカーちゃんの部屋ではなくサザランド君の部屋だった。
間違えた!と思ったがしかたないから寝てるサザランド君を起こして懸命に外交を行う。
その熱意に打たれたのか、眠いから面倒だったのか三布告公布の「6時間延期」を約束して岡崎を一旦帰らせる。
翌朝、岡崎は重光とともにマッカーちゃんの所に呼ばれ、三布告の中止を受ける。
はぁよかった〜、ほっ。

この重光って外務大臣はかなりの覚悟をもった人だったようで交渉にあたり「折衝に若し成らずんば、死するとも我帰らじと誓ひて出てぬ」と詩を残している。
ところが安心したのもつかの間、この「6時間の延期」がうまく米軍全体に伝わりそこねたみたいで、房総半島の館山だけに米軍が大挙上陸し9月7日まで他と違う占領をされていたという事実もあるようだ。

番組ではこれら日本の猛者達の奮闘により危機が回避されたと言ってたが、さて、それはどんなもんやろ?
ポツダム宣言の内容を全く無視したこんな内容を突然だした米軍さんは最初から日本の反応(外交)を試してたような感じもうけるんだけどな。
この問題以外にも岡崎はミズーリ号の上での書類の不備を指摘し訂正させたりしている。
気骨のある外交がこのころは出来てたんだなぁ。

番組内で日本人と米国人に「終戦記念日はいつですか?」とインタビューしていた。
日本人はみな「8月15日」と答えるが、米国では皆が「9月2日」と言う。
なるほどね、この認識の違いからも色々考えさせられるか。

それはそうと、ドキュメンタリーの内容は面白かったんだけどスタジオがグダグダだったのが残念だったな。
もったいない。
最近のNHKはたまにトンチンカンなことをやるな。
posted by ふるちゃん at 12:30| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

つぼみちゃん

昨年の4月11日に店頭のプランターに植えたラベンダー。

CAIVSLYZ.jpg

植えたときはこんなにちっちゃくて、早く花を咲かせておくれよ〜と思っていたがスクスク育つわりには中々の引っ込み思案さんでした。
冬になり葉も茶色く枯れかかり、春になったら植え替えるかな?と放置してました。

がしかし。昨夜いらしたお客様が「ラベンダー、つぼみがつきましたね〜♪」と。
お? そうなのか? 気づかんかったが、着々と花開く準備はしてくれてたんだね。
引っこ抜かんでよかった〜(笑)


つぼみにピントを合わせようとするが中々合ってくれんのでまぁいいやとパシャリ。

写真 2011-05-18 12 12 56.jpg

さ、今年は念願のラベンダーの花が見れるかな♪
posted by ふるちゃん at 12:44| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

サツキ

自宅下にたくさん植えられてる「サツキ」が花をつけはじめた。

写真 2011-05-15 12 01 29.jpg 写真 2011-05-17 2 05 18.jpg

昼に一枚、夜に一枚。
満開よりも今くらいの方が紅と緑の塩梅がよくて好きだな。

実はこれまでずっと「ツツジ」と思ってて、今年は花がつくのが遅いなぁツツジにもウラ年ってあるんかな?と思ってたら管理人さんから「これはサツキですよ」と教えていただいた。
あらあら。まぁまぁ。

木蓮、桜花、つつじ、さつき。特に春先の白木蓮は大好き。
地面から直接伸びてくる花には強い生命力を感じるけど、木に咲く花のどすこい!って感じのエネルギーが好きだ。

それにしても、花びらってのは見れば見るほど不思議だ。
どうしてこんな形に毎年々咲かせられるんだろうねぇ〜。
posted by ふるちゃん at 13:03| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

九州新幹線全線開通CM 完全版?

九州新幹線全線開通のCM。
JRさんのは180秒バージョンが最長で、これがよくまとまってて中々感動ものなんですが、地域によってカットされてる部分を全部つなげた動画がありました。

鹿児島中央から博多までの全ての停車駅間をまとめてあります。
24分以上と長いのですが、つい魅入ってしまいます。

やっぱこのCMいいわ〜。

posted by ふるちゃん at 12:56| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

写楽

謎の絵師「写楽」
その正体については色々取りざたされており、先日のNHKスペシャルで放送されてるけどそれはまだ見てなくて、今日の再放送が楽しみです。

それとは別にNHKプレミアムで先日放送された「知られざる在外秘宝 写楽全作品徹底分析」が面白かった。
なにせ司会は坂東三津五郎、ゲストもそれぞれ芸術に関わりのある人たちで、ああではないか、こうではないかとそれぞれの目線で分析される。
写楽の描いた版画の「なぜ?このポーズを?」といった処の真意の汲み取りを三津五郎が実際に演じてみるあたりはたまりません。
取材は解剖学の教授にまでおよび、写楽の描いた立ち姿と豊国との違いを分析をしたりもする。

ただ、分析といってもそこまできっちりはしていない。先人の描いたものをやれそれ言うなんてせんないことよ、といった感じでの専門家たちによるあるユルさを感じさせてくれるのがいい。楽しんで観ましょうというところか。
1時間半の番組だけどスパスパ進んでナレーションも小気味いい。

先日の若冲の番組もとても素晴らしかったが、なんせほらゲストとナレーションがアレで、それを早送りしなければならなかったのが残念で、今回はその苦労がなかったからとても満足できた(笑)

これだけまとめて写楽の絵を観たのは初めてですごく面白かった。
短期間で姿を消した絵師がいったいどんな人物だったのか?なぜこんな描き方をしたのか?ますます興味がわいてきた。
今夜帰って続きを観るのが楽しみ。
posted by ふるちゃん at 13:12| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

熊本散歩倶楽部

きっかけは、石垣積みの小説を読んでからなんだけど(単純)

熊本城のことをもっとよく知りたいと思い始めた。
子供の頃から慣れ親しんではいるが、では、実際に人を案内できるのかと考えたらこれはとても無理だ。
場所や順路は分かっていても、成り立ちや意味、名称など全く知らない。
これはいかん。と、今年は熊本城の自分なりのマップを作ろうと計画した。

それを考えてるうちに連休がやってきた。
GWや秋の行楽シーズンの時に毎回聞かれ、困っている事がある。
観光客は熊本へ来たらまず最初に熊本城を観ることが多いようで、その夜に飲みにこられるとして。
こう聞かれる「お城は今日見てきたました。すごく良かったです。明日は市内を観て回ろうと思うのですが、おすすめはどこがありますか?」と。

さて、ここで困っちゃう。
とりあえず、水前寺公園を教える。本妙寺を教えることもある。
他にも色々あるにはあるんだが、観光客が回るには点在しすぎてとても行きにくいのではないか?
観光案内のHPなどを見るとそれぞれにテーマ毎のコース設定されてたりもするが、これどうやって動くんだ?と不思議なものも多い。
歴史物や史跡を集めてあり興味のある人いがいは楽しくないのでは?
観光資源がたくさんあるのはいいが、その回りになんにもないし。
これはどうしようもないことだけど、ならばせめて少しでも楽しく回れる方法はないものだろうか?

自分の勉強不足もあわせ、ここ数日はそれを考えている。
熊本城マップに合わせて自分なりに市内の観光案内を作ってみるかと思う。
新町や古町あたりは歩くだけで楽しいけれど、他県から来た人にそれをどう付加価値つけて説明できるか。
観光にさける時間や年齢、興味、それらを見て街で暮らす人なりの目線で適切に教えてあげることができたらいいな。
すぐにできるものでもないから今年の目標にしよう。
まずは、自分でも行ったことがないところへいかんとな。これもたくさんあるもんなぁ。

ちょいと楽しくなってきた。
さて、懸案の熊本散歩倶楽部、いよいよ発足させましょかね。
posted by ふるちゃん at 13:26| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

脱出したい!

昨日はまぁ充実した一日がおくれたのですがその「充実」が今日まで持込されてしまったのがやれやれで、いまだに片付けしてる次第(笑) あ〜あ。


今、流行ってることで「リアル脱出ゲーム」というのを知った。
教室やビルやホテルやらで実際に脱出ゲームをやるらしく、なんて面白そうなんだ!
今回ブログでレポしてあったのは「あるドームからの脱出」
東京ドーム全体を使った脱出ゲームなんて、なんて楽しそう♪

ネットをくれば「リアル脱出ゲーム」でたくさん出てきます。

あ〜、こんなのやってみたい!
昔流行った「巨大迷路」が複雑になってゲーム性をもたせたようなもんかなぁ。
やりたいなぁ。

熊本城を使った脱出ゲームとかを誰か企画してくれんかな〜。

「籠城〜脱出 くノ一の誘惑」とかw
posted by ふるちゃん at 12:59| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

店休日

お休みの今日、まずは本妙寺へ。

母のお墓へカーネーションを持ってお参りに行ってきました。
清水から花園まで、普段自転車でも行くのですが今日の暑さはきびしかった。
汗ダラダラ。 

暑さでぼ〜っとしてたのか・・・。

間違えて隣の墓に活けてしまうとこだった(笑)
いつも花がきれることはないのに、今日は花生けになんもねいなぁと思い、水を替えてコップにも水を入れて、さぁカーネーションを・・・と? あらここは違うわ! ^^;

写真 2011-05-08 12 25 00.jpg

も一回、自分ちのお墓の水換えて活けてきました。母ちゃんごめん(笑)

母息子の滞りない会話をすませて(滞りはあったが)お店へ。

昨晩バルサンを焚いて帰ったのでこれからお店の大掃除です。
のんびりやっていこう。

夜までには終わるといいなぁ。

さ、がんばろw
posted by ふるちゃん at 13:23| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

一期は夢よ、ただ狂え

作家の団鬼六氏が昨日お亡くなりになった。

食道がんだったらしく、手術は拒み「延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す。」と昨年言い残していた。
豪快にも繊細にも生きてきた氏らしい言葉だ。

そう多くの作品を読んだわけではないが、昨年読んだ特攻隊員のことを描いた「往きて還らず」と自身の半生を記したエッセイ「悦楽王」はどちらも大変面白く読ませていただいた。
官能小説・SMの巨匠として知られているが、それ以外の作品も多くその文章の上手さと美しさは素晴らしいもので、だからこそ扇情心を促す官能小説というものが書けるのだろうと思っている。

以前、twitterで氏をフォローした時、返信されたコメントに添付されていた手書きの色紙に記された言葉「一期は夢よ、ただ狂え」

団鬼六さんより.JPG

この一言が団鬼六という人をよく表しているなと、今さらながら哀愁を込めて眺めている。

posted by ふるちゃん at 12:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

「華竜の宮」 読了

読み終わるのがもったいない。
できればもっとこの世界観に包まれていたいと、そう思わせてくれる物語でした。

地球規模での海底隆起により陸地のかなりの部分が水没した未来が舞台となっている。
異変の始まりから数百年を経て人は環境に合わせた生き方を余儀なくされていた。
陸上に住む人は精神と身体機能を補完するための「アシスタント知性体」というAIをパートナーにもち、自らの身体に遺伝子操作を施した海上民は「魚舟」という生物をパートナーとして生きている。

形を変えた国家間の問題、獣舟、食糧事情、外交の駆け引き、家族、兄弟などの物語の上にSF的な美味しい味付けがされてます。読み応え十分。

SFではあるのだが、かなりしっかりした世界観が構築されており読んでて違和感はなく、未来世界を舞台に色んな物語が入れ込んである。
繰り広げられる様々な出来事はどれをとっても一つの小説として描けるのではないかと思う出来栄えだがそれがひとつに繋がり壮大なスケールでの「叙事詩」になっている。とは、いいすぎか。
人の生きざま、みたいなものが精神論ではなくパートナーに置き換えてのとても艶めかしいものに感じた。

ラストもいい。しっかりと余韻にひたることができる。
作者もあとがきで書いているが「もし敵うならば、この世界観を使った別の物語を、また書いてみたいと思っております。」と。はいはい、これはぜひ書いて欲しい。
出てくるキャラクター達がみな素晴らしくいきいきと描かれているのですよ。
これは、これだけで終わらせるのはもったいないですもの。

いい小説が読めました。すごく得した気分です。
ただ、他の人も書いているけど、タイトルが・・・残念。
最後まで読み終わってもこのタイトルに結びつかないのですよね。
サブタイトルにあるThe Ocean Chronicles(海洋年代記)これのほうがしっくりくるんだけど、ひょっとしたらこれはこのサブタイトルでのシリーズを考えてのことなのかな?
それならそれで楽しみなんですが、ね。
posted by ふるちゃん at 13:05| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

あやめ

通勤途中の公園のスミにひとかたまりのあやめが咲いてます。
この時期、毎日少しずつ花が咲いていってるようで、通りがかりに眺めるのが楽しみです。

写真 2011-05-03 11 36 14.jpg 写真 2011-05-03 11 36 21.jpg

いずれがあやめかきつばた、たぶんあやめですよね?(笑)

菖蒲湯に入れる葉はショウブですか。
子供の頃は節句のときにお風呂に入れて香りを楽しんでたものですが、最近はそんなこともしていませんねぇ。
子供がいる家庭は普通にやってるんですかね?

明後日あたり、スーパーで買ってきてお風呂にいれてみようかな。
坪井の湧水公園あたりに行けば自生してるかな? 探してみよw
posted by ふるちゃん at 13:52| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

黄色い砂

気温はほどよく、サラッとした気持ちのいい日なのに・・・。

写真 2011-05-02 11 18 13.jpg

黄砂がひどいですね! 透視度低いな。
普段なら目線の先に熊本城があるはずなのにまるで見えない。

マスクして通勤。呼吸もなんとなく浅くなるなぁ^^;
posted by ふるちゃん at 12:45| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

古本市

カフェおれんじさんで開催中のチャリティー古本市へ行ってきました。

写真 2011-05-01 13 29 22.jpg 写真 2011-05-01 13 29 32.jpg

先日は古本を持ち込み、今日は買いに・・・(笑)なんなんでしょ。
いろいろ欲しい本はありましたが、必死に我慢してほんの少しだけ買いました。
いや、チャリティーだから沢山買ったほうがいいんでしょうがねwお財布と相談してね。

もうずいぶん売れてしまってるようで、初日に行くべきだったかと後悔少し。

写真 2011-05-01 15 14 21.jpg

ま、なんとなく選んできたのが写真のモノたち。
中古で出てないか探してた「月館の殺人」があったのでよしとしましょう。
posted by ふるちゃん at 15:27| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。