☆4月のお休み 無休

2011年03月17日

眼鏡、メガネ・・・

昨夜、お客様と話してて気づいたことなんだけど。

被災地・避難所で暮らしてる人達の中には当然、視力の悪い人もいるだろう。
その人達は眼鏡やコンタクトレンズを使っている。
その場合、もし、眼鏡を無くしたりコンタクトレンズの予備が無いとどうなるだろう?
いや、すでにそんな人達も多いと思う。

特に最近はコンタクトレンズを使う人が多く、それもワンデイなどの使い捨てタイプが主流となってきてる。
予備を持ってる人でも、手も満足に洗えない状態では着け外しもままならないだろう。
私自身、視力は0,02くらいしかなく眼鏡がなければ、家の中はまだしも外を歩くことは到底ムリだ。回りが見えなくて怖い。

支援物資が届くようになっても、眼鏡の場合は多少度が違ってもまぁないよりマシの状態ですむが、これがコンタクトレンズだと目の状態・形状での個人差が大きく、かなり大変だろう。
視力によっては「目の不自由な障害者」と同じくらい大変だと思う。
が、見た目は普通の人だから分かりづらいだろうなぁ。

私は普段、眼鏡はリビングではずして寝室へ入るが、昨夜からはベッドサイドに置くようにした。(ま、これが普通だとは思うが)


今頃こんなことに気がつく私もとんだのんきモノだが、支援物資の中に多種多様な眼鏡やコンタクトレンズが含まれることを願う。
posted by ふるちゃん at 13:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191088725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。