☆4月のお休み 無休

2013年04月16日

絵本「古どうぐ〜るぐる」

絵本というのは子供が読むべきものなんだなと至極当然なことを思った。

IMG_3429.jpg IMG_3430.JPG
「古どうぐ〜るぐる」文 赤城香織 絵 はらだゆうこ

処分されかける古道具たちに命がやどり時空を超えた物語になってゆく。
テンポの良い文章と、書き込まれた絵で楽しく読めました。
子供は繰り返し読む。
何度も読むうちに頁の中の色んな絵に気づき、それが面白くてまた読む。
そのたびに言葉を覚えて頭のなかに刻み込まれるという絵本らしい絵本になってるなと。

一回目読んだときに、つい「文章」を読み、絵をさらっと見てあっという間に読み終わったんだけど、これだと大人の読み方だ、いかんいかん、と再度こども目線で読んでみたらこれがいがいと面白い。
絵の細かいところに気づく、と、文章(言葉)の受け取り方も違ってくる。
それでも大人にはなかなか難しいところで、子供を持つ人はぜひ子供と一緒に読んで感想を言い合ってみるとよいうと思う。
たぶん子供に「負けた」と悔しい思いをするところもあるだろう。

自分に子供がいたら読ませたい一冊なのはまちがいない。
posted by ふるちゃん at 14:35| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵本はいいですよね〜。私も大好きです。絵本てのは「食」ってのを考えさせられる部分が案外多くて面白いです。
Posted by 喝Tの漢 at 2013年04月20日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。